粘血便の危険性と疑われる病気を知ろう!粘血便が発生する原因は一体なんなのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

排便時にドロッとしていて、血のような物が排便中に出てくると誰でも驚く事でしょう。

私も排便中にドロッとして血の色をした便が出たら、驚いて直ぐさま病院に駆け込みます。

ドロッとした血のような物が出ている便の事を粘血便といい、危険な病気が隠されている事があります。

危険な病気の兆候でもある粘血便が発生してしまう原因と危険性について知っておきましょう。

〇粘血便とは一体なんなの?

粘血便とは、呼んで字のごとく、粘りがある血が混じった便の事で、通常の血便とは種類が違います。

通常の血便は、直腸に傷が出来てしまった場合や、潰瘍によって腸内に出血などがある場合に発生します。

出血による血便の場合は、便に粘りが出る事は無く、便の色が赤み帯びる血便や、便の色が黒くなる黒色便と言った症状が出てきます。

黒色便は、便に血が混じり時間の経過によって黒く変色した物です、胃や小腸、上行結腸などの便として排便されるまでに時間がかかる場所から出血が疑われます。

粘血便の場合は、潰瘍などの傷による出血によって発生する血便とは違い、大腸の粘膜が剥がれ落ちることによって発生する血便となります。

粘膜は名前のとおり、粘り気がありますので、粘膜が混ざることによって便はドロッとして赤色に変色します。

このような粘血便が出ている場合には、危険な病気の可能性が高いので、早めに病院に受診してください。

また、血便、黒色便、下血(腸からの出血)なども危険な症状なので、素早く病院に受診してください。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がんなどの危険な病気が隠れている場合もあります。

〇粘血便で疑われる病気とは!

粘血便の症状がある場合に、最も疑われるのが潰瘍性大腸炎です。

潰瘍性大腸炎は、遺伝や環境因子に等が複雑に絡み合って発生すると言われていますが、原因は良く分かっていません。

症状としては、大腸がただれたり、潰瘍を起こしたりすることによって血便や、粘血便、腹痛、体重減少、食欲不振、発熱などがあらわれます。

一般的に30代以下の若年層の大人に多いと言われていますが、小児や高齢者でも発生する場合があり、患者数は年々増加しているとも言われます。

一時的に症状が改善しても、症状が再燃することが多く、長期的な治療が必要になる場合が多いです。

症状が軽い場合には薬によって症状をコントロールできる場合も多いので、気になる症状がある場合はには早めに受診する事が大切です。

また、潰瘍性大腸炎以外の病気が隠れていれていることもありますので、早めに病院に受診しましょう。

0~5歳までの乳幼児が粘血便を出している場合には、腸重積という病気が疑われます、もし乳幼児に粘血便が発生している場合には今すぐに病院に受診してください。

また、腸重積の場合は、嘔吐や顔面蒼白、腹部の腫れなどの症状が発生します。

特に生後10か月前後の発症率が高く3歳を過ぎると腸重積の発生頻度は低下しますが、5歳以降でも発生する場合もあり、女児よりも男児の方が発症しやすいです。

腸重積とは、大腸の中に小腸が入りこむことで腸閉塞(腸がつまる)を起こす病気です。治療が遅れると腸が壊死して腹膜炎を起こし死亡する危険性もあります。

粘血便は、危険な病気の兆候です、もう少しすれば治るかも様子をみると症状が悪化してしまう危険性があります。

血便や黒色便、粘血便といった症状は、病気の早期の発見に役立ちます、様子を見ずにすぐに病院に受診してください。

〇受診すべき病院は消化器内科!

粘血便や血便、黒色便といった便に血が混じる症状がある場合には、消化器内科に受診する事が大切になります。

また、消化器内科が大きな病院にしかない場合や、どこの病院に受診して良いか自分では判断が難しい場合には、かかりつけ内科に受診して、紹介状を出してもらうことをおすすめします。

また、小児が粘血便を出している場合には、小児科に受診しましょう。ただし、腸重積の場合は、非常に危険な状態の事も多いため、必要であれば救急車を要請しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク