甘酒で酔ってしまうことはあるの?子どもも飲めるけどアルコールが含まれている!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甘酒には「酒」という文字が含まれているので、酒のようにアルコールが含まれているのか気になる人も多いでしょう。

実は一口に甘酒と言っても、アルコールが含まれている物と、アルコールが含まれていない物があります。

また、アルコールが含まれている甘酒であったとしても、子どもでも飲むことができる場合も多いです。

甘酒とアルコールの関係性についてしりましょう、甘酒で酔ってしまうことはあるのでしょうか?

○実は甘酒には2種類存在する!

私たちが甘酒といっている飲み物には、2種類の製法があり、製法によってアルコールが含まれている場合とアルコールが全く含まれていない物があります。

アルコールが含まれている甘酒は酒粕を使用して作られおり、アルコールが含まれていない甘酒は米麹が使用されています。

酒粕を使用すると、微量のアルコール分は含まれますが、含有量が1%未満であるれば子どもでも飲むことができます。

これはお酒が法律によってアルコール分1度以上と決められているので、酒粕が使用されている甘酒も、アルコール分が1%を下回ることで清涼飲料水として販売できるためです。

実は、甘酒以外にも成分を混ざりやすくするためなどに、アルコール分が少量含まれている飲み物は存在します。

ただ、アルコールが1%を下回っていると言っても、微量にアルコールが含まれていますので、子どもや妊婦、アルコールに弱い人は大量に飲まない方が良い事は確かです。

子どもや妊婦が甘酒を飲む場合には、米麹が使用さているものや、極力アルコールが含有量が少ない物を選ぶようにしましょう。

甘酒を購入する際に成分表示をみておけば、間違って酒粕が入っている物を購入する心配がありません。

○アルコールが含まれるので大量に飲めば酔う

甘酒に含まれているアルコールは1%を下回っている場合には、清涼飲料水として販売することができます。

しかし、酒粕が使用してある甘酒は、アルコール分が含まれていますので、甘酒を大量に飲めば酔っぱらったり、顔が赤くなったりすることがあります。

ただ、清涼飲料水として販売している酒麹を使用した甘酒のアルコール含有量は少ないので、1本のんで、顔が赤くなったり、酔っぱらってフラフラになるということは少ないです。

甘酒が好きで一杯のんでしまうという人は、米麹を使用している物を選ぶことをお勧めします。

○甘酒でも飲酒運転になる可能性はある!

甘酒を一本飲むだけであれば、アルコールの量が少ないので、呼気の検査をうけても、飲酒運転の基準値が下回ることが多いです。

ただし、甘酒はアルコールを含んでいますので、万が一もありますので車を運転する前に甘酒を飲むことは控えることをお勧めします。

また、大量に甘酒を飲めば、血中のアルコール濃度は高くなりますので、それだけアルコール検査にひっかかることになります。

酔っているように感じなくても、飲酒運転になることもありますので、甘酒を大量に飲んだ場合には運転を止めましょう。

甘酒はお酒じゃないので、呼気からアルコールが検出されても飲酒運転には当たらないのではないかと考える人もいるかもしれませんが、飲酒運転に該当します。

飲酒運転は呼気や血中のアルコール濃度によって取り締まる物なので、お酒をのんだか、飲んでないかは関係がありません。

甘酒しか飲んでいないとしても、呼気のアルコールの基準値が超えていれば、飲酒運転で逮捕されます。

もちろん、アルコール1%未満の甘酒は清涼飲料水なので、飲酒運転の基準を超える血中濃度になるまで未成年が飲んだとしても、未成年飲酒禁止法には該当しません。

ただ、アルコールは健康に悪影響を与える可能性もありますので、甘酒だとしても飲みすぎるのはやめましょう。

甘酒もお酒もほどほどに楽しむことが大切です、甘酒は健康に良いと言われることもありますが、飲みすぎれは健康に悪影響になることもありますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク