移植することが可能な臓器とは!?状況によって提供できる臓器は大きく変化する!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

臓器移植は、臓器の問題によって生命の危機や生活に障害が発生している時に、他の人から臓器を提供してもらい、症状を回復するために行われます。

臓器移植と言われると、亡くなった方から臓器を提供してもらうイメージが強いですが、臓器移植は死体臓器移植と生体臓器移植に分けることができ

さらに死体臓器移植は脳死後臓器提供と心停止後臓器提供に分けることができます。

臓器移植は種類によって提供できる臓器に違いがあります、死体臓器移植と生体臓器移植では一体どんな違いがあるのでしょうか?

〇日本で行われる事が多い生体臓器移植

日本では、亡くなってから臓器提供を行ってくれる人が少ないため、生体臓器移植が行われる事が多くなっています。

生体臓器移植は、名前の通り生きている人から臓器を提供してもらうため、部分的に提供することが可能な臓器を移植することになります。

生体臓器移植で提供可能な臓器としては、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸があります。

小腸や肝臓は、提供後に一時的な機能の低下がみられますが、摘出されたあとに残っている組織によって自然に回復するため機能低下が少ないです。

対して、肺、腎臓、膵臓は摘出するほど、臓器が小さくなるためドナーの臓器機能が低下する事が知られています。

また、肺は1人が提供する臓器が小さいため、2人のドナーを必要とする場合が多い事も知られています。

稀ではありますが、臓器を提供した人が、術後に体調が悪化して死亡する事があります。

生体臓器移植は、移植できない臓器がある事や、臓器提供者にリスクがある臓器提供となっています。

対して、死体臓器提供の場合は、すでに臓器提供が亡くなっているため、臓器提供者の危険性は無く、臓器をそのまま移植することができるのです。

では脳死後提供と心停止後提供には一体どんな違いがあるのでしょうか?

〇脳死後提供と心停止後提供の違いとは?

死体臓器提供には、脳死後提供と心停止後提供が存在し、提供する事が可能な臓器は大きく異なります。

心停止後提供の場合は生体臓移植よりも提供可能な臓器は少なく、膵臓と腎臓の提供となります。

これは、心停止することによって血液循環が止まってしまうことで、急速に臓器機能が低下して臓器移植が難しくなるためです。

対して脳死後提供の場合は、生命維持装置によって心臓が動いているため、心臓、肺、肝臓、膵臓、腎臓、小腸といった多くの臓器を移植することが可能になります。

脳死は脳幹を含む脳機能が回復する事が不可能な状態まで低下してしまった状態であり、生命維持装置などで心臓は動いていても、意識の回復の見込みはありません。

そのため、脳死と医師が判別すれば死と判別して臓器移植を行うことが可能なのですが、日本人は心停止が人の死という感覚が強いため、脳死で臓器提供が行われる事は少ないです。

また、亡くなってから体を切られるのは嫌だという人や、亡くなった家族の体を切ってほしくないという人も多いため、死体臓器提供が少ない事が知られています。

私の周りにも死後、臓器を提供しても良いと考える人はいますが、心停止後ならという人が多いです。

単に臓器移植といっても、移植を行う状況によって提供する事が可能が臓器の種類が大きく変わってくるのです。

日本では、脳死後に臓器を提供してくれる人が非常に少なく多くの人が臓器移植を待っている状態です。

現在は免許証でも臓器移植の意思表示が可能となっています、人を助けたいと考えている人は臓器提供の意思表示を行ってみては?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク