根本が黒い白髪と毛先が白い白髪って何が違うの?白髪は回復することがある!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛が白髪が増えてくると嫌になりますよね、私は遺伝的に白髪になりやすく白髪が増えてくるのを見ると嫌になります。

そんな見ると嫌になる白髪、稀に根元が黒い白髪、毛先が黒い白髪といった中途半端な白髪を見つけることがありませんか?

私も部屋の掃除をしていると落ちている髪の毛が、中途半端な白髪を見つけることがあります。

この中途半端な白髪は、いったいどんな違いがあるのでしょうか?

○髪の毛が黒いメカニズムを知っておきましょう!

どうして白髪が発生するのか知るためには、髪の毛が黒くなるメカニズムを知ることが重要になります。

私たちの髪の毛は毎日のように作られていますが、髪の毛を黒くしてくれているのは毛根に含まれているメラノサイトといわれる細胞の働きによるものです。

メラノサイトが作りだすメラニン色素と言われる黒い色素が髪の毛に含まれることによって髪の毛が黒くなっているのです。

つまり、白髪発生したというのは毛根に含まれているメラノサイトが働いていないということです。

また、海外の方では髪の毛が金髪や茶髪の人がいますが、これは日本人よりもメラノサイトの働きが弱いためです。

白髪が発生する原因は、老化、遺伝、ストレス、栄養不足などがありますが、老化や遺伝によって発生する白髪は、一度白髪になってしまうと、黒髪に戻ることがないと言われています。

対して、ストレスや栄養不足になることで発生してしまう白髪は黒髪に戻ることがあるのです。

根元が黒い白髪や根元が白い白髪はストレスや栄養不足が関係している可能性が高い白髪になります。

○根元が黒いのは回復している証!

髪の毛の色は毛根の中で決まっており、すでに毛根から出てしまった髪の毛が自然に変色するということはありません。

色が変わるとすれば新しく伸びてくる部分か、髪の毛が抜けて生え変わった場合です。

そのことから、毛先が白髪なのに根元が黒いというのは、途中からメラノサイトが働くようになり、毛根の状態が良くなったと考えられます。

根元が黒い白髪を多く見つけるという人は、ストレスを予防し栄養管理をしっかり行えば、黒い髪の毛が取り戻せるかもしれませんね。

また、白髪あると気になりますが、注意したいのが白髪を抜いてしまうことです。

根元が黒い白髪というのは、メラノサイトの調子が改善している白髪ですが、毛を抜いてしまうと毛根にダメージが与えられて、新しく生えている髪の毛が白髪になりやすくなると言われています。

せっかく、黒髪を取り戻したのに、白髪増える原因にもなりますので、白髪を見つけた場合は、抜くのではなく切って取り除くことをおすすめします。

ストレスを感じると1日で髪の毛が真っ白になったという話を聞くことがありますが、伸びて毛先から出た髪の毛は自然には変色しませんので、1日で白髪まみれになることはありません。

ただし、ストレスを感じて新しく伸びる髪の毛や、生え変わる髪の毛が白髪になれば数か月で急激に白髪増えたように見えることがあります。

急激に白髪増えるというのはあまり良くありません、白髪急に増えたというのは、ストレスを完全して症状を改善するためにも、早めに心療内科などに受診することをお勧めします。

○根元が白いのは毛根の状態が悪い!?

毛先が黒くかったのに、毛先を見ると白い髪の毛を見かけることがありますが、これはメラノサイトの働きが悪くなっています。

原因を特定するのは、難しいですがストレスや栄養バランスが崩れることで、髪の毛が途中が白髪になることがあります。

もし、急に根元が白い髪の毛が増えたという人は、ストレスがかかっていた、栄養バランスが崩れたという可能性があります。

自分ではストレスを感じていないように見えても、ストレスを感じて白髪増えるということもありあります。

ストレスによって発生した白髪は改善する場合がありますので、急に白髪増えたという人は、白髪増えてしまう原因は探り改善しましょう。

一度白髪になってしまうと、散髪したり生え変わるまで白い部分は残りますが、改善することはできます。

白髪が急に増えたと感じることはありませんか?急に増えた場合にはストレスが原因かもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク