怪我をした時には消毒した方が良いの?消毒しない方が良いの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転んで怪我をしてしまった時には、傷口を消毒液で消毒しますか、それとも水洗いだけにしますか?

最近では、消毒をすると傷口が傷つくので消毒せずに水洗いだけで、傷口を治した方が良いと言われる事も多くなってきています。

消毒しないと菌が繁殖するから、危険と言われる事もありため、どちらにすれば良いのかわからにという人も多いでしょう。

なぜ、消毒しない方が良いと言われたり、消毒した方が良いと言われたりするのか知りたくありませんか?

〇なぜ消毒液を使わなくても良いといわれるの?

消毒液を使用しなくても良いと言われるようになったのは、消毒液を使うことで傷の治りが遅くなる事がわかってきたためです。

消毒液はウイルスや細菌などを死滅させる効果があると同時に、傷口に使用すると傷口の細胞を傷つけて傷の治りを遅くなります。

消毒液を使用すると沁みて痛いですが、これは消毒液によって損傷部位が傷ついているためです。

また、私たちの体にある免疫機能によって細菌の繁殖は抑えられており、傷が浅く清潔に保っていれば消毒を使用しなくても、炎症や化膿を起こさずに治すことができます。

このように、免疫機能が細菌の繁殖を抑えてくれることと、消毒液を使用しない方が傷の治りがはやい事がわかってきたので、消毒液は使用しない方が良いと言われるようになってきたのです。

ただ、すべての傷が消毒せずに治療した方が良いというわけではありません、傷が深かったり、傷が広かったりする場合、消毒液を使用しないと化膿や感染症の危険性が高まります。

また、動物などに噛まれてできた傷は、浅そうみえて深いことがあり、動物の口内は細菌が多く生息しています。

このように動物に噛まれることによってできた傷は、消毒をしてすぐに病院に受診するとおすすめします。

〇傷には消毒液を使用した方が良いと言われる理由!

傷には消毒液を使用した方が良いと言われる理由は、細菌によって傷口が化膿するのを防ぐためです。

私たちには免疫作用があるため浅い傷口で清潔に保っていれば、化膿せずに綺麗に治せることもあります。

しかし、傷口が深い事や、傷口に汚れが付着することで、化膿して傷が悪化し治りが悪く、跡になる事もあります。

消毒液を使用した方が良いと言われるのは、細菌の繁殖を防ぎ化膿してしまう危険性を下げるためです。

少々痛かったり、傷の治りが遅くなったとしても、傷口が化膿してしまうよりは良いですよね。

そのため、感染症などを危険性がある場合には、消毒液を使用する事が推奨されるわけです。

また、私たちが一般的に使用するアルコール消毒液は刺激性が強いですが、ポビドンヨードの様に傷の刺激性が少ない消毒液もあります

アルコール消毒による痛みが嫌だとという人は、ポビドンヨードなどの痛みがない消毒液を使用すると良いでしょう。

ただ、ポビドンヨード消毒液は色がついている消毒液であるため、病院に受診する前に使用すると患部の状況を見づらくして診察しにくくなるため、病院の受診を考えている場合には使用しない方が良いです。

〇傷は医師に任せろ?!

傷は消毒した方が良いという意見と、傷は消毒しない方が良いという意見の二つがあるため、怪我をした時にはどちらを信じれば良いのかわからないですよね。

綺麗に治すために消毒しないでいたら、傷口が化膿してしまい、痛いし治らないし、跡にもなったら嫌ですよね。

そうならないためには、病院に受診して傷の治療方法を相談するのが良いでしょう。

最近、注目されている傷口の治療法に消毒液を使用しない湿潤療法があり、傷がきれいに早く治ることが知られるようになってきました。

しかし、湿潤療法を病院に受診せずに行った結果、化膿して傷が悪化してしまったという人は実は多いのです。

湿潤療法は非常におすすめしたい傷の治し方ではあるのですが、正しい知識がないと危険性がある治療法でもあります。

傷口の深さや、傷の広さ、傷の種類などから判断して、治療してもらますので怪我をした時には病院に受診して判断してもらうことをおすすめします。

特に消毒せずに湿潤療法で治したいと考えている人は、病院に受診して治療することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク