アレルギーが発生してしまうメカニズムは?アレルギーは突然発生することもある?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギーは、本来は無害な物質に免疫が過剰に起きることに発生することを言います。

アレルギーの症状には、鼻水、涙、咳、痒み、皮膚炎、鼻づまり、呼吸困難など多くあり、重篤なアレルギー症状が出ると死に至ることもあります。

私たちが守ってくれるはずの免疫機能がなぜ、私たちを攻撃してしまうのか気になりませんか?

アレルギーが発生するメカニズムを知っておきましょう。

〇アレルギーのメカニズムとは?

私たちの体の中にアレルギーの原因となる物質が侵入すると、リンパ球が反応して、免疫グロブリンEと言われる抗体がつくられます。

このように免疫反応を行う必要性がない物質に、抗体がつくられてしまうのは、生活環境や、抗原(アレルギーの原因物質)の過剰に触れる、遺伝などが原因だと考えられています。

また、作られた抗体の一部は、マスト細胞といわれる体を守る機能がある細胞に付着して、再度アレルギー物質を侵入してくれるのを待ち受けます。

マスト細胞に抗体が付着しただけでアレルギー症状が出るのではなく、再びアレルギーが侵入することで、アレルギー症状を起こします。

再びアレルギー物質が侵入してくるとアレルギー症状が起きてしまうのは、マスト細胞に付着した抗体が反応して、マスト細胞を活性化されることで、ヒスタミンが分泌されてしまうためです。

このヒスタミン自体は、人体の生理機能に必要な物質なのですが、過剰に産生されてしまうと、炎症作用があるためアレルギー症状の原因となるのです。

私たちを守ってくれる免疫が、間違って反応することによって、アレルギーは発症してしまっているわけです。

また、アレルギー症状も恐ろしいですが、いつ発症するかわからない所もアレルギーが恐ろしい理由の一つです。

〇アレルギーは突然発生することがあります。

アレルギーはマスト細胞に、免疫グロブリンEが付着することによって発生しますが、少し免疫グロブリンEが産生されてもアレルギーは発生しません。

ただし、作られた免疫グロブリンEは蓄積していくため、何度もアレルギーの原因となる物質に触れると、免疫グロブリンEが産生されていき、マスト細胞に付着していきます。

マスト細胞に付着した免疫グロブリンEの量が一定になると、アレルギー物質に反応するように、アレルギーを発症するのです。

また、免疫グロブリンEが作られるのは、個人差があるため、アレルギーの原因と物質や、アレルギーを発症する年齢に違いがあり、突然発生することがあります。

突然発生してしまうアレルギーの代表と言えば、「花粉症」があります。

花粉症は幼児から発症することは少ないですが、年齢を重ねるごとに花粉症患者が増加し、大人では約30%が花粉症を発症すると言われています。

また、30代や40代になってから花粉症を発症する場合もあり、1歳や2歳で花粉症を発症する場合もあります。

アレルギーといえば、子ども頃から発症すると思っている人もいるかもしれませんが、大人になってから発症することも多いです。

今まで普通に食べていた好物で、アレルギーになってしまうこともあり、今はアレルギーがない人でも、アレルギーになってしまう人はいます。

海老やカニが好きでよく食べていた人が、甲殻類アレルギーを発症して、病院に運ばれることもあります。

もしかすると、免疫グロブリンEが体内で作られており、アレルギー予備軍ともいえる状況かもしれません。

〇アレルギーは強くなることがあります!

アレルギー症状の強さは個人差があり、体が痒くなる程度や、鼻水やくしゃみが出る程度の軽傷もあります。

また、食べると気道が狭くなって呼吸が出来なくなる、全身に発疹が出てしまう、失神するなど重篤な症状が出ることもあります。

アレルギー症状が強く出ていないので、少々なら大丈夫だと思ってしまう人もいますが、アレルギーは少しずつ強くなっていくことも多いです。

このぐらいなら、食べられると勝手に判断してしまうと、重篤なアレルギー症状が出てしまうこともあります。

重篤なアレルギー症状が出てしまうと、死亡する危険性もあるため、アレルギー物質が含まれている食品は、少量であったとしても食べない方が良いでしょう。

特に大人になってから発症するアレルギーは、症状が改善することが少ないと言われています。

アレルギー症状がある人は、アレルギー症状がで無いように十分に注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク