湿潤療法は素人判断で行うと化膿して傷が悪化することも!?傷を綺麗に治すために正しい治療をしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは怪我をした時にはどのような治療をおこないますか?

水で洗ってそのまま放置する、消毒して絆創膏をはっておく、そんなもの唾をつときゃ治るという人もいるでしょう。

私は、怪我をしたら唾をつけてそのまま治す派ですが、今は唾や乾燥させて傷を治すのではなく、傷口を乾燥させない湿潤療法が注目されています。

湿潤療法をおこなう事で、再生組織の細胞の死滅を抑制し、傷の修復を綺麗に早く治すことができます。

湿潤療法は、傷を綺麗に治す良い治療法方法ではありますが、間違った方法で行うと、治療が遅くなり、傷が残りやすくなってしまうという危険性もあります。

湿潤療法で傷をきれいに治したいと考えている人は、湿潤療法のリスクも知って、正しい治療を行いましょう!

〇湿潤療法が適するのは熱傷と擦過傷!?

湿潤療法はどんな怪我でも適している療法ではなく、特に適しているのは熱傷と擦過傷といわれています。

これは、浅部の皮膚組織が常在菌に対する耐性が強く、感染症になる可能性が低いためです。

細菌などの病原体にとっては、傷口が乾燥して塞がっているよりも、乾燥せずにジュクジュクしている方が、繁殖しやすいのです。

浅部の皮膚組織は細菌が繁殖しにくいので、ジュクジュクしていても感染症になる可能性は低いですが、傷が深い切り傷や刺し傷などでは細菌が繁殖して化膿する可能性が高いです。

そのため、湿潤療法はなんの怪我でも使用しても良いという治療方法ではありません、化膿すれば治療も時間がかかりますし、傷跡も大きくなります。

また、湿潤療法が適しているとされている擦り傷であったとしても、傷が深い場合には細菌に感染して化膿する危険性があり、湿潤療法を行わない方が良い場合があります。

怪我をしたら湿潤療法で治そうと考えている人も増えてきましたが、怪我によっては悪化させる可能性もありますので、注意しなくてはいけません。

湿潤療法を行う場合には、怪我の種類を判断して行うようにしましょう。

〇傷口を清潔に保つことが重要となっています。

湿潤療法を行う場合に重要になってくるのが、傷口を清潔に保つことです、浅部の皮膚組織が細菌に感染しにくいといっても、土や泥で汚れていると化膿してしまいます。

湿潤療法を行う前には、傷口をしっかり洗って汚れを残さないことが大切になります、汚れを残っていれば、怪我を悪化させることになりかねません。

また、湿潤療法を行う場合には、傷口を清潔に保つために、ラップや湿潤療法専用の絆創膏などは、定期的に貼り換えないといけません。

綺麗に洗った傷口でも、時間が経過すれば皮脂や汗によって汚れてしまいまい、細菌が繁殖する原因となります。

1日に一度は交換した方が良く、汗をかいた場合や、汗をかきやすい夏場では1日に2~3度交換が必要になることもあります。

擦り傷や熱傷であっても、清潔に保つことができない場合は、乾燥させて治した方が早く綺麗に治る場合も多いです。

また、傷口を清潔に保つからという理由で、消毒して湿潤療法を行うと、傷を治す細胞が死滅して、傷が治りにくくなります。

湿潤療法を行うためには、水を使用して患部を清潔に保つことが重要になってくるのです。

〇湿潤療法を行う場合には病院に受診してから!

擦り傷や熱傷であったとしても、傷の深さや傷の範囲によっては湿潤療法を行わない方が良い場合もあります。

ただし、怪我に対して素人である私たちがが、「この傷の深さなら大丈夫」、「この傷の範囲なら大丈夫」などと判断するのが難しいです。

実際、湿潤療法を行って傷口が化膿して慌てて皮膚科や外科に受診する人は多くいます。

湿潤療法は、怪我を治すのに有効な治療方法ではありますが、その分細菌による感染がおこりやすい治療方法でもあります。

基本的に自己で湿潤療法を行うか、否かを判断せずに皮膚科や外科に受診して、湿潤療法を行っても問題ない傷か診てもらいましょう。

傷をきれいに治そうとして、化膿してより傷が悪化したら嫌ですよね、そうならないためにも正しい知識を持っている医師の指導の下、湿潤療法を行うことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク