減塩塩はどうして塩分の摂取量を抑えることができる?塩化カリウムの健康への影響を知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の人は食塩の摂取を控えましょうと言われますが、これは食塩に含まれている塩化ナトリウムを多く摂取してしまうと、血圧を高めてしまう作用があるためです。

もちろん、高血圧以外の人も食塩の過剰摂取は健康に悪影響を与えるため控えた方が良く、特に日本人は調味料に塩分が含まれている事が多く、塩化ナトリウムの摂取量が多いと言われています。

そんな塩化ナトリウムの摂取量を少なくするために、考えられた減塩塩(げんえんじお)を知っていますか?

食塩に似たような塩味を感じるのに、塩分の摂取量を少なくすることができます、減塩塩とは一体どんな商品なのか?

また、危険性があるのか知りたくありませんか?

〇減塩塩には塩化カリウムが豊富に多い!

一般的な食塩は、99%が塩化ナトリウムですが、減塩塩の場合は塩化ナトリウムの摂取量を減らすために、塩化ナトリウムに塩化カリウムが混ぜられています。

塩化カリウムは、塩化ナトリウムと同様に塩味(えんみ)があるため、塩化カリウムを使用することで同じような味を保ちつつ、塩化ナトリウムの摂取量を減らすことができます。

塩化カリウムは塩化ナトリウムとは違い、血圧を下げる効果が期待できる成分で、高血圧が指摘されている人が摂取したい成分です。

また、塩化カリウムは高血圧と関係が深い塩化ナトリウムと体外に排出を促す作用があると言われており、高血圧が指摘された人や、食塩の摂りすぎが気になる人には、非常におすすめな食品となっています。

高血圧は動脈硬化や脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、脳卒中といった血管の病気の原因になる事もあります、健康を維持するためには高血圧を改善する事が必要です。

塩分を摂りすぎている人は多く、塩分の摂りすぎは高血圧の原因となりますので、減塩塩を使用して、塩分の摂取量を減らしませんか?

〇塩化カリウムは味の違いがあるの?

高血圧などで塩化ナトリウムの摂取量を控えないといけない場合には、塩化カリウムの量を増やして、塩化ナトリウムの量をできるだけ減らしたいです。

しかし、塩化カリウムには特有の苦みがあり、塩化カリウムの量が増えるほど塩の味に変化が出てしまいます。

そのため、減塩のために使用されていますが、塩化ナトリウムに塩化カリウムのを混ぜられる量には限界があり、一般的には塩分50%カットが多いです。

もちろん、減塩塩にしたからといって、著しく味が変わってしまうわけではありませんし、健康を維持する事を考えると、減塩塩に変えるのは非常におすすめです、まずは一度試してみてはどうでしょうか?

個人的な意見としては、そのままの味を比較すると若干違いがあるように感じますが、食材に混ざてしまうと気になりませんでした。

減塩塩にしたら、味が薄くなるのではないか、味が変になるのではないかと心配になるかもしれませんが、意外と変わりません。

〇カリウムサプリメントとの併用は止めましょう!

カリウムには血圧を下げてくれる効果や、脳卒中の予防、低カリウム血症の予防効果が期待できます。

日本人は若干ではありますが、カリウムが不足していると言われており、サプリメントでカリウムを摂取する人もいます。

健康のためにカリウムの摂取する事は大切ではありますが、大量に摂取すると健康に悪影響が出てしまう事もあるため、塩化カリウムが多く含まれている減塩塩との併用はお勧めできません。

塩化カリウムの大量の摂取歯、高カリウム血症や、不整脈の原因になると言われています。

減塩塩に変えても人体に影響が出る可能性は低いですが、サプリメントと併用してしまうと、カリウム摂取量が非常に多くなってしまうので危険です。

どんな栄養素にも適量があります、カリウムの摂取しすぎないように注意してくださいね。

〇調味料も減塩の物を使用しましょう!

塩分の摂取量を控えましょうと言われたら、食塩の摂取量を減らそうと考える人は多いです。

しかし、日本人が摂取している塩分は調味料に含まれている事が多く、食塩の摂取量を減らしだけでは、塩分の過剰摂取が解決できない場合も多いのです。

私たちが摂取する塩分の内、食塩で摂取するのは全体の1割と言われており、減塩塩にして塩分の摂取量を半分にしても5%ほどしか、減塩できていないことになります。

塩分の摂取量を減らしたいと考える場合には、食塩を減塩塩に変えるだけでなく、日常的に使用している調味料も減塩の物のかけることが大切になります。

減塩の商品は通常の商品に比べて少し高めではありますが、高血圧になって高血圧の薬を飲み続けるよりも経済的だと思います。

また、高血圧が原因で発生する、動脈硬化、狭心症、脳梗塞、脳卒中といった病気も怖いです。

少し割高かもしれませんが、健康に良いと思って購入することをおすすめします。

結果的に、病気にならないので治療費がかからずにお得かもしれませんよ。減塩塩を使用した減塩生活を始めてみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク