血を抜くと健康になれるという本当なのか?血を抜いても健康にはなれない!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「血を抜くと健康になれる」とどこからの情報かわかりませんが、そのような話を友人から聞くことがありました。

皆さんも、血を抜くと健康になれる、ダイエットになる、肩こりが治る、血が綺麗になるといった話を聞いたことはありませんか?

血を抜いて健康になれるというなら、ちょっと試してみたいと感じた人もいるかもしれません。

このように、血を抜く治療法の事を「瀉血(しゃけつ)」と言い、実際に存在している医療行為です。

元々、瀉血は血と一緒に体内の老廃物を排出することで、健康になれるという考えから行われるようになった治療方法です。

現在では、多血症やC型肝炎といった一部の病気に治療法として利用されることがあります。

実際に、瀉血をすると健康になれるのでしょうか?

〇瀉血に健康効果はあるの?

血を抜くと健康になれると言われる事もあり、ヨーロッパやアメリカなどでは、瀉血が盛んにおこなわれていた時代もあったようですが、現在では効果はないのでは指摘されており、日本でも健康目的として瀉血が行われている事は基本的にありません

体の老廃物は老廃物は、尿によって排出されており血液を抜くことによる効果はないと考えられる事が多くなっています。

また、ダイエット効果が指摘されていますが、血液を抜くことで体重が減少するのは一時的で、水分を補給をすることで回復するため、ダイエット効果は見込めません。

ただし、医学的な根拠はないですが、血を抜くことによって体調が良くなったと感じる人は、いるようです。

さらに、多血症やC型肝炎などの治療法として瀉血が利用されていますが、ダイエットや老廃物の目的とした医療行為ではありません。

多血症は名前の通り、血液細胞が必要以上に作られてしまう病気です、そのために定期的に血を抜き出して血液をコントロールを必要性があります。

また、C型肝炎の場合は、体内に鉄分が過剰に蓄積される事が知られており、血液を排出させて体内の鉄分量を減らすことが目的です。

このように、現代の医療で行われる瀉血は、体内の老廃物を出すためではなく、特定の病気の治療として行われています。

全く効果はないとは断言しにくい所はでありますが、基本的には効果はないと考えても良いでしょう。

さらに、現在では健康目的で瀉血を行ってくれる医師はほとんどいないと思われます。

〇献血で体調が良くなるって本当なの!?

現在では、瀉血を健康目的で行ってくれる病院は、たぶんないので血を抜こうと思うと献血を受ける必要性はあります。

実際、ボランティアを兼ねて体を調子が良くなるからと理由で、献血を受ける人がいるようです。

また、献血を行うことによって、肩こりが改善した、肌の調子が良くなった気がする、気分が良くなったと感じる人はいます。

献血をすることは人助けにもなりますので、体調を良くするのも兼ねて血を抜いてみたいと感じる人は献血をしてみると良いかもしれませんね。

ただし、献血を受ける際には問診は正確に行い、絶対に嘘をついては行けません。

さらに、献血を健康の目的に行う人もいますが、献血を行うことでふらつく、体調が悪くなる、手に痺れを感じるといった問題が起きることが稀にあります。

献血を行う場合には、体調をしっかり管理して無理がないように行うようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク