グルテンフリーが健康に良いって本当なの?グルテンフリーを知りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康になりたい人の注目を集めている食事方法に「グルテンフリー」があります。

私の友人にも、グルテンフリーを始めてみようかなと考えている人がいます。

名前は聞いた事はあるけど、グルテンフリーがどういう物なのかよく知らないという人も多いのではないでしょうか?

健康に良さそうなら、グルテンフリーを始めてみたいというは多いでしょう。

グルテンフリーとはどういう目的のための食事なのでしょうか?

〇グルテンフリーとは

グルテンフリーのグルテンは、小麦などに含まれるタンパク質のグルテニンとグリアジンが水を吸収することで、網目状に繋がってできるタンパク質です。

小麦に水を混ぜて練ると、モチモチと手触りになるのは、グルテンが生成されるためです。

このグルテンは、パンなどの食品をモチモチさせるために利用されることも多いですが、食物アレルギーの原因としても知られている物質です。

また、グルテンを消化する際に免疫が反応して、小腸で炎症が起きてしまうセリアック症という病気もあります。

このように、小麦アレルギーやセリアック症といったグルテンを摂取できない人のために作られて食品のことをグルテンフリーというのです。

また、日本では、小麦に対しての特定原材料としてアレルギー表記をする必要性はありますが、グルテンが含まれているかどうか表記する必要性はありません。

そのため、小麦と同様にグルテンが含まれている、ライ麦や大麦は表記する必要性がなく、小麦は含まれているいないけどライ麦や大麦が含まれたいたという事があります。

対して、グルテンフリーと書かれている場合は、グルテンが含まれている食品は使われていないので、小麦以外のグルテンが含まれている食品も使っていないので、アレルギーがある人や、セリアック症の人でも食べることができます。

つまり、グルテンフリーはもともと健康を目的とするために作られた食事方法ではないという事です。

そんな、グルテンを摂取できない人のために作られたグルテンフリーが健康に良いというのはどういうことなのでしょうか?

〇なぜグルテンフリーは体に良いと言われるの?

グルテンフリーは小麦アレルギーやセリアック症などの、グルテンが含まれている食品が食べられない人のために、考えられた食事でした。

しかし、グルテンフリーの食事を続けて健康的になったというアスリートや、海外の有名女優などから注目を集めて、一般の人もグルテンフリーを求める人が多くなってきました。

実際に、グルテンフリーを始めて、肌のツヤが出た、朝の目覚めが良くなった、胃腸の調子が改善した、ダイエットできたという話も聞きます。

そういった口コミや、インターネットの情報から、グルテンフリーを始める人が増えてきているのです。

また、グルテン過敏症と言われる、アレルギーやセリアック症ではないが、グルテン摂取することで、体に症状が出てしまうという人もおり、グルテン過敏症の人は、グルテンフリーにすることで、消化器不調、肌荒れなどが改善する場合があるようです。

このように、グルテンフリーを始めることで、健康に良いという話を耳にする事はありますが、実際にグルテンフリーが健康に良いという実験結果があるわけではありません。

小麦アレルギーが無い人が食べても、全く健康状態に変化を感じられないという事もあるでしょう。

さらに、減量に成功した理由はグルテンの摂取量が減ったためではなく、グルテンフリーを進めることで、結果的に炭水化物の摂取量が少なくなり減量できた可能性も否定できません。

ただ、結果的でも減量できて健康になったと考えると、グルテンフリーに効果があったと言えるかもしれませんね。

グルテンフリーは小麦粉を使用できないので、麺類が好きな人にとっては続けることが大変です。

米粉などの代用品を使用しますが、小麦粉とは触感や風味などに違いが出てしまう事もあります。

グルテンフリーを試してみて、続けることが出来そう、健康状態が良くなっていると感じる場合は、グルテンフリーを続けてみると良いかもしれませんね。

あなたは、グルテンフリーを始めてみたいと思ったでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク