炭水化物と食物繊維、糖質の関係性とは!同じ炭水化物なのに糖の吸収を阻害してくれる!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三大栄養素が、脂質、炭水化物、タンパク質であることは良く知られています。

そんな三大栄養素の1つである炭水化物は、糖質と食物繊維に分けることができるのですが知っているでしょうか?

一般的に、炭水化物と言われると糖質をイメージされる事が多いのですが、食物繊維も炭水化物の一種でありながら、糖質とは全く違う働きをすることが知られています。

そのため、三大栄養素と言われる時には、炭水化物ではなく「糖質」と言われる事も多いです。

この炭水化物、糖質、食物繊維の関係をしることで、より健康効果を高めることができるかもしれませんよ。

〇糖質と食物繊維は何が違うの?

炭水化物というのは、単糖と言われる糖質が集まって作られている栄養素であり、単糖が集まる事にできる物を多糖と言います。

私たちは炭水化物を消化酵素によって、多糖やでんぷんを、単糖まで分解して消化吸収しているのですが、一部の多糖類は分解する事が出来ないため、消化吸収が出来ません。

このように人では消化吸収することができない炭水化物の事を食物繊維となり、消化する事が出来る炭水化物が糖質となります。

消化する事が出来る糖質はエネルギーとなりますが、消化することができない炭水化物は体の中で、糖質とは全く違う働きをすることになります。

また、食物繊維は消化吸収できないことを考えると、厳密にいうと栄養素というわけではありません。

ただし、消化吸収できないから必要ないがない栄養素というわけではなく、健康と非常に関係が深い栄養素となっています。

因みに、過去には消化される事がない栄養素なので、いらない栄養素と考えられていた時代もあったようです。

現在では、食物繊維の摂取不足が健康に大きな影響を与えると考えられており、日本人は食の欧米化の影響もあり、摂取量が不足しているので、食物繊維をしっかり摂るように言われています。

〇食物繊維は糖質の吸収を阻害します。

糖質と食物繊維は、同じ炭水化物の一種ではありますが、全く違う性質があり、食物繊維には糖質の吸収を阻害する効果があります。

現代社会では、糖質の過剰摂取が問題になっており、糖質は肥満や糖尿病の原因になる事が指摘されています。

炭水化物は、この糖質の吸収を阻害することで、血糖値の上昇を緩やかにして血糖値の上昇を防いでくれたり、肥満を予防してくれたりする効果があると言われています。

糖質も食物繊維も同じ炭水化物であるため、栄養成分表示では炭水化物として一まとめにされる事も多いですが、糖質と食物繊維のバランスによって、健康に与える影響は大きく変わってきます。

近年では、糖質と食物繊維の量を分けて表記されている食品も増えてきています。

同じ炭水化物なのに、糖質の吸収を抑えてくれる食物繊維って面白いですよね、健康のことを考えると、食物繊維をしっかり摂取していきたいものです。

〇食物繊維の腸に良い影響を与える!

食物繊維の効果として、最も注目を集めているのは腸に与える影響ではないでしょうか?

食物繊維は人では吸収できないため、大腸まで届き腸内細菌によって分解されて餌になったり、水分を吸収して便を柔らかくしたり、腸内のゴミを拾う作用があります。

腸内環境は、腸内細菌の状態と非常に関係が深く、腸内細菌は消化吸収を助けたり、腸の動きを助けたりする作用があり、食物繊維を食べることでバランスが整えられます。

腸内細菌のバランスは、意外にも風邪を予防や、精神の安定にも関係があるとされ、健康に大きくかかわってきます。

便を柔らかくしたり、腸内のゴミを拾ったりするのも重要な役割であり、食物繊維が少ないと便が硬くなって便秘を起こしやすくなり、腸内のゴミが拾われてないので腸内環境の悪化につながります。

便秘になると、お腹に不快感を覚えたり、おならが臭くなったり、体臭や口臭の原因になる事もありますので、便秘の予防・改善のためにも食物繊維は必要となります。

便秘になると、排便時にいきんでしまうので、切れ痔やイボ痔の原因にもなる事もあります。

同じ炭水化物ではありますが、糖質と食物繊維には大きな違いがあったのです、健康のことを考えて、バランスの摂れた炭水化物を摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク