飲めばお酒に強くなるって本当なの?アルコールを飲み続けると酵素が活性化する!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒を飲むとすぐに酔っ払ってしまってたり、顔が赤くなってしまう人も多いですよね。

私もビールを一杯飲んだだけで顔が赤くなり始める体質の人です。

「最初は飲めなくても、お酒を飲み続ければ強くなっていく!」なんて言われることもあります。

直ぐに酔っ払ってしまう人の中には、お酒に強くなりたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

お酒が強くなる理由について知りたくはありませんか?

〇お酒の強さは遺伝に関係します!

私たちはアルコールを飲むと、小腸で吸収されて、アセトアルデヒドに分解されます。

アセトアルデヒドは、さらに分解されて酢酸になり、最後は二酸化炭素や水となって体外に排出されます。

お酒が弱い人というのは、アセトアルデヒドを分解する酵素が弱い人や、アセトアルデヒドを分解する事が出来ない人です。

また、アセトアルデヒドを分解する酵素の強さは、遺伝と深い関係があります。

アセトアルデヒドの分解する酵素の遺伝子は、両親から受け継がれ、両親からアルコールに強い遺伝子を貰えば、お酒に強くなります。

また、アルコールに弱い遺伝子と強い遺伝子の両方を貰えば、少しだけアルコールが飲める人になります。

両親どちらからも、アルコールに弱い遺伝子を貰ってしまうと、お酒を飲むことができません。

お酒の元の強さは、遺伝と関係があったのです、ではアルコールを飲み続けることでお酒は強くなるのでしょうか?

〇お酒を飲み続けることで強くなるのか?

お酒を飲むと強くなっていくと言われるのは、アルコールに強い遺伝子と、弱い遺伝子の両方を持っている人です。

両方の遺伝子を持っている人は、アルコールを分解する事はできますが、酵素は強くないので、元々はあまり多くのお酒を飲む事はできません。

しかし、アルコールを定期的に摂取することによって、アセトアルデヒドを分解する酵素が活性化されて、お酒に強くなると言われています。

つまり、アルコールが少し飲める人は、お酒を飲み続けることで、お酒に強くなることはあるという事です。

お酒に強くなりたい場合、お酒に急に強くなるわけではありませんので、少しずつ自分の体調も考えてお酒の量を増やしていくことが大切です。

ただし、元からお酒を全く飲めない人は、アセトアルデヒドを分解する酵素がありませんので、お酒を飲み続けても強くなりません。

無理にお酒を飲むと急性アルコール中毒などの危険性がありますので、無理な飲酒は控えましょう。

また、ある程度飲める人はお酒は飲み続けることで、強くなっていく可能性がありますが、無理に飲酒を勧めてはいけません。

因みに、お酒を飲むのを強要した場合は強要罪、酔いつぶすためにお酒を飲ませたい場合には傷害罪、急性アルコール中毒にさせると過失傷害などになります。

さらに、周りの人もアルコール強要行為を煽ったりすると、現場幇助という罪に問われます。

軽くお酒を勧める程度であれば問題ありませんが、強要は犯罪となることを覚えておきましょう。

また、アルコールを勧める行為は、周りの空気を悪くする原因の一つです、自分は楽しくする為に良かれと思っても、険悪になる事がありますので控えることをおすすめします。

〇肝臓機能が悪くなる危険性があります

お酒に強くなっていく人は、元々お酒に強いわけではありませんので、アルコールを飲む事による肝臓のダメージはお酒を飲める人よりも大きくなります。

強くなるためや、お酒が好きで飲むのは良いですが、お酒を飲み続けることで、肝炎や肝硬変、肝臓がんなどを発生する危険性が高いと言われています。

そのため、お酒を定期的に飲んでお酒に強くなろうとするのは、健康面を考えるとおすすめできません。

お酒が好きで飲むのは良いですが、無理にアルコールに強くなろうとするのは止めた方が良いでしょう。

また、元々アルコールに強い人は、アルコールによる肝臓のダメージは少ないと考えられています。

ただし、アルコールに強い人であっても、大量に飲酒すると肝臓に負担がかかり、肝炎や肝硬変になる可能性は十分にあります。

飲酒で楽しいのはほろ酔いと時と言われています、あまり飲みすぎないように健康の事も考えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク