加熱式タバコは無害ではない!長期的に利用すれば脳卒中といった病気の原因になる!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タバコは人体にとって悪影響となる物質が含まれている事が知られており、肺がんや舌がん、タバコ病(COPD)、脳卒中といった病気の原因になることが知られています。

そこで注目されているのが、健康に影響が少ないと言われている加熱式タバコです。

日本でも加熱式タバコが注目を集めており、街中でも加熱式タバコを吸っている人を見かける人が多くなったと感じます。

私の知り合いにも、健康のために加熱式タバコを始めたという人がいます。

健康のために加熱式タバコを始める人は多いですが、加熱式タバコにすれば健康の影響が無いというわけではありませんよ。

〇健康への影響が全くないわけではない

健康への影響が少ないとして注目を集めている加熱式タバコですが、健康への影響が無いというわけではありません。

日本禁煙学会や、日本呼吸器学会では、加熱式タバコも体に悪いといっており、健康への悪影響はあると考えられます。

加熱式たばこにしても、肺がんや舌がん、タバコ病、脳卒中といった病気の危険性は、タバコを吸わない人よりも高いと考えた方良いでしょう。

通常の紙巻タバコと比べると主流煙に含まれている少なくなっている有害物質もあるため、タバコよりも健康への影響は少なくなっている可能性は高いですが、少なくなっただけで有害物質は含まれています。

また、含まれている有害物質の種類によっては、通常の紙タバコよりも加熱式タバコの方が増えている場合もあります。

加熱式タバコも血管内皮機能低下させるという研究結果もあり、血管内皮機能が低下すると脳卒中や心筋梗塞といった病気を発症する危険性が高まります。

また、現段階では通常のタバコと加熱式タバコでどれほど健康への影響の差が出てくるのか、わかっていません。

長期に利用した場合の健康への影響もわかっていないことが多く、加熱式したから大丈夫と安心するのは良くありません。

〇呼気から有害物質が出ている!?

電子タバコからは、煙が出ないため受動喫煙の危険性は無く、どこでも気軽に吸うことができるという人もいます。

ただし、タバコの有害物質は煙から出るだけでなく、タバコを吸った後の呼気からも有害物質が出ています。

加熱式タバコを吸った後、すぐに子どもと遊んだりすると、子どもが有害物質を吸いこんでしまいます。

加熱式タバコなら、周りに人が吸っても良いという意見も聞きますが、加熱式タバコなら周り人に全く被害がないというわけではありません。

加熱式タバコで合っても、通常のタバコと同様に、周りで座れると嫌という人も多いです。

副流煙が出ていないことを考えると、通常のタバコを人の周りで吸うよりも影響は少ないと考えらえます。

ただ、加熱式タバコであっても悪影響を与える可能性があることを理解して、喫煙時は配慮擦ることをおすすめします。

加熱式タバコにすると、自分や周りの人への健康への影響が少なくなると言われています。

しかし、全く健康への影響が無くななるというわけではないことを、覚えておいた方良いでしょう。

最も健康に良い事は、タバコを止めることです、タバコはガンや循環器疾患の原因になりますので、禁煙することをおすすめします。

〇加熱式だからこその有害物質が発生する?

加熱式タバコは通常のタバコとは違い、火を使用して燃焼させていないので有害物質が少ないと言われていますが、加熱方法の違いによって通常のタバコとは違った有害物質が発生する可能性があると考えれます。

また、味を良くするために、通常の紙タバコには使用されていないリキッド成分が含まれているおり、このリキッド成分が発がん性物質となる可能性も否定できません。

通常のタバコよりも抑えられていている有害物質がある反面、通常のタバコよりも多くなってしまう有害物質や、発生していなかった有害物質を吸引している可能性があります。

加熱式タバコは健康への影響が少ないと言われていますが、健康への影響があるという事を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク