ジェネリック医薬品はなぜ安く販売できるの?品質が低かったりするの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬局などでジェネリック医薬品が安くておすすめですと言われた経験はありませんか?

また、ネット広告や、TVのCMなどでも、ジェネリック医薬品を見かけることもあり、ジェネリックの事が気になっているという人も多いでしょう。

同じ薬なのに安いと言われると、どうして安く販売できるの?質が低いのではないか?と心配になる人もいるでしょう。

うまい話には裏があるという諺もありますからね、私もうまい話を聞くと裏があるのでは疑ってしまいます。

普通に処方される薬と、ジェネリック医薬品は一体どこが違うのでしょうか?

〇ジェネリック医薬品とは何なのか?

同じ薬なのに安く販売できると言われると不安になり、「劣悪な環境で大量生産しているんじゃないの?」と思ってしまう人もいるかもしれません。

心配になるかもしれませんが、そんな事は無くジェネリック医薬品も、普通の薬も、きちんと試験を受けて安全性が確かめられ、衛生管理がしっかりした場所で製造されています。

薬の管理については、普通の薬も、ジェネリック医薬品も変わらず安全と言えるでしょう。では一体どこが違うのでしょうか?

ジェネリック医薬品というのは、「後発医薬品」のことで、同じ成分の一般的な薬(先発医薬品)の後に作られた薬です。

薬には特許がありますので、新しい薬が出来ても別の会社がすぐに同じ成分で安い薬を販売することはできません。

そして、特許がきれると別の製薬会社も同じ成分の薬が作ることができるようになり、そこで作れた薬がジェネリック医薬品となり、先発医薬品よりも安い価格で販売されるのです。

ジェネリック医薬品も先発医薬品も薬に含まれる成分や、成分の量は同じであり、ほんとんど同じ薬です。

変更することができるのは、薬の形や色、味、添加物であり、薬の成分には違いはないのです。

安いから心配になるかもしれませんが、劣悪な製造環境や、成分が違うといった心配は全くありません。

〇なぜ安く販売できるの?

薬を開発するためには、多くの費用がかかるため、新薬は多くの開発費がかかっており、その分だけ薬の価格が高くなります。

対して、ジェネリック医薬品は、すでに作成されていた薬の特許がきれて、同じ薬を販売するので、開発費は安く済みます。

また、同じ成分の薬を販売するのに、先発医薬品と同じ価格では売れませんので、薬の価格を下げて販売されます。

さらに先発薬品が価格を下げたらジェネリック薬品はそれよりも価格を下げて販売されるので、ジェネリック医薬品は安く販売されるのです。

価格競争を続けてくれたら、消費者としてはうれしいですが、安くなるとどちらの会社にも不利益となるので、先発薬は高く、ジェネリック医薬品は安いという環境になっています。

ジェネリック医薬品は開発費も安いし、安くしないと売れないので安くなっていたのです。

〇ジェネリック医薬品に問題はあるの?

ジェネリック医薬品も、先発医薬品も薬となる成分は同じであり、同じ効果があります。

ただし、ジェネリック医薬品は先発薬とは違う形や、違う添加物が加えられて製法に違いがある場合があります。

これは、薬の成分の特許と薬の作る方法の特許が違うので、成分のみ特許が切れて開発した場合に薬の製法の違いでたり、先発薬よりも飲みやすくするために形が変えられている場合があります。

薬の成分は同じですが、薬の形や添加物の違いによって、薬の溶け方に違いが出て作用に若干の違いが出るという医師もいます。

また、ジェネリック医薬品に変えて薬の効き目が弱くなったように感じるという人も稀にいるようです。

ジェネリック医薬品の問題点をあげるとすれば、効き目に違いがでる可能性があるという所でしょう。

逆に、ジェネリック医薬品の方が効き目が良い気がする、飲みやすいという場合もあり、どっちもどっちだと思います。

個人的にはどちらにも同様の成分が含まれているので気にしませんが、こだわりがある、ジェネリックの方が効きにくいと感じる場合は先発医薬品を選ぶのも良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク