水道水をそのまま飲んでも大丈夫なの?水道水の安全基準はミネラルウォーターよりも高い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の水は安全性が高く、そのまま飲む事が出来ると言われています。

「本当に水道水は安全なの?」と思う人もいるとは思いますが、ミネラルウォーターよりも水道水の方が安全である言われることもあります。

なぜ、日本の水道水は安全性が高いと言われているのでしょうか、日本の水道水の安全性について知っておきませんか?

〇水道水はしっかりした安全基準で作られています

日本の水道水は、塩素消毒が行われており、水に含まれる細菌を殺して、安全に飲めるようにしています。

塩素が体悪いと言われることもありますが、塩素の濃度は人体が影響があるほど、高い物ではありません。

また、浄水技術や浄水場の設備が向上しているので、水道水の質も良くなっており、塩素の濃度も少なくなって来ています。

最近では、水道水がそのままペットボトルで売られていることもあり、地域によっても違いがありますが、カルキ臭さはあまり気にならない事が多いと思います。

さらに、水道水には、しっかり安全基準が存在しており、一般細菌、トリハロメタン、大腸菌、水銀、カドミウムなどの51項目の基準が設けられています。

安全基準の値も厳しいので、水質は非常に綺麗であり、安心して水を飲む事が出来ます。

水道水は綺麗ではないというイメージがあるかもしれませんが、水道水は管理がしっかりしていますので、それほど気にする必要性ないでしょう。

それでも、水道水から直接飲むが心配だという人は、一度沸かしてから飲むか、浄水器を設置すると良いでしょう。

水道水は飲まずに、飲料水にはミネラルウォーターを使用するという方法もありますね。

〇水質基準はミネラルウォーターの方が低い

水道水よりもミネラルウォーターの方が安全性が高そうだから、ミネラルウォーターしか飲まないという人もいるでしょう。

水道水に安全基準があるように、ミネラルウォーターにも安全基準が存在していますが、検査項目は水道水に比べると少なくなっています。

また、同じ検査項目でも、ミネラルウォーターに比べて、水道水の方が厳しいことも多いです。

水道水は飲み水としても使用されますし、生活用水としても日々使用されることになるので、実はミネラルウォーターよりも高い基準となっているのです。

もちろん、ミネラルウォーターも安全に飲めるように作られている基準なので、飲んでも問題ありません。

水道水は安全基準が低いイメージがあるかもしれませんが、ミネラルウォーターよりもしっかりしている事を覚えておくと良いでしょう。

ミネラルウォーターは自宅の水道水とは違った、口あたりや風味がありますので、嗜好品と考えると良いかもしれません。

〇貯水槽が汚れている場合は注意!?

水道水は高い安全基準があるため、そのまま飲料しても問題ないとされていますが、マンションなど住んでいるおり、貯水タンクが設置されている場合、貯水槽が汚れていると、水質基準に満たない水が流れてくることがあります。

マンションなどに設置してある貯水槽は、水道局の管轄外であり、責任者の管理が悪いと汚れてしまうことがあるようです。

特に地上式の貯水槽はホコリやゴミ、虫などが侵入しやすく汚れやすくなっています。

近年は、地上式は汚れやすく事がわかっているので、地下式や直接水道管につながっている事が多くなっています。

地上式の貯水槽に溜まっている水自体は処理されている水なので、すぐに健康に影響がでてしまう事は多くないでしょうし、しっかり管理されていれば全く問題はありません。

気になる場合には、管理会社や大家さんに尋ね見ると良いでしょう。

住居を選ぶ際には、地下式貯水槽や、水道管に直結している物件を選ぶと安心です。

心配であれば、浄水器を設置したり、飲料水はミネラルウォーターを使用するなどの、対策を取ると良いでしょう。

日本の水道水は安全基準がしっかりしていますので、安心して飲水してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク