正しくマスクを使えていますか?マスクのつけ方を間違うと感染症が拡大してしまう!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪を引いた時や、咳やくしゃみが出る時に、人に風邪をうつさないためにマスクを擦ると思いますが、正しくマスクが出来ているしょうか?

日本ではマスクをつけている人が多いですが、意外と多くの人がマスクの使い方を間違っていると言われています。

もしかすると、化粧を隠すためや花粉症を予防のために使っているので、風邪でマスクをしているわけではないという人もいるかもしれませんね。

感染症を広げないためにマスクをしている場合では、正しくマスクをしないと意味がありません。

風邪を広げないための正しいマスクの使い方を知っておきませんか?

〇マスクには触れないようにしましょう。

マスクを付けていると、マスクを触ってしまう事があると思いますが、マスクにはウイルスが細菌が付着しているため、つけた後は基本的には触れていけません。

そのためにも、マスクを最初に付けたときにマスクがずれないように、しっかり調節しておく事が大切になります。

また、外す際にマスクの布の部分を触ってしまう人も多いですが、外す際にはできるだけで細菌やウイルスに接触しないためにゴムの部分を持って外すようにして、そのままゴミ箱に捨てましょう。

ゴム部分を持って外した場合、マスクの口元には触れていませんが、念のために手洗いをしておくと、感染症の拡大を防ぐことに繋がります。

さらに、マスクを捨てるゴミ箱は、フタがついている物の方が、ウイルスをシャットアウトできますので安心です。

もし、マスクの口元に触れてしまうと、手にウイルスや細菌が付着し、手でドアノブや机などに触れることで、細菌やウイルスを広げて、感染を拡大させてしまうことがあります。

マスクは感染症の拡大の防ぐための物ですが、使い方を誤ってしまうと感染症の拡大を防ぐことができません。

また、手はウイルスや細菌が付着しやすいので、口元を触れる際には手を洗うことをおすすめします。

〇マスクのつけ方に注意しましょう!

マスクをつける際に、息苦しいから、メガネが曇るから、なんとなくといった理由でたまに鼻を出している人がいます。

マスクは鼻と口の両方を覆う形状になっているため、鼻を出していると密着度が低下して飛沫を防ぐ効果が弱くなってしまいます。

また、鼻にかけていないとずれやすいので、マスクを触ってしまう事が多くなると思います。

マスクを触ると手に細菌やウイルスが付着してしまいますので、マスクはきちんと鼻も隠すようにしましょう。

顎にマスクをつけている人もいますが、顎にマスクをかけるのは意味がありませんし、逆に感染を拡大させてしまう事もあるので止めてください。

〇マスクの正しいつけ方を身につけよう!

マスクをつける際には、手を洗ってください、手を洗うことでマスクにウイルスや細菌がつくのを予防する効果があります。

また、マスクには内と外がありますので、マスクをつける際には内と外を確認してからつけてください。

一般的に使い捨てマスクでは見分け方は、マスクの折り目が下を向いている方が外側で、折り目が上を向いているのが内側になります。

さらに、マスクは花にフィットするように、ワイヤーが入っていますので、マスクを装着する際には、ワイヤーをしっかり確認してください。

使い捨てのマスク以外に、ガーゼタイプのマスクもありますが、ガーゼタイプのマスクは感染症を予防する効果が薄いので、風邪の拡大を予防する効果に使用するのは適していません。

ガーゼタイプのマスクは、寝る際などの喉を潤したい時などに、装着することをおすすめします。

マスクは正しい使い方をしないと、感染症野拡大を防ぐ効果が弱くなってしまいます、風邪を広げないために、正しいマスクのつけ方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク