紫外線は健康に良い影響を与える!日本人は紫外線が浴びなさ過ぎて健康に悪影響が出ている!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線という言葉を聞くと、シワやシミの原因になる、皮膚ガンの原因になるといった、悪いイメージが多く出てくるでしょう。

もちろん、皆さんが思っているように、紫外線には体に悪影響を与えてしまう部分もあるのですが、紫外線は体に悪影響を与えてしまうだけの光ではないのです。

紫外線には、体に良い影響を与えてくれる作用もあり、日光を浴びる事は健康的な生活を送る上では重要な事です。

健康的な生活を送るために適度に紫外線を浴びましょう、紫外線が人体にどのような良い影響を与えてくれるのか説明しましょう。

〇紫外線とビタミンDの関係性

紫外線の中で最も健康に良い影響を与えるくれる効果は、皮膚でビタミンDが作られる事です。

ビタミンDとは、カルシウムの代謝を助け、免疫にも関係がある栄養素であり、皮膚が紫外線を浴びることによって作られます。

食事からビタミンDを摂取する事は可能ではありますが、基本的に食事から摂取する量では1日に必要なビタミンD量に足りていません。

そのため、健康を維持するためには、日光を浴びてビタミンDを合成する必要性があるのです。

また、日光を浴びる以外の方法として、サプリメントを摂取するという方法もありますが、サプリメントからビタミンDを摂取するという人は少ないでしょう。

ビタミンDが不足すると、骨粗鬆症を発症する危険性が高くなったり、免疫力が低下して風邪を引きやすくなったり、うつ病のリスクも症状すると言われています。

このように、ビタミンDは健康的な生活を続けていく上で、欠かせない栄養素であり、紫外線を浴びる事は、意外と健康に良い影響を与えてくれる事だったのです。

〇日本人はビタミンDが不足している!

ビタミンは皮膚に紫外線を当てることによって作る事が出来る栄養素ではありますが、近年では、紫外線が健康に悪影響を与えるという考えから、日光を浴びる事が少なくなってきました。

その結果として、1日に必要なビタミンDの量が不足している人が多くいると考えられています。

特に女性は、日光を浴びることによって発生する、シワやシミを気にしてビタミンDの量が少なくなっていると言われています。

私たちが1日に必要なビタミンDは15μgですが、1日に食事から摂取する量は平均で5.5μgと言われており、10μgは紫外線を浴びることによって作る必要性はがあります。

さらに、東北や北海道などの緯度の高い地域は、紫外線の量が少なく冬場はビタミンDの作られる量が少なくなりがちです。

経度の高い地域では、積極的に日光を浴びてビタミンDを合成するか、食事やサプリメント等からビタミンDを摂取する必要性があります。

因みに、ビタミンDの1日に上限量は50μgなので、日光を浴びることが少なくサプリメントで摂取しようと考えている人は、摂取しないように注意してください。

紫外線を避けて生活している人は多いですが、日本人は紫外線を浴びる量が少なすぎています、健康のためにもある程度は紫外線を浴びるようにしましょう。

〇紫外線の浴び方

紫外線は健康に良い影響も与えてくれるので、紫外線を浴びましょうと言いましたが、全身で紫外線を浴びる必要性はありません。

皮膚の一部でも紫外線を浴びれば良いので、手の甲に紫外線を受けるだけでもビタミンDは作られ、顔などは紫外線を浴びなくても良いです。

ただし、日光を浴びる面積が少ないほど、ビタミンDが作られる速度は遅くなり、冬場などでは1時間程度の日光を浴びる必要性あり、緯度の高い地域では2~3時間の外に出た方が良いとされています。

日光を効率的に浴びるためには、できれば皮膚が浴びる面積が多くなった方が良く、冬場などの太陽が低い時にはシワやシミにもなりにくいので、手全体にで日光を浴びることをおすすめします。

また、わざわざ外に出る必要性は無く、窓越しでも十分効果がありますので、寒い冬場は窓越しに浴びることをが推奨されます。

さらに、日差しの強い夏場になると15分の日光浴でよく、日陰でも30分ほど入れば十分なビタミンDが作られます。

ただし、UVカットのガラスとなるとビタミンDを作りだす力が弱くなってしまう事が考えられますので、日光を浴びる場所は考えましょう。

また、日光はビタミンDの合成に関わるだけでなく、気分を明るくしてくれる効果がありますので、精神的な健康の考えても、日常的に日光を浴びておく事は大切だと言えます。

健康のために、紫外線を浴びるようにしませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク