なんとレモン1個にはレモン4個分のビタミンCが含まれている?!健康生活の為にビタミンC!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12101
ビタミンといえば皆さんはなにを思い浮かべるだろうか?

私はビタミンといえばビタミンCを思い浮かべてしまいます。

ビタミンで最も有名なのはビタミンCではないでしょうか?

ビタミンCといえばレモンを思い浮かべます。

スポンサーリンク

人とビタミンC

ビタミンCは人間の体になくてはならない存在です。

ビタミンCは人間も必要ですし、ほかの動物も必要な物質です。

しかし、人間以外の動物はあまりビタミンCを摂取しなくても体内にビタミンCを作ることができるため、体内に必要な物質ではありますが、積極的に摂取する必要性はないようです。

そのため、人間にはビタミンであるが、ほかの動物からしたらビタミンでない場合も多いです。

人間のようにビタミンCを体内で作ることができずに、外から摂取する必要性がある動物はサル目の動物の一部とモルモットとこうもり類などです。

人間などを含む一部のサルやモルモット、コウモリは外からビタミンCを摂取することを進化の過程で選んだようです。

牛乳と母乳を比べると牛乳のビタミンC量は少ないです。

母乳に比べて、牛乳のビタミンCが少ない理由は、子牛はビタミンCを体内で作れるためです。

そのため、牛乳から赤ちゃんのミルクを作る際はビタミンCを加える必要があります。

進化の過程でビタミンCは作らなくなったみたいですが、僕は一応残しておいてほしかったですね。

ビタミンCは必要な物質といわれていますが、何に必要か知っていますか?

ビタミンCはヒドロキシプロリン(アミノ酸の一種です)の合成に非常に関係が深く、ビタミンCが存在しないとヒドロキシプロリンを合成できません。

このヒドロキシプロリンはコラーゲンと象牙質に関係があります。

コラーゲンというと美容、美肌に黄河あるとイメージする人も多いかもしれませんが、コラーゲンが必要なのは肌だけではありません。

また象牙質は骨との関係があります。

そのため、ビタミンCが不足すると、骨の組織の再生と保持に影響が出てきます。

さらに、ビタミンCが不足した状態が続くと血管等に影響を与えていき、ビタミンCの不足は壊血病の原因になります。

ビタミンCが不足すると病気にもなるみたいですので、ビタミンCはある程度摂取しておきましょう。

ビタミンC不足による症状

ビタミンC不足による症状は大人と子どもではすこし違う症状が出ます。

ビタミンC欠乏症のことを壊血病といいます。

大人がビタミンCを不足した場合は脱力、体重減少などの症状がみられます。

壊血病の名前の通り、血管が破壊されて、皮膚や粘膜、歯茎などから、出血をおこします。

また、歯茎が出血をおこし歯茎がもろくなることによって、歯が抜け落ちりこともあります。

血管が損傷していくために、出血をおこしやすくなり傷の治癒が遅れたり、治癒したはずの傷口が開いたりすることもあります。

また、貧血を起こすこともあり、血管にいろいろな症状がでます。

人間はある程度のビタミンCが体に蓄えられているため、慢性的にビタミンCが不足しないとこのような症状はでません。これらの症状が出るのはビタミンCが不足し始めて、3か月から12か月後になります。
あなたはビタミンCはきちんと取れていますか?

子どもころに発生するビタミンC欠乏症をメレル・バロウ症とも言います。

メレル・バロウ症は生後6か月から12か月の子どもに発生するといわれています。

メレル・バロウ症も壊血病の一種であることに変わりはないですが、子ども場合は大人に比べて骨に影響がでることが多いようです。

骨の組織の形成不全や骨がもろくなり、骨折をおこしたり、骨が変形をおこしてしまったりすることがあるようです。

また、骨と関係がある、歯などにも障害がおこります。

大人の骨はほとんど出来上がっているため、これらの症状は起こすことはありません。

また、軟骨や骨の周辺で出血をおこし、組織の壊死や出血を起こしやすくなります。

偏食などでビタミンCが不足するのはさけましょう。

壊血病の治療はビタミンCの投与で簡単に解決することができます。

また、予防法も簡単でビタミンCの多いもの食べる、ビタミンCが入ったサプリメントを飲むことで予防、改善できます。

ビタミンCの不足による壊血病も恐ろしいが、壊血病にならない程度のビタミンC不足を続けていると恐ろしいことになることを知っていただきたいです。

壊血病はビタミンCがかなり不足して出血などの症状がでていました。

そのため、すぐに病態に気づき、医療機関に受診することが、できビタミンCを投与することで解決ができました。

しかし、壊血病にはならない程度の摂取をするが量が少ないと、老化が速く進むと言われています。

壊血病にならないぎりぎりのラインのビタミンCを摂取し続けると、3年後には老化が急速に進行し、死亡してしまう可能性があります。

ビタミンCが壊血病にならないぎりぎりのラインで生活するなんて狙っていないとできないような気がしますが、不足すると老化が進行することは確かなのでビタミンCの不足には気をつけましょう。

逆にビタミンを一度に大量に摂取すると下痢や吐き気を起こすことがありますが、一度に大量の摂取をしすぎたものによるものなのでそれほど問題ではありません。

ビタミンが大量に摂取したところで、いらないと体が判断したら尿に排出されます。

ビタミンCは腎臓に悪いなどという意見もありますが、今のところを医学的根拠がなく、ただの迷信だといわれています。

ビタミンCを摂取するとどんな効果があるのでしょうか?

ビタミンCは抗酸化作用があります。

ビタミンCの抗酸化力は強く、人間の体に含まれる活性酸素を除去し細胞を守り、肌の老化を防ぐと言われています。

また、ガンに効果があるとも言われており、がん治療の一つとして、高濃度ビタミンCを点滴に入れる治療法があります。

ガンの発生を予防しても、すでに発生したガンを取り除けるのかは疑問が残るところで、高濃度のビタミンCを入れたところで、すでにあるがん細胞は破壊されないのではないかとも言われています。

今のところ、きちんとした実験が行われていないこともあり、高濃度ビタミンC点滴のがん細胞の破壊に対する真偽はよくわかっていないのが現状です。

抗がん剤のように副作用が強くないので、試す人がいるようですが、高濃度ビタミンC点滴を打つのは本人の自由といったところでしょう。

試してみる価値がないとはいえませんが、試しても効果がない場合もあると思いますのでもし試すときがあったらじっくり検討してみてください。

ビタミンCはメラニン色素を抑制して、分解することもできるのでシミが気になる人には効果的で、シミの予防になります。

女性に嬉しい成分ですね。

また、ビタミンCはコラーゲンの合成とも深くかかわっており、ビタミンCを摂取することによって、コラーゲンの合成の量が増えて、肌にハリや弾力を与える効果があります。

ニキビの予防や治療にも使えるため、肌よい、栄養素の一つとなっています。

ビタミンCは壊血病の予防だけでは、ほかの効果を期待できるのでビタミンCを多く含んだ、食品を食べるとよいでしょう。

12102

レモン1個のビタミンCはレモン4個分?

こんなことをいったら頭が悪いやつと思われるかもしれないがレモン1個にはレモン4個分のビタミンCが含まれています。

僕も「レモン1個にはレモン4個分のビタミンが含まれています」なんて言っている人がいたら、頭がおかしいやつだと前なら思っていたでしょう。

しかし そこには巧妙なカラクリがあることを知れば理解していただけると思います。

皆さんはビタミンCが入っているドリンクを見たことがあるだろう。

そのドリンクは大体、レモン○個分のビタミンと書かれています。

それを見ると、このジュースを飲めば、レモン○個食べたのと同等のビタミンを取れたと思うでしょう。

しかし、ここに知られていない事実があります。

よくドリンクに表示されているレモンの個数は1個当たり、20mgで計算します。

このレモン1個20mgというのはレモンを絞った時に出てくる果汁に含まれるビタミンCの平均的な量でありレモン一個あたりの絞った量のビタミンCが20mgですということで、レモン果汁のビタミンCであってレモン全体のビタミンCではありません。

皮などを含んだレモン1個皮などを含んだのビタミンCの平均的な量は80mgとされています。

つまり、レモン1個にはレモン4個分のビタミンCが含まれているということになるのです。

日本ではレモン20mg換算が認められています。

どう考えても、販売する企業としては個数が多いほうが得ですし売れ行きがあがるはずなので、20mg換算にしますね。

ビタミンCがレモン10個分なら、割と含まれているかなとおもいますが、ビタミンCレモン2.5個分と書いてあったら、あまりビタミンCがないとおもいますね。

ほかの食品をみている時はレモンの○個分のビタミンと書かれてあるものがありますが、レモンは果汁で、食品は全部というレモンに不利な戦いになっています。

言っても無駄でしょうが、レモンの果汁と、食品の絞りかすで勝負してほしいところです。

もし、ビタミンCレモン○個分と書いてあったら、÷4をして計算してみるといいと僕は思います。

表記上は、レモン1個はビタミンC20mgだと覚えておくとよいでしょう。

・ちょっとビタミンCの豆知識

レモンはビタミンCが一番多い食材だと思っている方もいると思いますが、アセロラの方がレモンの数十倍もビタミンCの量が多いのです。

さらに赤ピーマンやブロッコリーの方がレモンよりビタミンCの量は多いのですよ。

ビタミンCの摂取は大切ですので積極的に取りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク