リンパって一体何者なの?リンパの体の中での役割を知りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンパは美容や健康で注目されることも多くなっており、名前を知っている人が多くいますが、そもそもリンパが一体なんなのか知らないという人は多いと思います。

美容と健康のためにリンパマッサージを行っている人もいますが、リンパの流れが良くなるとなぜ、美容や健康に良いといわれるのでしょうか。

リンパとはどういった物なのか、またリンパの体の中での役割について説明していこうと思います。

〇リンパって何?

私たちがリンパと言っているのは、体の中を流れているリンパ液の事で、血液の血漿成分から作られている黄色の液体の事です。

リンパ液が流れている管の事をリンパ管が存在しており、リンパ管は血液と同じ循環器になります。

また、リンパ管の所々に小さなな豆のような形をしたリンパ節があります。

リンパと言われた場合には、リンパ液の事を刺すことが多いですが、リンパ管やリンパ節などを含まれていることもあります。

リンパを流すといった場合には、リンパ管を通っているリンパ液の流れを良くするという事です。

さらも。リンパ管は血管と同様に循環器になりますが、血管の様に心臓が存在していません。

そのため、リンパ液は重力や筋肉の動きによって押し流されており、血液に比べてゆっくりした速度で流れています。

〇リンパの体内での役割

私たちの体に血管が張り巡らされており、血液によって栄養が全身に届けられていますが、その時に、血液から組織液が染み出てしまいます。

組織液が回収されないと、余分な水分が体に溜まってしまい浮腫みなどに原因になります。

この血管から流れでてしまった、余分の液体を回収する役割があるのがリンパであり、リンパに回収された組織液は、最終的に血液に回収されることになります。

そのため、リンパの流れを良くすることで、浮腫みを予防する効果が期待できます。

また、リンパ液の中には多くの免疫細胞が含まれているため、体内に侵入してきた細菌やウイルスを撃退する役割があります。

リンパ節には、侵入してきた細菌やウイルスをせき止めて撃退する役割もあり、リンパ節に細菌やウイルスが侵入すると腫れます。

血液に比べて意識する事は少ないですが、余分な水分を回収したり、病気から体を守ったりと重要な役割をしてくれています。

さらに、リンパは老廃物を運ぶ作用があり、体内で発生した老廃物はリンパ液によって回収されることになります。

美容のためにリンパマッサージが推奨されることがありますが、これはリンパに老廃物を回収される作用があるためです。

リンパによって回収された老廃物は血液に送られて、肝臓で処理されて腎臓で尿と一緒に排出されることになります。

リンパ液の流れが良くなれば、老廃物の回収が良くなり、浮腫みの予防もできて、免疫活性化させることにつながるのです。

〇リンパを流すためには運動が大切です!

リンパは血管とは違い、心臓がなく筋肉の動きによって巡回しているため、そのままでは非常にゆっくり流れています。

リンパの流れを良くするためには、筋肉でリンパを押し流してあげる必要があり、運動するのが有効です。

軽く散歩するだけでも、リンパの流れを良くする効果が期待できますので、日々運動することをおすすめします。

マッサージすることでリンパの流れを良くすることができると言われることもありますが、マッサージでリンパの流れにどれほどの効果があるわかっていません。

また、リンパがある場所やリンパの流れの向きは決まっていますので、マッサージで正確にリンパ管を刺激するのは難しいかもしれません。

リンパマッサージはゆっくり優しく抑え流れ行う物であり、強く行ってしまうと、リンパ管を傷つける足り、皮膚を傷つける原因になってしまいます。

リンパがある場所をマッサージしなくても、筋肉の動きによってリンパは流れるようになっていますので、運動をすることをおすすめします。

運動をすれば、骨粗鬆症、ロコモティブシンドローム、糖尿病、脂質異常症の予防にも効果的です。

リンパは体の中で重要な役割をしている循環器です、運動不足が続くと流れが悪くなって免疫力の低下、老廃物が溜まりやすくなります。

リンパを刺激して、体の健康を維持しませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク