ニンニク注射て臭いの? 副作用は? ニンニク注射の効果を知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

疲労を回復する効果があると言われているニンニク注射、一度は試してみたいと感じる人は多いのではないでしょうか?

ニンニク注射という名前からニンニクが入っている、ニンニクから成分が抽出されていると思っている人も多いかもしれませんが、実はニンニク注射にニンニクは含まれていません。

ニンニク注射と呼ばれるようになったのは、ニンニクに含まれている成分が含まれている事や、注射の際にニンニクのような臭いがする所からニンニク注射と言われています。

〇ニンニク注射に効果はあるの?

ニンニク注射の主成分は、「ビタミンB1」であり、不足すると脚気を起こすことが知られてビタミンになります。

現在の日本人の食生活を考えると、脚気を発症するほどビタミンB1が不足する事は少なく、同じ物を食べ続けるなどの偏食などしなければ問題ありません。

ニンニク注射が疲労を回復する効果があると言われているのは、ビタミンB1に糖質をエネルギーに変換する効率を高めてくれる作用があるためです。

ビタミンB1は食べ物から摂取することもできますが、消化では吸収されるまでに時間がかかり、吸収効率も高くない栄養素です。

ニンニク注射はそのまま体内に注射されるので、経口摂取に比べて即効性があると言われています。

効果には個人差がありますが、疲れが取れた、倦怠感が回復した、肩こりが改善したといった効果を感じる人は多いようです。

また、注射をしてもらったという安心感が精神に良い影響となり、元気が出てくるとも考えられます。

〇ニンニク注射で体臭がきつくなることはない!

ニンニクは臭いが強い食べ物として知られていますが、ニンニクを食べた1時間ほどすると体臭も変化することが知られています。

ニンニク注射も注射の際に臭いがする事があるため、ニンニクのような体臭が出てしまうのではないかと心配な人もいるのではないでしょうか?

ニンニクを食べると体臭が出てしまう理由は体内で、アリルメチルスルフィドと言われる物質が発生し、汗腺などから分泌されるためです。

ニンニク注射は注射をした際に臭いがすることはありますが、ニンニクの様に体臭の原因になる物質が含まれているわけではありませんので、ニンニク注射をしたら体臭が強くなるという事はありません。

注射の際にニンニクのような臭いがするのは、ニンニク注射の主成分であるビタミンB1から臭いが発生しており、注射の際に臭いがもれるからです。

ニンニク注射を打っても、口臭や体臭は変化しませんので、安心して受診してください。

〇副作用の危険性はあるの?

ニンニク注射の主成分であるビタミンB1は、水溶性のビタミンである事が知られています。

水溶性のビタミンは尿に溶けやすいため、たとえ過剰に注射しても尿として排出されるため、人体への影響は少ないと考えらえます。

打ちすぎても人体への影響はありませんが、尿として栄養素が排出される量が増加するため、もったいないです。

基本的に副作用が出る事はありませんが、心配な事があれば医師に相談してニンニク注射を打ちしましょう。

〇自由診療になります。

ニンニク注射を受ける場合は自由診療となるため、保険を使用する事はできず全額自己負担となります。

ただし、ニンニク注射自体は高価な薬ではないので、1000~4000円で注射してもらう事が出来ます。

自由診療では、病院が診療点数に対して価格を決める事が出来るため、病院によって値段に違いが出てきます。

安いと治療が雑なのではないか、高いとボッタクリではないかと思ってしまうかもしれませんが、病院の経営方針による違いでしょう。

特にニンニク注射は手術ではないので、医師の腕はあまり関係がありません。

安いから適当に施術されるという事はないと思われるので、値段が安さや通いやすい所、信頼などから判断して自分が通いたい病院を選ぶと良いでしょう。

ただ、始めてのニンニク注射の場合は、医師の説明をしっかり聞いた方良いため、相談しやすそうな病院を選ぶことをおすすめします。

ちょっと最近、疲労を感じるようになったという人は、ニンニク注射を受けてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク