妊娠糖尿病って一体どんな病気なの?胎児に与えてしまう悪影響とは!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人は妊娠すると血糖値が高くなり易くなり、「妊娠糖尿病」を発症することがあります。

糖尿病は非常に恐ろしい生活習慣病として知られているので、妊娠糖尿病と診断されると怖いですが、実は妊婦の10%前後が妊娠糖尿病として診断されると言われています。

そのため、決して妊娠糖尿病は稀に発生する症状というわけではなく、多くの妊婦が経験しています。

また、妊娠前に血糖値が高い人がなるというわけではなく、血糖値が正常値である人に発症する病気です。

ただし、肥満体系や、高齢妊娠、家族に糖尿病歴がある人は発症しやすいので、注意が必要となります。

妊娠糖尿病とは一体どんな病気で、どんな危険性がある物なのでしょうか?

〇妊娠すると糖尿病になってしまう理由は?

人は妊娠するとお腹の中で赤ちゃんを育てるための環境を作るために、多くのホルモンが分泌されます。

このホルモンの中には、糖代謝に必要なインスリンの働きを抑えてしまう作用がある物があり、妊娠するとどうしても血糖値が高くなり易くなります。

このインスリンの働きが抑える作用が強く出てしまう事で、血糖値が正常値を超えて、妊娠糖尿病を発症してしまう事になります。

妊娠糖尿病は、胎児や母体に悪影響を及ぼしてしまう恐れもありますので、妊娠初期からスクリーニング検査を行い、血糖値が適正範囲かどうか検査する必要性があります。

また、妊娠がすすむほどインスリンの抑制する作用が強くなっていくため、妊娠初期では血糖値が正常値で合っても、妊娠中期から妊娠糖尿病になることがあります。

そのため、妊娠初期に妊娠糖尿病出なかった人でも、妊娠中期に再度スクリーニング検査を受ける事が重要になります。

妊娠によってホルモンバンスが変化するため、どうしても妊娠中に妊娠糖尿病を発症してしまう可能性は高くなっています。

妊娠糖尿病と効くと恐ろしいですが、誰にでも発症する可能性はあり、治療によって血糖値はコントロールできますので、早期に発見して、しっかり医師と相談して治療を始めることが大切になります。

妊娠糖尿病を発症した人でも、多くの人は血糖値をしっかりコントロールして、元気な赤ちゃんを産んでいます。

〇妊娠糖尿病には一体どんな問題があるの?

妊娠糖尿病を改善しないと、母体と胎児と共にそれなりの悪影響が出てしまいます。

母体への影響では、妊娠高血圧症候群や早産、羊水過多を起こしやすくなり、帝王切開を必要になる可能性が高くなります。

また、妊娠糖尿病を発症した妊婦は出産後に血糖値が正常値に戻りますが、その後に糖尿病を発症危険性が高いことが知られています。

出産後も、食事のバランスを考えたり、日常的に運動をするなど、糖尿病にならないための生活習慣が大切になります。

妊娠糖尿病による胎児の影響は、巨大児や奇形児、子宮内胎死亡などの危険性高くなり、出産後にも新生児低血糖や呼吸器障害などの危険性があります。

このように、妊娠糖尿病は母体と胎児の双方に悪影響を及ぼす危険性がありますので、早期に発見して治療をおこなうことに大切になるのです。

妊娠糖尿病と診断された場合には、しっかりと医師の話をきいて血糖値をコントロールしてくださいね。

・妊娠前の糖尿病はより危険性高い!?

妊娠糖尿病は妊娠中に血糖値が高くなることに発症する症状ですが、妊娠前から糖尿病の場合はより危険性が高いです。

妊娠前から糖尿病の場合は、妊娠糖尿病ではなく、糖尿病合併妊娠と言われ、事前の準備が非常に重要になります。

妊娠初期は、胎児の臓器の作られている大切な時期であり、この時に高血糖状態が続いてしまうと、胎児の臓器に悪影響を及ぼし奇形児が生まれてくる可能性が高くなります。

そのほかにも、妊娠糖尿病と同様に巨大児や子宮内死亡、早産、新生児低血糖などの危険性がありますので、妊娠初期から血糖値をコントロールする必要性があります。

糖尿病で妊娠を考えている人、糖尿病で妊娠をした人は、しっかりと医師に相談をして、元気な赤ちゃんを産むための準備をしてください。

〇妊娠糖尿病の血糖値コントロール

妊娠糖尿病が発覚した場合には、胎児に悪影響が出ないように、食事によって血糖値をコントロール必要性があります。

1日の摂取するカロリーを制限したり、急激に血糖値が上がらないようにするために、1日の食事を数回に分けたりすることが必要になります。

また、糖尿病では運動が重要とされていますが、妊娠中は無理な運動をしないように注意してください。

ただし、全く動かないというのは、体に良くないので無理しない程度に、軽い運動を行うようにしましょう。

食事療法によって血糖値がコントロールすることができない場合は、糖尿病と同様にインスリン治療を行うこともあります。

インスリン注射というと怖いですし、赤ちゃんに影響が出てしまうのでは心配になるかもしれませんが、最近のインスリン注射はあまり痛くありません。

また、インスリンは胎盤を通して、赤ちゃんに向かう事は無いとされており、インスリン注射による赤ちゃんの影響は基本的に心配ないでしょう。

インスリン注射による赤ちゃんの影響よりも、インスリン注射をしないことによる高血糖状態の方が、赤ちゃんに与える影響は大きくなります。

妊娠糖尿病と診断された場合には、しっかり血糖値をコントロールするようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク