自転車が乗る人はヘルメットを着用しましょう!大幅に死亡率を低下させることができる!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘルメットは事故などを起こした時に、頭部を保護するために着用した方が良い事は誰もが知っているでしょう。

しかしながら、自転車に乗っている人でヘルメットをかぶっている人は少なく、ヘルメットの着用率は非常に低くなっています。

ヘルメットをかぶるのはなんだかダサい、格好が悪いと思っている人もいますが、ヘルメットをかぶるだけで事故が起きた時の死亡率を大幅に下げることができるのです。

自転車の乗車中のヘルメットの着用率は低くなっていますが、自転車に乗る時にヘルメットを着用する事は非常に重要な事です。

ヘルメットを着用すれば、事故してしまった時の死亡率を大幅に減少させることができます。

〇頭部外傷の危険性を知ろう!

自転車の死亡事故のうち、頭部外傷が死亡の原因になっている物は全体の3分の2にあたります。

つまり、自転車の死亡事故のほとんどは頭部をケガすることによって発生しており、ヘルメットをかぶって頭部を保護すれば多くの死亡事故を減少させる事が出来るとされています。

また、頭部は他の外傷に比べて怪我をした時の死亡率が高い事も知られており、自転車を利用する上で頭部を保護する事は非常に大切な事です。

さらに、死亡はしなかった場合でも頭部外傷による後遺症が残ってしまう事も多く、ヘルメットをかぶれ場、死亡事故を減らすことができるだけでなく、事故に巻き込まれてしまった場合に発生する後遺症を予防することにもつながります。

法律上、自転車を乗車にヘルメットをかぶる必要性はありませんが、ヘルメットをかぶるのは安全性を考えると非常に大切な事です。

お子さんが自転車を乗って遊びに出かけるという家庭では、ヘルメットをかぶって出かけるように呼び掛けることをおすすめします。

〇ヘルメットの着用で死亡率がどれほど減少するの?

ヘルメットで頭部外傷による死亡率を減少させる事はわかりましたが、一体どれほどの効果が期待できるか気になるでしょう。

自動車によって発生した事故で、ヘルメットをかぶっている人と、ヘルメットをかぶっていない人の死亡率は4倍もの開きがあることがある事がわかっています。

つまり、自転車を乗車している時にヘルメットをかぶっているだけで、死亡率を4分の1に減少させることができるというわけです。

自分は無茶な運転はしないから大丈夫と思っている人もいますが、地面がぬかるんでいて事故したり、突然車が突っ込んでくるという事故もあります。

また、ヘルメットをかぶる際には、きちっと顎の紐は絞めるようにしてください。

ヘルメットをかぶっていても事故時にヘルメットを外れた場合には、多少は死亡率は下がりますが、ヘルメットを着用していない値に近い死亡率となります。

ただ、ヘルメットは頭に乗っけておけばよいという物ではありません、安全性を向上させるには、ヘルメットをきちんと絞めることが大切です。

ヘルメットは子どもがかぶる物というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、大人もヘルメットをかぶる事は大切です。

大人がヘルメットをかぶれは子どももヘルメットをかぶるように指導しやすいですし、自転車の死亡事故を減らすことができます。

日本では交通事故の発生率は減少傾向にありますが、自転車による事故は他の交通事故に比べて減少率が低いと言われています。

ヘルメットをかぶって交通事故を減少させる努力を一緒にしていきませんか?

〇特に中高生はヘルメットを着用した方が良い!

自転車の死亡率が最も高いのが中学生や高校生であり、中高生は特にヘルメットの着用を心がけた方が良いでしょう。

小学生の時は、ヘルメットをかぶっていたけど、中学生になってからヘルメットをかぶる止める子どもも多いです。

しかし、中学生や高校生は、自転車通学などで自転車に乗車する割合が高くなるため、他の年代の人に比べて自転車による死亡事故の割合が高くなっています。

大人になり始めて、交通ルールもわかるようになるから大丈夫と思っていませんか?

中高生は小学生よりも、交通事故で死亡する確率が高くヘルメットの重要性は高くなっていますよ。

また、中高生の中には調子にのって事故を起こしてしまうケースもあるため、ヘルメットをかぶるように徹底した方が良いです。

周りにヘルメットをかぶっている人は少ないかもしれませんが、ヘルメットをかぶることで安全性が高くなる理解しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク