薬ではない?!特定保健用食品トクホ(特保)は健康に良いの?!健康効果がある?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11601
トクホ(特保)というものを知っているだろうか?

トクホは健康食品につけられるものです。

トクホとよく訳されるが正式には特定保健用食品です。

トクホに認定されるとは一体どういうものなのでしょうか?

スポンサーリンク

トクホとは一体なんのなのか?

特定保健用食品(トクホ)

トクホは日本政府も認めている健康食品です。

健康効果があるらしい商品につけるものではなく、きちんと実験しデータからも健康効果が実証されたものをトクホとして認定しています。

つまり、効果が期待できるではなく、効果があるとわかってトクホに認定されるのです。

トクホは国が効果があると断定しているから信頼ができるわけです。

トクホは食品の効果を保証する制度ではありますが、トクホに認定される食品は医薬品ほどの効果はないとされています。

トクホの食品は医薬品並みの効果を期待できるものではないことを覚えておかなくてはなりません。

同じ効果がある医薬品のほうがトクホより、効果は上ということになります。

同じ効果が期待できる薬をもっているなら、トクホのほうが効果が期待できないことになります。

でもトクホにはきちんと効果があります。

トクホは1991年に導入された制度です。

平成に入ってからと考えるとあまり、歴史は古くありません。

最初のトクホは認知度が低くあまり世間一般には知られていませんでした。

そのため認知度を高めるために日本政府がヤクルト社にトクホを取得するように提案して、1998年に認可されたあたりから、トクホが少しずつ世間に知られるようになってきました。

トクホを取得するためには厳しい審査を受ける必要性があります。

トクホを取得するためには時間と費用がかなり必要なため、トクホの認可を取れそうな商品でもトクホを取得しないものもあります。

その反面、トクホはそれだけの時間と費用を必要とするため、取得しているということは効果があると実験により認められていることになります。

トクホは現在のところ、1000品目以上、認可されています。

これからも少しずつ増えていくことでしょう。

条件付き特定保健用食品(条件付きトクホ)

トクホの中には、条件付き特定保健用食品(条件付きトクホ)が存在します。

条件付きトクホは2005年に作られた、特定用保険食品まではいかないが、健康効果がある食品に与えられるものです。

トクホの認可はされないものの、有用性が確認される食品などにつけられます。

条件付きトクホはトクホより効果はないとだろうと思われます。

トクホと条件付きトクホがあるなら、トクホを選ぶべきです。

条件付きトクホもトクホと同じように取得するのに時間や費用がかかります。

費用や時間をかけてまで、トクホより、健康効果がありませんと表記するメリットがありませんので、条件付きトクホの認可をとろうと会社は少ないです。

わざわざ条件付きトクホ取得する会社も少ないので条件付きトクホを目にすることは少ないでしょう。

条件付きトクホも国が認可している健康食品ですので、ある程度の効果は期待できます。

トクホをおすすめする理由

あなたはトクホのことを気にしたことがあるだろうか?

トクホは医薬品ではありません。

トクホは薬ではないため、誰でも気軽に買うことができます。

また、トクホに選ばれる食品は、私たちがよく飲んだり食べたりするものに健康効果が付加されたものになります。

トクホは身近にある食品でありながら、健康効果も期待できるのです。

普通のコーラとご飯を一緒に食べるのより、トクホのコーラ(脂肪の吸収を抑え、脂肪を多く排出する効果がある)と一緒にご飯を食べることによって余分な脂肪をとることなく、生活習慣病の予防になります。

トクホは食後に薬を飲むといった面倒なこととは違い、食べる時や飲む時にトクホの食品に変えることで手軽に健康効果を得ることができることが魅力です。

普通の食品でなく、トクホの食品を買うというだけです。

太っている人やカルシウムが不足しているなど、人それぞれ抱えている健康問題は違いものです。

トクホも一つ一つ健康効果が違います。

トクホの健康効果とあなたの健康状態を見てトクホの食品を選ぶとよいでしょう。

あなたにあったトクホが見つかるはずです。

食品をトクホに変えることでより健康に近づけます。

トクホに変えてみませんか?

一つだけ忘れてはいけないのは、トクホは医薬品ではないため、トクホで急激に体調が改善した、病気が治るということはありません。

トクホの食品を食べることであなたの体の状態が少し改善されるというのがトクホ食品です。

トクホは補助食品だとおもって有効に使用しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク