サプリメントの危険性を知ろう!サプリメントの過剰摂取によって死亡することもある!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

摂取不足になっている栄養素の補給や、健康的な体を維持するために飲まれるサプリメントですが、本当にそのサプリメントを服用する必要があるのでしょうか?

健康意識が高まることによって、サプリメントなどの健康食品の売り上げが上がってきていますが、自分の健康面を考えずに、健康に良さそうだからという理由でサプリメントを服用する人が増えています。

正しく服用することで、栄養を補うことができるサプリメントですが、健康被害が出てしまうこともあります。

サプリメントの服用についって一緒に考えてみませんか?

〇本当にサプリメントが必要?

サプリメントは栄養を補助するための食品であり、不足している栄養素を補うために服用されます。

一人ひとりの食生活には違いがありますので、人によって不足している栄養素には違いがあり、自分が不足している栄養素を考えずに、サプリメントを服用してしまうと、栄養素を過剰に摂取してしまうことにつながります。

健康のためにサプリメントの服用する時には、自分が不足している栄養素から選ぶようにしましょう。

不足していない栄養素を摂取すると、効果がでないだけでなく、健康被害が出てしまうこともあります。

口コミの評判が高いサプリメントだとしても、自分の体に不足している栄養素だとは限りません。

サプリメント購入する時には、どのような食生活をすると不足するのか、なぜ必要なのかを自分で調べることが大切です。

また、体質によってはアレルギーが出てしまうこともありますので、アレルギーがある人は、サプリメントに使用されている成分をしっかり確認しましょう。

〇サプリメントの服用に発生する健康被害

サプリメントは健康のために服用されることも多いですが、過剰摂取などによって健康被害を被ることがあります。

肌の痒みや肌荒れといった皮膚障害や、下痢や便秘、腹痛といった消化器障害、体調不良といった症状がでることがあります。

サプリメントを服用した後に、これらの症状が出た時には、サプリメントの服用をすぐにやめて、必要であれば病院に受診した方が良いでしょう。

また、サプリメントの服用によって、肝機能障害が出てしまう事が稀にあります。

サプリメントの服用による肝機能障害はサプリメントの服用を辞めることによって改善することが多いですが、劇症化すると死亡することもあります。

サプリメントを飲んで肝機能障害になる可能性は低いですが、全くないわけではありません、過剰摂取には注意した方が良いでしょう。

さらに、サプリメントの過剰摂取は、腎機能障害の原因になることもあり、腎機能が低下しすぎると、人工透析が必要になる可能性があります。

サプリメントは健康食品だからいくら服用しても問題と思っている人もいるかもしれませんが、サプリメントも摂りすぎは体に悪影響を与えてしまうことを覚えておきましょう。

〇勝手に薬と併用してはいけません!

サプリメントに含まれる栄養成分によっては、薬との飲み合わせが悪い物があります。

サプリメント一緒に薬を服用することによって、薬の効果が強くなりすぎて副作用が出たり、薬の効果が弱くなって治療に影響が出ることもあります。

例えば、風邪を引いて抗菌薬を処方された時に、カルシウムが多く含まれるサプリメントと一緒に服用すると、難消化性のキレートといわれる物質が発生し、薬の効果を阻害してしまいます。

サプリメントと一緒に服用しても問題ない薬も存在しますが、自分で勝手に判断せずに、サプリメントと一緒に服用する場合には、必ず薬剤師か医師に相談してから服用してください。

〇妊婦はサプリメントの服用を控えましょう!

健康的な体を維持するためにサプリメントを服用している女性が多いですが、妊婦はサプリメントの服用を控えるようにしましょう。

サプリメントの含まれる栄養成分は種類によって胎児に悪影響を与える可能性がありますので、妊娠中は自己判断でサプリメントを服用するのは止めましょう。

サプリメントは、医師に処方された物を服用するか、医師にサプリメントを服用しても問題ないか質問してから服用してください。

また、出産後の授乳期間中もサプリメントの服用を控えた方が良く、サプリメントの栄養成分が母乳に流れて子どもに悪影響になる事があります。

授乳中は母親の栄養状態に合わせてサプリメントを使用することもありますが、基本的には食事から栄養素を補う事が大切です、あくまでサプリメントは不足してしまった栄養素を補うためにだと考えましょう。

サプリメントを服用する人は、自分の体調を管理して、不足した栄養素のサプリメントを服用するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク