アルコール消毒と次亜塩素酸ナトリウムの使い分け方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちが最もよく使用する殺菌成分と言えばアルコール消毒液でしょう。

アルコール消毒以外で、よく耳にする消毒成分に次亜塩素酸ナトリウムありますが、次亜塩素酸ナトリウムとアルコール消毒液の使い分けはできていますか?

消毒にはアルコールだけを使用しておけば大丈夫と考えている人も多いですが、アルコール消毒だけではウイルス感染症を感染拡大を防げない場合があります。

アルコール消毒液と次亜塩素酸ナトリウムは、使用に適している状況に違いがあるので、2つの成分をうまく使い分けて、感染症を予防しませんか?

〇人体に使用する場合にはアルコール消毒

アルコール消毒液と次亜塩素酸ナトリウムでは、次亜塩素酸ナトリウムの殺菌効果が強い事が知られています。

しかし、次亜塩素酸ナトリウムは肌荒れなどを起こしやすい成分であるため、人体に使用するのは適していません。

そのため、手や足などを除菌する際には、アルコール消毒液を使用するのが適していると言えます。

ただし、アルコールは高い殺菌作用がありますが、ノロウイルスやロタウイルスと言った一部のウイルスを殺菌する効果が弱い事が知られています。

感染症を予防するためには、アルコール消毒液だけでなく、同時にハンドソープを使用して手洗いを行う事が推奨されます。

手洗いはアルコール消毒とは違い殺菌効果はありませんが、手に付いたウイルスや細菌を洗い流し、感染症の予防につながります。

〇使用に適する状況の違い

次亜塩素酸ナトリウムとアルコール消毒を比べると、次亜塩素酸ナトリウムの消毒効果が強いため、アルコールで死滅させることが難しい、ノロウイルスやロタウイルスといった食中毒ウイルスを除菌する際に有効です。

そのため、吐瀉物の処理や、食中毒になった人のトイレの清掃の際は、次亜塩素酸ナトリウムを使用する事が推奨されます。

また、次亜塩素酸ナトリウムは燃える危険性がありませんので、火気が近くにある場合でも使用する事が可能です。

対して、アルコール消毒液は可燃性があるため、火気があるような場所では使用する事が出来ません。

また、次亜塩素酸ナトリウムは漂白剤に使用される成分であるため、色落ちが心配される製品などがある場合には、アルコール消毒液を使用する事が推奨されます。

カーペットで嘔吐した場合などの、色落ちはさせたいし除菌もしたいというような場合には、お湯で熱殺菌のが有効となります。

アルコール消毒液は発揮性が強く残留しにくいですが、次亜塩素酸ナトリウムは残留しやすいので使用後は水で洗い流すなどの対処が必要です。

アルコールはそのままご使用いただけますが、次亜塩素酸を消毒に使用する場合には適した濃度に薄めて使用する必要性があります。

使用する際には、しっかり使用濃度を確認するようにしましょう。

〇次亜塩素酸ナトリウムの使用方法!

次亜塩素酸ナトリウムはハイターやミルトンなどの塩素系漂白剤や消毒液に使用されている成分です。

消毒に使用する場合には、水で薄めて1000ppm(0.1%)にします。

まずは、次亜塩素酸ナトリウムの濃度を調べてどのぐらいに薄めれば良いか調べましょう、ちなみに濃度5%なら50倍希釈、1%なら10倍希釈となります。

ちなみに、ハイターの濃度は5%なので、500mlの水にハイターを10ml加えると1000ppm(0.1%)になります。

また、次亜塩素酸ナトリウムを使用する際には、換気をしながらビニール手袋をして雑巾などにしみこませて使用しましょう。

嘔吐物やトイレを清掃する際には、感染しないするため、マスクなどを着用して清掃する事が推奨されます。

使用した物はそのまま雑巾は、そのまま捨てるか、200ppm(0.02%)の次亜塩素酸ナトリウムにつけおきしましょう。

嘔吐物以外に、ドアノブや取ってなどの除菌する場合には、200ppm濃度の次亜塩素酸ナトリウムの使用すると良いでしょう。

アルコール消毒液と次亜塩素酸ナトリウムをうまく使い分けて、食中毒やウイルス感染症を予防しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク