歯ブラシの管理をきちんと行っていますか?歯ブラシには多くの細菌が付着している!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯を清潔に保つために使用される歯ブラシですが、使用した後の歯ブラシを清潔に保っているでしょうか?

歯磨きをした後に、そのまま元の場所において管理しているという人も多いでしょう。

実は、使用した後の歯ブラシには多くの細菌が付着しており、管理が悪いと歯ブラシの中で細菌が増殖してしまいます。

毎日綺麗な歯ブラシで歯を磨くためにも、歯ブラシの正しい管理の方法を見つけましょう。

〇歯ブラシには大量の細菌が付着します。

私たちの口内には、よく歯を磨いている人でも1000~2000億個の口内細菌が生息している事が知られています。

それほどまで多くの細菌が生息している口内を綺麗にするために使用される、歯ブラシは一度の歯磨きでも10万~1000万の細菌が付着すると言われています。

歯を磨いているため、10万~1000万の細菌が歯ブラシに付着するのは仕方がない事なのですが、管理が悪いと歯ブラシに付着した細菌は減るどころか、増殖することになります。

元々、口内に生息していた細菌が増殖していますので、歯ブラシに付いた細菌で病気になる可能性は低いかもしれませんが、できれば細菌が少ない歯ブラシを使用した方が良いです。

場合によっては、歯ブラシに感染症を引き起こす細菌が付着してしまう事もあり、そのまま歯を磨くことで、食中毒を発症してしまう危険性もあります。

歯磨きをした後の歯ブラシの中の細菌の死滅させ、増殖を防ぐ方法とは一体なんなのか知りたくありませんか?

〇歯ブラシは日光に当てましょう!

歯ブラシの細菌が増殖してしまう原因は湿気であり、多くの細菌は湿気がある場所を好み、常に湿気がある場所では死滅しにくく増殖してしまいます。

歯ブラシは、繊維が水分を保持してくれるため、湿っており細菌にとっては死滅しにくく増殖しやすい場所となっています。

また、一般的に歯磨きをすることが多いと思われる、洗面所では窓が小さく、日光が入りこまない家が多いです。

日光は湿気を取り除くとともに、細菌を死滅をさせる除菌効果がある事が知られています。

歯ブラシの保管場所としては、窓越しに日光に当たる場所が良く日光が良く当たる風通しの良い場所にコップ等をおいて、そこに歯ブラシを保管するのが清潔を保つのに有効です。

また、水分を含んでいると細菌が増殖しやすいので、歯磨きをした後の歯ブラシは水道水で洗い、湿気を良くとっておきましょう。

歯ブラシの保管場所を変更するだけで、歯ブラシの細菌を大幅に減少させることができます。

細菌には熱殺菌が有効とされていますが、歯ブラシの繊維は熱に弱いため、熱湯等に付けると繊維が変形して、歯ブラシの洗浄力が落ちる場合があります。

歯を綺麗するための歯ブラシの洗浄力が落ちてしまっては元も子もないため、熱湯を使用した殺菌は行い事をおすすめします。

〇交換は1カ月に1度!?

歯ブラシの細菌を増殖させないためには、歯ブラシを変える頻度も大切であり、1カ月に1度ほど交換するのが良いとされています。

1月に一度交換するのは、歯ブラシを清潔に保つのも理由の一つではありますが、主な理由は毛先が広がって歯を綺麗する力が低下してしまうためです。

毛先が広がった歯ブラシは、新品の歯ブラシに比べて大幅に洗浄力が落ちてしまい、歯垢が残る原因となります。

丁寧な歯磨きが出来ていても、歯ブラシが古いと口内の細菌が増殖して、虫歯や歯周病の危険性が高くなります。

歯の健康を保つためには、歯ブラシも口内も細菌が増殖しないように管理する事が大切になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク