冬のお風呂は死亡する危険性が高くなる!?あなたのお風呂の入り方は危険かもしませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒くなってくると、熱い湯船につかるのが楽しみだと思う人も多いでしょう。私も冬に湯船につかるのは大好きです。

しかし、冬のお風呂場には、多くの危険性が隠れているのでいるのです、お風呂場に潜む危険性について知っておきましょう。

また、お風呂場で死亡しないための予防方法も紹介したいと思います。

〇熱いと心臓に大きな負担をかけることになります!

熱いお湯につかることによって最も負担がかかってしまうのが心臓です。

お湯につかって体が熱くなると、体温を逃がすために血管が拡張されて、血圧が下がります。

また、冬場は湯船に熱いのに対して、脱衣室や浴室が寒い事が多く、体温を逃がさないために血管が収縮して、血圧が上昇します。

寒さと熱さがくり返されることで、血圧が急に高くなったり、低くなったりすることで、心臓と血管に大きな負担をかけることになります。

血圧の急激な上昇によって脳の血管に負担がかかり、クモ膜下出血を発症してしまう可能性もあり、クモ膜下出血を発生してしまうと死亡する可能性が非常に高いです。

また、血栓が心臓に酸素と栄養素を送る血管に詰まってしまうと、心筋梗塞を発生させることになります。

このように、冬場の暑いお湯は、心臓と血管に大きな負担をかけて、死亡リスクを高めてしまうことが知られています。

冬場は暖かいお湯に入りたいかもしれませんが、38~40度ぐらいのお湯につかるようにしましょう。

また、脱衣所が寒いのも、心臓や血管に悪いので、暖房器具を設置してお湯と脱衣所の温度差を少なくすることが大切です。

さらに、浴室の床にシャワーでお湯をかけて、浴室の温度を上げておくのも体に優しいです。

〇脱水症状を起こす可能性がある!

脱水症状と言えば、夏場の汗をかく時期に発生するイメージがあると思いますが、実は冬場の風呂場でも発生することがあります。

冬場のお風呂のお湯は熱くしがちです、熱いお風呂に入れば、体温を下げようとして汗をかいてしまいます。

さらに、恐ろしいのが汗をかいているのに気付けない所です、お風呂場では体が濡れていますので、体から汗が出ていることを視認する事が出来ません。

汗を大量にかいて脱水症状を起こしているのに、汗をかいていることに気づいていないので、水分補給をせずにさらに、脱水症状が進むことになります。

湯船から上がる時に、ふらついてことがあるという経験はありませんか?

ふらついてしまう原因は、血圧が低下することによって脳に送られる血液量が減少してしまうためですが、血圧が減少する原因の一つに脱水症状があります。

場合によっては、血圧の低下よって失神してしまうことがあり、倒れた時にぶつけて怪我をしてしまったり、そのまま脱水症状が進んで死亡してしまったりすることもあります。

脱水症状を発生させないためには、お湯を熱くし過ぎないことや、お風呂に入る前に水分補給をしておくことが大切になります。

38~40度で体は十分に温まります、熱いお湯は気持ち良いかもしれませんが、疲労改善効果は少なく、逆に刺激が強すぎて体はストレスを感じます。

1日の疲れを取るためにも、お湯の温度は高くし過ぎない事が大切だったのです。

〇お風呂場で溺死することもあります!

冬のお風呂場で注意してほしいのが、眠っていて溺れてしまう事です。

さすがに、眠っている時に顔が水に浸かったら気付くだろうと思っている人もいるかもしれませんが、気付かないことも多いのです。

湯船で眠くってしまうこともありますが、湯船で眠くなる原因の一つは血圧が低下することによって、脳の血液量が減少してしまうためです。

この状態では脳は正常な判断を下すことができないので、顔が水に浸かっても起きることができずに溺死してしまう危険性があります。

また、湯船に眠くなる原因の一つに、お酒を飲んでお風呂に入ってしまう事があげられますが、こちらも脳の正常な判断ができないため、溺死する危険性があります。

お酒は利尿作用による脱水症状、アルコールによる脳の機能低下、心拍数の上昇などの作用があるため、非常に危険です。

お酒を飲んですぐの入浴は控えた方が良く、どうしてもという場合には、シャワーにとどめるのが得策です。

お風呂場では眠くなるというのは非常に危険な状態といえます、眠気を感じた時には、すぐにお風呂から出るようにしましょう。

また、お湯の水位も高くしすぎないと良いでしょう、水位をおへそよりも少し上にしておけば、万が一眠ってしまっても溺れにくいですし、水圧による心臓の負担を軽減することができます。

あなたは、どんなお風呂の入り方をしていますか、お風呂の入り方を間違えてしまうと死亡する危険性があります。正しくお風呂に入るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク