皮膚がんで死亡する事はあるの?危険性が高い皮膚がんの症状を知っておこう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皮膚がんとは名前の通り、皮膚に発生するガンで日本人がかかるガンの10位以内に入らないことを考えると、ガンの中で発症する可能性はそれほど高くありません。

また、皮膚には表皮、真皮、皮下組織と3層に分かれており、どこにガンが発生しても皮膚がんであるため、皮膚がんと言っても種類は非常に多く基底細胞がん、有棘細胞(ゆうきょくさいぼう)がん、悪性黒色腫、隆起性皮膚繊維肉腫、毛包がんなど、多くの種類のガンがあるのです。

さらに、同じ皮膚がんと言われる物でも、ガンが発生する場所によって死亡率が大きく異なってくるのも、皮膚がんの特徴の一つです。

死亡率が非常に低いガンもあれば、発見しにくく物や、転移が速く死亡率が高いガンもあります。

そんな、皮膚ガンですが皮膚にできるという特性から発見しやすいガンでもあり、皮膚がんの特徴を知っておくことで、皮膚がんに死亡を予防することができます。

〇最も患者数が多い基底細胞がん

皮膚がんの中でも日本人で最も患者数が多いのが、基底細胞がんになります。

基底細胞とは、皮膚の上皮に存在する細胞であり、基底細胞がんは基底細胞が異常に増えることで発生するガンです。

皮膚がんの中で最も多いガンとして知られる基底細胞がんですが、皮膚がんの中で危険性が低いガンとなっています。

これは、転移する可能性が非常に低いためで、基底細胞がんが見つかったとしても綺麗に切除する事が出来れば、予後(患者の病気の経過)は良好であり、死亡率も高くありません。

ガンと言われると、非常に恐怖感を覚えますが、皮膚がんの多くはそれほど危険性が高くないものが多いのです。

ただ、発見が遅れてしまうとそれなりの危険性がありますので、皮膚ガンは危険性がないと安心してはいけません。

また、基底細胞がん以外の皮膚ガンでは、発症者の5割が亡くなる物もありますので、早期に発見することがやはり大切です。

皮膚に気になるでき物がある場合や、不定形なホクロがある場合には早めに病院に受診する事が大切です。

皮膚ガンを予防する上で大切なのが、自分のホクロの位置を把握しておく事と言われています。

自分のホクロの位置を把握しておくことで、新しく出来たホクロを素早く把握することができて、他のホクロとの形の違いや、大きさの変化を素早く感じて、皮膚がんの早期の発見の役に立ちます。

〇皮膚ガンで亡くなる事もあります。

皮膚ガンは他のガンとは違い皮膚に発生するガンであるため、目で発見することができて、早期に発見できる場合も多いガンです。

また、最もよく発生する基底細胞がんは転移が少なく危険性が少ない事が知られていますが、すべての皮膚ガンの安全性が高いというわけではありません。

皮膚ガンは、目で発見しやすいガンである反面、ホクロと誤認しやすく見つけていても放置される事があります。

皮膚がんの中には、悪性黒色腫やメルケル細胞がんと言った、転移しやすいガンもあります。

ホクロがあることに気づいていても、ガンである事を気付くのが遅れれば、切除しようとした時には、すでにガンが他の臓器に転移しているという事もあります。

皮膚ガンは、早期に発見して治療する事が出来るガンですので、早期に発見するすべを身に付けておく事が大切なのです。

〇危険性が高い症状について知っておこう!

皮膚ガンを早期に発見する上で大切な事は、自分のホクロの位置を把握しておく事ですが、ホクロの位置を把握すると同時に危険なホクロの特徴を覚えておく事が皮膚がんの早期の発見につながります。

一般的に正常のホクロは、丸い形をしており色は均一で左右対称、急激に大きくなるような事はありません。

正常のホクロの状態を知っておけば、異常なホクロが出来た時に比較する事ができるので、ガンの発見を早めます。

皮膚ガンが原因で発生するホクロは、正常なホクロと比べて急に大きくなりやすいです。

さらにガンは通常のホクロと比べて形が歪になる事が多く、色もまだらになりやすく、ホクロの中に濃い所と色の薄い所が出てくる場合もあります。

他のホクロと比べて色がまだらに出ている、急に発生して大きくなった場合には早めに病院に受診して検査してもらいましょう。

また、ガンのホクロは悪臭を放つことがあります、通常のホクロは悪臭を放つことはありませんので、もし臭いがするホクロを見つけたら、すぐに病院に駆け込むべきです。

ホクロをいじっていないのに、潰瘍が出来たり、出血したりする場合もガンの可能性が非常に高いので、すぐに病院に受診しましょう。

たまに膨れるホクロがありますが、ぼこぼこして形が不定形のホクロが発生した場合には、ガンの可能性が高いです。

そのほかにも、他のホクロと違った変化があるホクロには、要注意をしておかしいと思えば早めに皮膚科に受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク