プリン体が体に悪いと言われる理由とは?プリン体は体に必要な栄養素!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痛風の原因になることが知られているプリン体は、どのようにして痛風の原因になるか知っているでしょうか?

痛風は男性に発生しやすいことが知られており、日頃からプリン体をさけているという人もいるのではないでしょうか?

痛風を予防したいと考えている人は、プリン体が一体どういう物質なのか知っておくと良いかもしれません。

〇プリン体が体に悪いと言われる理由は?

プリン体は、食事に含まれる物というイメージがありますが、食事だけではなく肝臓から作り出されることもある栄養素であり、人が生きていく上で必ず必要な栄養素でもあります。

体内では、細胞の中で非常に重要な核酸の中に含まれていたり、エネルギーを生み出すためにATPに利用されていたりします。

意外にもプリン体は必要な栄養素であり、体に悪影響をもたらすための物質ではないのです。

また、食品に含まれているプリン体はうまみ成分でもあるため、プリン体が含まれることによって食材がよりおいしくなっているのです。

そんなプリン体が、体に悪いと言われるのは、プリン体を分解する際に発生してしまう尿酸が痛風の原因になってしまうためです。

尿酸は誰での体にも存在していますが、血中の尿酸の濃度が高くなると体の中で尿酸が結晶かしやすくなります。

血中の尿酸値が高くなってしまう症状のことを、高尿酸血症といい痛風の原因になる症状です。

尿酸の結晶は関節部にでき、何らかの拍子に関節に付着した結晶が剥がれ落ちると、免疫機能が異物と判断して、関節部で炎症を起こします。

この関節で発生する炎症の事を痛風発作と言い、痛風の痛みは非常に強く、風邪がふくだけでも痛いと言われ、痛風の痛みで歩けないという人もいます。

〇ビールとプリン体は関係

そんあ痛風の原因になることで知られているプリン体ですが、プリン体を多く含む食品として最初に挙げられるのがビールです。

ただ、最近では「プリン体○○%カット」などの記載があるビールも増えてきてました。

ビールはプリン体が多く含まれるように言われることもありますが、意外にもビールに含まれるプリン体はそれほど多くありません。

大量に飲酒をすれば問題となりますが、ビール1缶よりも、実は牛肉や豚肉100gの方がプリン体の量は多いのです。

それでも、ビールが悪いという言われるのは、プリン体ではなく、アルコールが痛風の原因となるためなのです。

アルコール飲料は、体内で作られる尿酸の量を増やしてしまう作用があるため、アルコール飲料はプリン体の量に関係なく、痛風の人は控えた方が良い飲み物です。

アルコール飲料中でもビールが悪いと言われることが多いのは、アルコール飲料の中でも飲み頻度が高い事や、アルコール飲料の中でプリン体が含まれる量が多いためです。

そのため、プリン体の量が少ないので焼酎なら大丈夫、プリン体が含まれていないから大丈夫という事はありません。

痛風の事を考えるなら、アルコールが含まれていない、ノンアルコールビールを飲むようにしましょう。

また、ビールだけでなく、暴飲暴食はさけ、バランスの良い食生活を心がけることで、尿酸値を減らすことができると言われています。

〇なんで女性は痛風を発症しにくいの?

痛風を発症してしまう9割が男性であり、女性で痛風を発症している人はそれほど多くありません。

これは、女性ホルモンの影響によって、血中の尿酸値が元々低く、尿酸値が高くなっても痛風を起こすほど尿酸値が高くなりにくいのが理由の一つです。

また、女性は男性に比べて飲酒の頻度が低いことも、尿酸値が上がりにくい理由の一つになります。

ただし、女性であっても暴飲暴食、日常的な飲酒を続けていれば、痛風を発症してしまうことがありますので、規則正しい生活を心がけることは大切です。

また、女性は女性ホルモンの影響で痛風を発症しにくくなっているため、更年期に入り女性ホルモンの分泌量が減少すると痛風を発症しやすくなります。

女性だから大丈夫と安心していると、更年期を過ぎてから急に痛風を発症することもありますので注意が必要です。

現在、痛風や高尿酸血症を発症していない人でも、飲酒はほどほどにして、食べ過ぎないようにしましょう。

飲酒は食べすぎは、痛風だけではなく、糖尿病や脂質異常症、脂肪肝といった病気の原因になる事もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク