日本人の9割がO脚? O脚が与える健康被害!O脚は予防出来るし治る?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12001
私日本人に身近な足の症状の一つにO脚があることを知っているだろうか?

O脚は程度の差はあれど、日本人のほとんどの人がO脚だということが言われています。

まず知っていただきたいのは、生まれたときはみなO脚だったということです。

赤ちゃんは誰しもO脚で日本人だろ欧米人だろうが関係ないと言われています。

子どものO脚は直立できるようになってから、X脚になり、時ともにX脚も治り自然と正しい姿勢になります。

みなこの経過をたどっています。

O脚の人は赤ちゃんのころからなのかと思うかもしれませんがそうではありません。

赤ちゃんのO脚は誰しもなおります。

私たちがO脚になっているのは、姿勢や歩き方が悪いために、O脚を引き起こしているのです。

スポンサーリンク

O脚の足はどんな足?

まずは正常な人の足を知りましょう。

正常の人の直立したときの足はまず、腿(もも)と腿がくっつきます。

そして、ひざとひざもくっつきます。

ひざと腿がくっついているなら、ひざより少し上にすきまがあることがありますが、これは以下のすべてに問題がなければ、ほかのところにすきまがあろうが関係ありません。

そしてふくらはぎの真ん中あたりもくっつきます。

くるぶしもくっつきます。

腿、ひざ、ふくらはぎ、くるぶしがくっついていますか?

すべてがくっついていれば正常な足を言えるでしょう。

また、痩せている方の中には、足が細いと、腿やふくらはぎがくっつかないこともあるかもしれませんがほとんどあいていない状態が望ましいです。

あなたの足は大丈夫でしたか?

O脚

O脚は名前の通り、足を前から見るとOのように見えるところからきています。

O脚の人はすべてがくっつかない状態の足のことです。

軽度の人はつく場合がありますが、重度の人の場合は足をぴったりくっつけても、すぐに湾曲が始まっているため、くるぶしもくっつきません。

また、軽度の人はくるぶしと太腿にそれほど間が空いていないこともあります。

O脚の一番の特徴はひざがくっつかないことといえるでしょう。

X脚

X脚は前から見ると足がXのようになっていることからついた名前です。

X脚はひざ以外付きませんそのためXのような形になります。

腿はあまり離れていないことが多いですが、X脚の最大の特徴は、足部(くるくるぶしより下)がくっつかないことです。

X脚はもっとも間が開いているのが、くるぶしなります。

ひざから足部に近づくにつれて間が開いていくのが特徴です。

X脚がじゃなかったですか?

X脚は小学生低学年までなら、問題はありません。

XO脚

X脚とO脚を混ぜ合わせたようなものです。

X脚のようにひざはくっつきます。

そしてX脚ではくっつかなかった足部がくっつきます。

イメージするなら8なような足になります。

ふくらはぎの部分がO脚になっているのがXO脚にあたりますね。

O脚、X脚、XO脚どれもO脚の仲間になります。

O脚の何が悪いのか?O脚の健康被害!

O脚の何が悪いのか知っていますか?

O脚はからだに異常が出ていない状態で気にしていないのなら、今のところ問題はないと言えるでしょう。

O脚が問題なのは、私たちの姿勢が原因でO脚になったということです。

O脚の人はどこかで姿勢が悪いということです。

姿勢が悪いことが原因で、腰痛になったり、猫背になったり、よりO脚がひどくなり、足が痛くなる可能性があります。

O脚の問題はO脚になる原因を私たちの姿勢が作ってしまったことが問題なのです。

O脚が悪いというより、O脚をつくる原因があることがまずいことを知りましょう。

僕はO脚の人はO脚に悩む前に何が原因でO脚になっているか探ることが大切だと考えます。

何か姿勢や足に悪いそうなことはしていませんか?

あなたの姿勢がO脚を作っているのです。

あとO脚の問題といえば、足の形が悪くみえることと、身長が少し低くなることだと僕はおもっています。

O脚になることで足が形が悪くなったり、身長が低くならないようにO脚にならないことは大切でしょう。

そのためにO脚をなおすことは重要ですが、O脚を整骨院などで治したところで、O脚になる原因が取り除かれない限り、O脚の再発や腰痛など諸症状が出てくる可能性があります。

O脚をなおす前に、自分がなぜO脚になったのか知りことが大切なのではないでしょうか?

O脚の予防法

O脚になる原因は姿勢が悪いことに由来します。

そのため、O脚を予防するためには姿勢を正すことが大切です。

O脚は骨盤の乱れと足のゆがみといわれています。

足のゆがみの場合は座るときに足を組んだりしているとO脚になるといわれています。

また、寝ている時の姿勢や座っている時の姿勢はどのような姿勢ですか?

私たち人間は正しい姿勢が一番体に負担がないといわれています。

猫背などは楽そうに見えて、体に負担をかけるだけでなく、負担がかかることによって、体のいたるところにゆがみが発生します。

そのゆがみが骨盤にきて、足をO脚にさせる可能性があります。

O脚にならないためには、正しい姿勢を心がけることが大切になるのです。

また、O脚は筋肉によって矯正されるとため、正しい姿勢であることも大切になってきます。

O脚にならないために、正しい姿勢で歩きましょう。

O脚の治し方

O脚になる原因は見つかったでしょうか?

O脚をなおす方法として一番、おすすめなのは病院に行くことです。

自分の治すのより、お金はかかりますが、確実性がありO脚をなおす際に足を痛めたり、けがをする必要性がありません。

そのため僕は病院や整骨院を進めます。

医師の指導のもとO脚を治すのが一番だと考えます。

一応僕がおすすめするO脚のなおしかたを紹介します。

壁に背を向けてたち、かかと、おしり、背中、頭をつけかかとをそろえて、足を少しはちのじ開きます。

そして、下っ腹と足の内側に閉めるように力をいれて5分間

毎日続けることで元の足とおもいます。

テレビを見ながら壁にたっておくだけでなおるので簡単です。

O脚は姿勢が原因です。何が原因でO脚なのか探りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク