加齢臭が発生するメカニズムとは!?加齢臭は男女ともに発生する!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代や50代当たりから気になってくるのが、加齢臭ですよね。

加齢臭は青臭い、ロウソクのようなにおい、古本の匂いともいわれ、40代あたりから加齢臭がするようになると言われます。

特に首周りから加齢臭がしやすい事が知られており、首から臭いがする、枕が臭くなったという理由で加齢臭に気づく人も多いです。

なぜ、加齢臭が発生してしまうのでしょうか、加齢臭が発生するメカニズムを知りましょう。

〇加齢臭が発生するメカニズムとは!?

加齢臭が発生してしまうのは、加齢とともに皮脂腺からの分泌が増える9-ヘキサデセン酸が原因とされています。

この9-ヘキサデセン酸が脂肪酸とくっついて酸化したり、雑菌によって分解されたりすると加齢臭の原因になるノネナール発生してします。

加齢臭の原因になるノネナールと汗に含まれるアンモニウムや酢酸などの成分が混ざることによって、加齢臭の独特な臭いになるのです。

臭いの強さは、生活習慣や体質によって違いはあるのですが、40歳を過ぎてくると男女ともに加齢臭が発生すると言われており、加齢臭を全く発生せないというのは難しいです。

年齢が上がる連れて臭いが強くなることも多く、30代から加齢臭を感じるようになる人もいます。

加齢臭は年齢を重ねれば誰でも発生するようになりますが、生活習慣などの改善をすることによって、加齢臭の原因となる物質の分泌を低下させて臭いを抑えることは可能です。

生活習慣が悪いと、加齢臭が強くなり易く、若いうちから加齢臭に悩まされることもあるようです。

〇男性の加齢臭が強くなり易い理由!

加齢臭というと中高年の男性の臭いというイメージが強いですが、男性だけではなく女性にも発生する事がわかっています。

加齢臭といえば男性と言われるのは、男性の皮脂腺が発達していることが多いため、9-ヘキサデセン酸の分泌量が多く、加齢臭の臭いが出やすいためです。

また、女性ホルモンには加齢臭の発生を抑える作用があるため、女性は男性よりも加齢臭が出にくい事も理由の一つです。

男性は40代から加齢臭を感じるようになりますが、一般的に女性は、女性ホルモンの分泌が少なくなる閉経後に加齢臭が強くなる事が知られています。

そのため、女性は50代、60代から加齢臭が感じるようになる人が多く、男性よりも加齢臭を感じるようになる年齢は遅いと言われています。

加齢臭と言えば、男性のイメージがあるかもしれませんが、女性も加齢臭を発生させることを覚えておきましょう。

さらに、男性の加齢臭が強くなり易い理由として、喫煙の高さがあります。

喫煙がどのように加齢臭を強くするのかメカニズムはわかっていませんが、一般的にタバコを吸っている人の加齢臭は強いと言われています。

加齢臭を抑えたいと考えているなら、禁煙を始めた方が良く、喫煙をしている人は若いうちから加齢臭がするようになると言われることもあります。

女性も喫煙をしていると、加齢臭が強くなりやすいので、喫煙をしている人は加齢臭を予防するために禁煙を始めましょう。

〇加齢臭を予防するためにはどうすれば良いの?

加齢臭は加齢ともに誰にでも発生する物ではありますが、生活習慣や体質を改善することによって臭いを抑えることが可能です。

加齢臭の原因の一つとなる脂肪酸は、お肉などの脂の多い食生活をしていると、皮膚から発生しやすくなります。

お肉を食べてはいけないと言っているわけではありませんが、揚げ物や肉類ばかりを食べるのは加齢臭が強くなる原因の一つです。

また、運動不足も脂汗をかきやすくなってしまう原因の一つであり、加齢臭を予防したい人は、日頃から運動した方が良いですよ。

さらに、皮膚を清潔に保つことも加齢臭を予防するためには重要なことで、首回りや髪の毛をしっかり洗い、加齢臭の原因となる、9-ヘキサデセン酸や脂肪酸を洗い流す事で臭いを抑えることができます。

汗拭きシート等を使用して、汚れや汗を拭きとる事も、加齢臭の予防になりますので、加齢臭が気になる人は、汗拭きシートや汗拭きタオルを持っておきましょう。

加齢臭は誰でも発生してしまいますので、加齢臭が気になる人は加齢臭が発生しにくい生活習慣と、加齢臭の原因をふき取るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク