薬を服用するときにやってはいけないこと!薬の効果がなくなってしまうこともある!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気や怪我をした時には、薬を服用しますが、薬が大きかったり、苦かったりすると飲みにくいと感じることありますよね。

薬を飲みやすくするために、かみ砕いたり、薬の苦さを感じさせないために、ジュースやコーヒー、牛乳などで飲むという人はいませんか?

薬の服用の仕方を変えてしまうと、薬の効果が少なくなったり、薬の効果が強くなりすぎたりすることもあります。

なぜ、薬の飲み方を変えてしまうと、薬の効果が強くなったり、弱くなったりするのでしょうか?

〇薬を勝手にかみ砕いてはいけません!

薬のサイズが大きいと飲みづらいこともあると思いますが、そんな時に薬をかみ砕いて服用している人はいないでしょうか?

かみ砕いてもあまり問題にならない薬もありますが、溶ける時間が計算してあったり、胃では解けないようにコーディングがしてある物もあります。

腸で溶けるようにコーディングして薬は、胃を荒らしてしまう副作用がある物や、胃酸に弱く胃で溶けると効果が無くなることもあります。

また、ゆっくり溶けるようにしてある薬はの場合、薬の成分の吸収量に上限があることもあり、溶けるのが早すぎると薬を吸収しきれずに、便などから薬の成分が排泄されてしまうことにつながります。

さらに、糖衣といわれる薬を砂糖でコーディングしてあることもあり、糖衣加工が行われている薬を噛んでしまうと苦くて飲み込めなくなる場合もあります。

薬をかみ砕くと、早く薬が吸収されるので、早く効果が出て良いように思えるかもしれませんが、薬をかみ砕くと副作用が出やすくなってしまったり、薬の効果がなくなってしまうこともありますので、注意してください。

処方される薬の中には、かみ砕いても飲める薬もありますので、薬剤師に相談の上、問題なければ薬をかみ砕くようにしましょう。

〇薬は水で服用しましょう

薬は苦かったり、飲みにくかったりするので、甘い物で飲み込みたいと思っている人もいるかもしれませんが、薬はきちんと水で飲むようにしましょう。

飲み合わせによっては、薬の効果を強めてしまったり、薬の効果を弱めてしまうったりすることがあります。

例えば、風邪薬を服用する時に、コーヒーやコーラといったカフェインが含まれている飲み物を服用すると、効果が強くなりすぎて吐き気や頭痛といった症状が出てしまうこともあります。

また、抗菌薬・抗生物質と一緒に牛乳を飲むと、薬の成分とカルシウムがくっつきキレートといわれる難吸収性物質ができてしまうことがあります。

キレートによって、薬の有効成分の吸収を阻害されることによって、ウイルスや細菌を殺すことができず、病気の治療が遅くなってしまいます。

このように、飲み物によって薬の効果が減ったり、強くなったりすることがありますので、薬を服用する時には水で服用するようにしましょう。

もし、水で飲みにくい場合には、楽に薬を服用するためのゼリーを購入して、混ぜて服用するとよいでしょう。

〇複数の薬を飲む場合には注意しましょう!

複数の薬を同時に服用する場合には、飲み合わせによっては薬の効果が強く出たり、弱くなったりすることがあります。

複数の薬局から処方された薬や、複数の市販薬をする場合、処方された薬と市販薬を一緒に服用する場合には、飲み合わせが悪くないか確認しましょう。

違う目的で服用した薬でも、似たような成分が含まれている場合も多く、作用が強く出過ぎて副作用が出てしまうこともあります。

病院ごとに薬局を変えずに、かかりつけ薬局を決めて、処方薬は常に同じ薬局からもらうようにすると、薬の管理がしやすくなり、飲み合わせの悪い薬を服用するのを防ぐことができます。

また、処方薬と市販薬を一緒に服用する場合には、薬剤師に飲み合わせが悪くないか確認することをお勧めします。

健康のためにも、薬を自己流で飲まないようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク