視力が下がるのは遺伝は関係があるの?近視になりにくくする為にはどうすれば良いの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親が近視なので自分も近視になるのではないかと心配になったり、自分が近視で子どもも近視になってしまうのではないかと心配になることはありませんか?

また、ただの興味で親が近視だと子どもは近視になりやすいのか近視と遺伝の関係が気になるという人も多い事でしょう。

近年は近視の人口が増えていると言われており、子どもが近視になってしまうことも多いのですが、いったいなぜ近視が増えてしまっているのでしょうか?

○視力と遺伝の関係性とは!

視力と遺伝の関係性について、良く分かっていないことも多く、両親が近視であったとしても近視にならない子ども多くいます。

しかし、ながら両親が近視だと子どもが近視になりやすいのは事実であり、片親が近視になっている場合では近視のリスクが2倍になるとされ、両親が近視の場合には5倍のリスクがあると言われています。

つまり、自分が近視であれば子どもが近視になる可能性は高く、両親が近視であればいずれ近視になる可能性は高いとされます。

ただし、近視の原因は遺伝だけではなく、生活習慣も大きな影響になっていると考えられています。

そのため、近視の予防になる活動や、近視の危険性を高める行動を控えることで、子どもの近視を抑えることができるかもしれません。

遺伝以外にどんな行動が、近視の危険性を上げてしまっているのでしょうか?、

○近視とテレビは関係があった!?

近視は遺伝だけが関係する物ではなく、生活習慣も近視と関係があると考えられ、特にテレビやスマートフォンは近視と深い関係があるのではないかといわれています。

テレビや読書は関係がないと言われることもありましたが、近視とテレビは関係があるのではないかと近年は言われるようになってきています。

実際、スマートフォンの利用時間やテレビの視聴時間が増えた現在では、近視の人口が少しずつ増えています。

実際に関係があったのか疑問もありますが、私もスマートフォンやタブレット端末を触れるようになってから、以前より近視が悪化しました。

特に若年層の近視は増加傾向にあり、1980年では小学生の視力1.0未満が約20%ですが、2015年では約30%となっており徐々に視力が低下していることが分かります。

現在は、急激にスマートフォンが普及おり、幼児や小児がスマートフォンに触れる機会も増えてきています。

そのため、子どもたちの近視はさらに増加していくと考えられています。

近視とテレビは関係ないと言われることもありましたが、スマートフォンの普及やテレビの視聴時間の増加は、近視となんらかの関係があると考えられています。

子どもの近視を予防したい場合には、スマートフォンやテレビに触れず時間を、管理してあまり目を刻苦ししすぎないようにしましょう。

また、スマートフォンやテレビを利用する際には、周りを明るくして近づき過ぎない子どもが大切になります。

○外で遊んでいると近視になりにくい!?

近視を予防するのに効果的な方法の一つといわれているのが、外で遊ぶことです。

屋外での活動時間が多いほど、視力が低下しにくくなるとことが知られるようになってきており、両親が近視であってもしっかり屋外で活動している子どもは近視の危険性が低下すると言われています。

子どもがこれから近視になってしまうのではないかと心配な方は、屋外で遊ばせることが近視を予防してくれるかもしれません。

また、屋外で遊ばせることは、テレビやスマートフォンを使用した遊び時間を少なくする効果もあるため、視力低下を予防するのに有効だと考えられます。

屋外で活動した場合でも視力が低下する可能性はありますが、少しでも視力低下は阻止したいと思っている人は試してみる価値はあるでしょう。

さらに、野外での活動は大人になってから生活習慣病を予防する効果もあるため、子どものうちから外でしっかり遊ばせておくのは非常に大切なことです。

○大人になって近視が悪化することもあります

近視が最も悪化するのは、10代のころで20代になると近視の悪化が止まって安定化すると言われることも多いです。

しかし、近年では20代を過ぎてからも近視の悪化が止まらずに、メガネの度が合わなくなってきたと感じる人が増えてきていると言われています。

また、20代だけではなく、30代や40代でも近視が悪化したという話も聞きます、これはデジタル機器を触れる機会が増えた影響もあると考えられます。

テレビやスマートフォンを近くで見て、目を酷使することはないでしょうか、デジタル機器は禁止の危険性を高める理由の一つであると考えられます。

仕事が休みの時には、外にでて自然が豊かなな場所で目を休めるのも、視力の低下の予防になるのででしょう。

禁煙は大人も子どもも視力が低下しやすくなっています、視力が低下しないように目を労わってあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク