精神科と心療内科は一体どう違うの?どちらに受診しても問題がない!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

精神科と心療内科はどんな病気や症状を治療してくれるイメージがあるでしょうか?

どちらもうつ病やなどの精神的な病気を診察してくれる病院というイメージがありますよね。

ただ、精神科と心療内科の違いが分からないという人も多く、「なぜ診療科目がわかれているの?」と思ったことがある人も多いはずです。

精神科と心療内科は、よく似ている診療科目ではありますが、実は少し違いがあったのです。

〇精神科と心療内科の違いとは!?

一般的な認識としては、精神科も心療内科も精神的な病気を診察してもらう場所というイメージがあります。

似ている診療科目ではありますが、実は少し違う診療科であり、精神科はうつ病や強迫性障害、双極性障害と言った精神的な影響などによって発症してしまう病気や、精神症状が出る病気を診察するためにあります。

対して、心療内科はストレスなどの精神的な影響によって発生する腹痛、頭痛、不眠症と言った精神的な影響や、ストレスによって発生する症状を内科的に診察・治療をするための診療科になります。

そのため、精神科はうつ病や自律神経失調症、双極性障害、認知症、摂食障害といった精神的な病気が疑われる場合や、不安やイライラ、情緒不安定、抑うつ状態といった精神症状がある場合に受診すると適しています。

心療内科は腹痛や頭痛、不眠症といった内科的な症状に悩まされている場合に受診するのが適しています。

また、一般内科に受診しても原因がわからない症状でている場合、ストレスが原因で発生している事があります。

このように、他の診療科目で受診しても体に特に異常が見当たらない場合も心療内科の受診が勧められることがあります。

精神科と心療内科は非常に良く似ていますが、少し違う心療内科だったのです。

どちらに受診すべきか迷っていて人は、自分の症状から判断して受診すると良いかもしれませんね。

〇どちらに受診しても問題ありません

精神科と心療内科は非常に良くにており、自分がどちらの病院に受診した方が良く分からないという人もいるでしょう。

一般の人のイメージとしては、精神科よりも心療内科の方が受診しやすいため、あえて精神科と心療内科の両方の診療科目を掲げている病院も多くなってきていますし、通いやすそうな心療内科を受診したいと思っている人も多いです。

また、心療内科と精神科の境も曖昧になってきており、どちらの診療科目の症状であっても対応してくれる病院が多いです。

自分の症状をみてどちらに受診した方がよいのかわかる場合は、適した診療科目に受診した方が良いですが、どちらでも診察してもらえますので、自分が受診したい、通いやすそうと感じる病院に受診すると良いでしょう。

精神科や心療内科に受診する人の多くはストレスによって症状が出ているので、ストレスに感じる病院よりも、安心感がある病院を選ぶことは非常に大切な事です。

精神科においては、医師も薬といわれており、信頼できる医師の元で治療をうけることで、ストレスの軽減につながり、症状が改善しやすくなると言われています。

また、必要であれば他の病院の紹介状を書いてもらう事も可能なので、どちらに受診しても間違っているという事はありません。

病院の雰囲気や、診療科目、口コミ、自宅の距離などを参考して、通い続けることが出来そうという病院に受診することが大切です。

もし、どうしても診察する意思と相性が合わないという場合には、病院をかえても問題ありません。

精神的な影響がある病気の治療には、医師の相性も大切です。ただし、一度の診察で判断するのではなく、何度が受診してそれでも合わないと思った時に病院を変更すると良いでしょう。

精神科はどうしても暗いイメージがありますが、先生は患者に寄り添う優しい先生ばかりです。

はじめての受診だと不安に感じることもありますが、優しい医師が待っていますので、気になる症状がある場合は悩まずに受診しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク