色は精神に良い影響が与える!?状況に合わせて身に付ける色を変えてみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの好きな色は何色ですか?

人にはそれぞれ好きな色があると思いますが、色には私たちに精神的・肉体的に影響を与えることが知られています。

状況に合わせて色を変えることで、良い影響を与えてくれるかもしれませんよ。

最も身に付けることが多いと思われる、赤、青、緑色の効果を紹介したいとおもいます。

〇気持ちを高めてくれる赤

赤は気持ちを高める作用があり、赤色の物を身に付けることで、力を高めたり、反応速度を早くしたりする作用があります。

ここぞという時には、赤色の物を着用しておくと、いつも以上の力が出やすいため、おすすめです。

しかし、赤色は気持ちを高めてくれる作用だけでなく、不安をあおってしまう色でもあります。

テスト前などに赤色に晒されると、不安になりテストの成績が落ちやすく経口が出ると言われています。

気持ちを高めて闘志を高めるために使用する上では、赤い色を身に付けるのは良いですが、場合によって不安になってしまう事もあるので注意しましょう。

また、他人と勝負事を擦る時に赤色を着用しておくと、自分の気持ちを高めると同時に、相手に警戒させ不安感を与えて有利に事がすすめやすくなるとされます。

さらに、赤色は攻撃的な色で赤色に見ている状態だと人は積極的な行動に出やすくなる傾向があります。

ネットオークションなどの競売の際に、赤色の背景の写真を使用すると、落札価格が上昇しやすくなります。

赤色をうまく使用することができれば、物事が進めやすくなるのではないでしょうか?

〇食欲を減退させることができる青

青色は赤とは対照的に気持ちを落ち着かせる作用がある色であり、周りからは知的で越智着いたイメージに見えます。

集中力を高めてくれる作用があるため、落ち着いて作業をしたい時に見つけておくと良い色です。

また、私たちが口に食べ物で青色をしている物がほとんどないため、青色をみると食欲が減退する事が知られており、食べ過ぎが気になっている人は食事の際には青色が目に入るようにしておくと良いです。

例えば、食事にしようするお皿の色を青色にしておくと、常に青色が目に入るので食欲を低下させてくれるでしょう。

ただし、青色が目に入っていることで、食事のおいしさが低下すると感じてしまう人もいるため、食事を楽しみたい人にとっては注意したい色でもあります。

また、青色は知的で落ち着いているイメージを持たせる色である反面、冷たい印象与えてしまう色でもあります。

落ち着いて行動した時には青色の物を身に付けておくと精神的にも落ちやすいのでおすすめですが、社交的な場では青よりも明るい色を着用することをおすすめします。

見つけている色によって自分にも影響を与えますが、周りの人にも少なからず影響を与えています。

状況に合わせて適切な色を使用すると、自分にも周りにも良い影響を与えることができるでしょう。

〇リラックス効果と免疫力を高めてくれる緑

緑色は植物の色として私たちと非常になじみが深い色であり、緑色は静止心的にリラックス効果を与えてくれる作用があります。

鎮痛作用がある色でもあり、頭痛や腰痛、肩こりといった痛みに悩んでいる人は、緑色が多い場所で生活しておくと、痛みを感じにくくなります。

また、森林浴をすると免疫機能と関係が深いNK細胞が増加する事が知られており、免疫力を高めてくれる効果があります。

風邪を引きやすい人や、疲れている人などは、緑色の多い場所で生活することがおすすめです。

このように色は精神的な良い影響を与えてくれるため、状況に合わせて色を使い分けることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク