オリーブオイルは悪玉コレステロールを撃退!?高品質なエキストラヴァージンオイルの方が健康効果が高い?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11001
最近注目を集めている油と言えば、オリーブオイルではないでしょうか?

あなたはオリーブオイルを料理などに使ったことがありますか?

オリーブオイルは地中海地方が主に原産となるオリーブと呼ばれる木の実から作られた油のことです。

オリーブオイルは実から作られますが、種からもアブラを作ることができます。

種から作られた油をオリーブ核油といって、オリーブ油より品質が悪いとされています。

オリーブ核油が安くおいてあっても基本的にオリーブオイルを選びましょう。

オリーブの実はピクルスにされることがあります。

ピクルスとは漬物のことです。

日本では欧州風の漬物のことをピクルスといって日本風の漬物をピクルスと言うことはありませんね。

糠漬けをピクルスと言われたら驚いてしまいますよね。

オリーブのピクルスはマティーニ(ジャガイモ、ライムギ、オオムギなどを原料とした蒸留酒のジンをベースに作られた、有名なカクテルでカクテルの王様ともいわれている)に飾られていることが多いそうです。

僕はマティーニを飲んだことがないのでわかりませんが、飲んだことがある人なら、オリーブの実のピクルスが入れられているのを見たことがあるかもしれません。

カクテルの王様一度は飲んでみたいところです。

オリーブの多くの品種は自家受精できないため、一本だけでは、実ができない、そのため、オリーブを作る際は、二本のオリーブの木を植えなければならない。

オリーブをつくるものは大変ですね。

オリーブオイルの品質

オリーブオイルの中にエキストラヴァージンオイルと書かれたものがあるのをご存じだろうか?

オリーブオイルにも品質があります。

オリーブの果汁から遠心分離をすることなどによって、作られたオリーブオイルをヴァージンオイルといいます。

その中でも香りが高くより高品質のものをエキストラヴァージンオイルといいます。

つまり、オリーブオイルの中でエキストラヴァージンオイルと書かれたものは高品質で味も良く健康効果の高い物になります。

通常のオリーブオイルでもいいですが、より効果を期待するためにはエキストラヴァージンオイルを選ぶと良いでしょう。

また、ヴァージンオイルの中で品質が悪い物を酸を減らす、臭いをとる、色を落とす

香り付けなどして、品質を上げる努力をしたものを精製オリーブオイルといいます。

日本ではピュアオリーブオイルというものを時々見かけますが、これは精製オリーブオイルと中程度のヴァージンオリーブオイルを混ぜ合わせたものになります。

スポンサーリンク

オリーブオイルの健康効果

オリーブ油の注目すべき点はオレイン酸です。

油というと基本的にあまり摂取しない方がいい、血管に悪いそう、太りそうというイメージがあるかもしれませんが、オリーブオイルは健康にいです。

それはオリーブ降りるに含まれるオレイン酸に健康の効果があるためです。

オレイン酸は不飽和脂肪酸の一つです。

オレイン酸は脂肪酸と聞くと、やはりおもってしまうのが、肥満や生活習慣病のことについてだろうと思います。

オレイン酸も脂肪酸ではありますが、太る原因にはならないといわれています。

太る原因になる脂肪酸は飽和脂肪酸で不飽和脂肪酸であるオレイン酸は太る原因や生活習慣病と関係がないとされているためです。

オレイン酸を代表とする不飽和脂肪酸は健康に良く積極的にとるべき脂肪酸といわれています。

脂肪酸の中にも種類が存在しているのです。

皆さんが最初にイメージするであろう脂肪の飽和脂肪酸とオレイン酸などに代表される不飽和脂肪酸に分けられます。

不飽和脂肪酸のなかでも一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。

飽和脂肪酸が全面的に悪いといっているわけではありませんが、飽和脂肪酸は皆さんが好きだと思われる、肉やラードやバターなど植物性ではない油に多く含まれます。

つまり、私たちは飽和脂肪酸のほうを多くとっていることになります。

飽和脂肪酸を摂るなと言われるわけは、飽和脂肪酸は中性脂肪や悪玉コレステロールを合成する働きがあるためです。

中性脂肪は私たちのエネルギー源になり、悪玉コレステロールは血管の壁を厚くして強化してくれる働きがありますが、肥満や動脈硬化などの原因といわれています。

私は日々十分すぎるくらい、飽和脂肪酸を摂っているから、とるなといわれているわけで、悪玉コレステロールや中性脂肪は健康のために必要な物質であり、摂り過ぎが問題なのです。

悪玉コレステロールが気になった方はこちら→悪玉コレステロールは悪じゃない?きちんと知ろう!悪玉コレステロールのこと。

一方、不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸は魚や植物などの含まれる脂肪酸で皆さんがあまり取れていない方の脂肪酸になるわけです。

やっぱり食卓に並ぶのは、魚やより肉の方が多いようなきがします。

一価不飽和脂肪酸も多価不飽和脂肪酸も飽和脂肪酸に比べて酸化をしにくく健康にいとされます。

特に一価不飽和脂肪酸は酸化しにくいためいいとされ、オレイン酸も一価不飽和脂肪酸に分類されます。

オレイン酸は飽和脂肪の悪玉コレステロールを増やす働きとは逆に、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

現在の悪玉コレステロールが多くなっている私たちにとってはとても必要な物質です。

オリーブオイルを積極的に摂取して悪玉コレステロールを減らしましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク