新築の住居で体調が悪くなってしまう原因は?予防する方法はあるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新築を購入して引っ越しをすると、頭痛がする吐き気がする、めまいがする鼻水、鼻づまり、咳といった体調不良に見舞われる人がいます。

新しく購入したばかりでキレイなはずなのに、なんで体調が悪くなるのか不思議に思う事でしょう。

私は新築の家を買った事がないので体験した事はありませんが、新車に乗ると体調が悪くなる事があります。

新築の住居で体調不良が起きてしまう原因は、新築の住居から発生している化学物質が原因だとされています。

家を建てる際に使用には、建材や壁紙、接着剤、殺虫剤、塗料などが必要となり、これらの製品には多くの化学物質が含まれています。

これらの製品に含まれる化学物質が空気中に放出され、それを私たちが吸いこむ事によって体調不良が起きると言われています。

また、新築住宅などで発生するめまいや頭痛、倦怠感、呼吸疾患といった症状をシックハウス症候群と言います。

ちなみに、新車に乗った時に、発生する体調不良も新車から発生する化学物質が原因とされ、シックカー症候群ともいわれます。

このように、新築住宅に引っ越した際に発生する大量不良にはどのように対処すれば良いのでしょうか?

〇建築するまえなら材料の相談を!

新築住宅で体調不良が発生してしまう原因は、新築住宅から発生している化学物質が主な原因となります。

そのため、新築住宅を建てる前に、化学物質が発生しにくい建材を選んでおくことで、引っ越した際の体調不良が発生する危険性を減らすことができます。

現在では、シックハウス症候群という言葉が良く知られるようになってきており、シックハウス症候群を起こしにくい建材が使用される事も多くなってきました。

また、冷暖房の効率を考えて、気密性が高い家も増えており、気密性の高さが化学物資の室外の排出を阻害し、シックハウス症候群が発生しやすい原因となっています。

新築の体調不良を予防したい人は、室内の気密性や、喚起能力、換気扇の配置場所の相談をすることをおすすめします。

建築材料や、気密性などの相談し、化学物質を少なくする、室外に排出する事が出来れば、体調不良を軽減する事が出来ます。

さらに、シックハウス症候群では、建物だけでなく、新しい家具も体調不良の原因になる事が知られています。

新築を気に家具をすべて買い替えたいと考える人も多いかもしれませんが、シックハウス症候群の事を考えると、少しずつ変えていくか、化学物質が使用が少ない家具を選ぶことが大切です。

〇新築はしっかり換気しましょう。

新築の家は建材など放出される化学物質が空気中に含まれています、そのため、喚起をして外の空気と入れ替えましょう。

特に、近年の家の気密性が高いので、化学物質が室外に排出されずらい事が知られています。

定期的に換気をしている家は、空気が室内にこもりにくいので、シックハウス症候群に発生しにくく、発生しても症状を軽減してくれる効果があります。

また、新築の家は独特の臭いがするので、芳香剤等を使用する人も多いかもしれませんが、芳香剤から放出される化学物質がシックハウス症候群の原因になることがあります。

さらに、床を綺麗に見せるために、ワックスをかけるのも、シックハウス症候群の誘発する原因です。

こまめの換気や、掃除を行い症状がおちついてから、ワックスがけや芳香剤の配置をすることをおすすめします。

〇カビが発生する家は体調不良になりやすい!

シックハウス症候群を起こす原因は、新築住宅の建材だけが原因だけではなく、カビも大きな要因となります。

カビは、シックハウス症候群が発生する可能性が高め、カビが原因で発生するシックハウス症候群は、新築住宅でなくても発生する可能性があります。

アレルギーが出やすい人や、シックハウス症候群に悩まされている人は、室内の湿度が高くなりすぎて、カビが発生しないように注意しましょう。

また、カビ以外では、香水や殺虫剤なども、シックハウス症候群の原因になることを覚えておくと良いでしょう。

新築で体調不良を起こしてしまう人は、しっかりと室内を換気して、対策を取るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク