安楽死と尊厳死の違いとは?日本では安楽死する事ができない!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不治や病に症状で、辛い日々を送ることになれば、延命治療によって長く生きて辛い思いするよりも、自然な形で死にたい、楽に死にたいと思う人も多いでしょう。

病気によって苦しまずに死を迎えると言えば、安楽死と尊厳死ですが、皆さんは安楽死と尊厳死の違いがわかるでしょうか?

非常に似た言葉ではありますが、違った意味で使用されることが多いです。安楽死と尊厳死の違いを知っておきましょう。

〇安楽死と尊厳死の違いは?

安楽死とは、重度の障害や不治の病によって回復の見込みがない人を、苦痛がないように死に至らせることを言います。

日本人が発症することが多い癌の抗がん剤治療は、非常に副作用が強い事が知られており、長く生きようと思えば、それだけ辛い治療が待っていることも多いです。

安楽死は積極的安楽死と、消極的安楽死の2つ分けることができ、一般的に安楽死といえば積極的安楽死の事で指し、消極的安楽死のことを尊厳死と言います。

積極的安楽死とは、患者の同意に基づき、医師が致死性の毒物などを服用、投与して死に至らしめる行為の事です。

対して、尊厳死は、延命治療を休止したり、病気の進行を遅らせる治療ではなく、本人が誇りをもって死ぬことができるような治療法変えたりする事で、死を迎える事を言います。

場合よっては、苦痛を和らげる薬によって寿命がより短くなる危険性もあります。

また、尊厳死というのは、本人が納得する形で死を迎えされる事なので、広い意味では積極的安楽死も尊厳死と一つと言えます。

わかりにくいので、積極的安楽死を安楽死、消極的安楽死と尊厳死と言わせていただきます。

皆さんなら、不治の病になった時に、安楽死を望まされますか?それとも尊厳死を望まれますか?

また、できる限り長生きしたいので、延命治療を続けていきたいと考えるでしょうか?

私なら、尊厳死を選ぶと思いますが、やはりその時になってみないとわからないと人も多いでしょう。

〇安楽死は医師が殺人に問われます

現在の日本の法律では、薬を投与して患者を死にいたらしめる安楽死は、医師が殺人や、嘱託殺人(しょくたくさつじん)に問われてしまいます。

嘱託殺人とは、殺される側が依頼を受けて殺人を起こしてしまうことを言います。

実際に、患者にお願いされて薬を投与して、医師が罪に問われてケースもあり、日本で安楽死を行うことはできません。

日本以外の国や、地域では、不治の病にかかって余命が少なく、本人の意思が確認できれば、安楽死が認められて国や地域もあります。

対して、患者の意思によって治療を拒んでいる場合に、医師が治療しないことによって患者が亡くなった場合や、苦痛を和らげるための治療によって結果的に亡くなってしまった場合は、殺人に罪に問われることはありません。

日本では安楽死は認められていませんが、尊厳死は認められているのです。

そのため、日本では尊厳死が注目されており、あえて延命治療はせずに、自然な死を迎えるという人は多いです。

実際、無意味な延命治療はさけて、最後は自宅で眠るように息を引き取りたいと考えている人が多いでしょう。私もです。

〇安楽死が合法になる時代もやってくる?!

日本では安楽死は違法となっており、安楽死を行うと医師が罪に問われますが、現在の日本は高齢者社会となり、ベッドで寝たきり生活を送っている人も多いです。

また、安楽死に賛成であるという人も多くいるので、いずれ日本でも安楽死が合法になる可能性はあります。

ただ、法律の整備や、条件なども考えないといけないので、直ぐに安楽死が可能な法律ができ無いでしょう。

さらに、まだ生きられる人を人の判断で本当に安楽死を行って良いのかという問題もあります。

日本はこれから、さらに高齢化進んで行くので、安楽死は大きな問題になっていくかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク