風邪の時は温めるべき?冷ますべき?お風呂に入っていいの?知っておきたい風邪の疑問

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪を引いた時、体を温めた方がよい、額を冷やした方がよい、お風呂に入ってはいけない、汗を大量にかかせた方がよいなど、いろいろな対処法を耳にしますよね。

温めた方がよいのか、冷ました方が良いのか、わからないという人も多いのではないでしょうか?

風邪を引いた時に知っておきたい、体温調節を紹介しようと思います。

〇風邪の出始めは温めた方がよい

人は風邪をひくと体温が高くなりますが、これは体温を高めることで免疫力を上げているためです。

そのため、ちょっと風邪気味で微熱がある場合には、体温をあげた方が風邪を早く治すことにつながります。

また、少し熱が出ただけで、解熱剤や総合風邪薬を服用してしまうと、熱が下がって風邪の治りを遅くしてしまうことになります。

風邪の引き始めは葛根湯などの体を温める薬を服用し、解熱剤や総合風邪薬は、高熱や頭痛が出てから服用するようにしましょう。

体温を上がると免疫力は高くなりますが、あまりに温度を上げ過ぎると体力を消耗させて免疫力を下げてしまうだけでなく、寝苦しくなってしまうこともあります。

風邪を引いた時には、寒くならない程度に温めるとよいですが、不快に感じるほど室温を高くする必要性はありませ

〇額を冷やすのは気持ちがよいから

風邪をひいて熱がある時に、額を冷やす人は多いと思いますが、額を冷やす理由は熱くなった額が冷まされて気持ちがよいからです。

額は大きな血管が通っているわけではありませんので、熱を下げる効果はあまり高くありません。

熱を下げるのを目的としている場合には、大きな動脈が通っている首回り、脇の下、鼠蹊部(太ももの付け根)冷やす事が効果的です。

大きな動脈を冷やすことで、体全体に冷まされた血液が送られて、体温を下げてくれる効果が期待できます。

また、お腹にも大きな血管が通っているので、高熱が出た時にはお腹を冷やすのが有効だとされていますが、下痢や腹痛などのお腹の調子が悪い時に、お腹を冷やすとより体調が悪くなってしまうことがあるので注意してください。

〇汗のかき過ぎによる脱水症状に注意!

風邪を引いた時には、体を温めて大量の汗をかかせると早く治るといわれることがありますが、汗を大量にかくことと、病気が治りやすく関係性はわかっていません。

風邪を引くと体温が上がりますので、誰しも汗をかいてしまいますが、無理に汗をかかされると脱水症状に陥りやすくなります。

また、大量に汗をかくことによって体力を消耗して、免疫力を下げることにつながってしまいます。

さらに、室温を上げ過ぎてしまうと、必要以上に体温を上げてしまうことにもつながります。

風邪を引いた時には、寒くならない程度に室温を上げるのは良いですが、汗をかかせるために厚着をさせたり、室温を上げる必要性はありません。

風邪を引いていると、汗をかいて脱水症状になりやすいので、しっかり水分補給をしましょう。

汗を大量に書きますので、定期的に体を拭いたり、服を着替えることをお勧めします。

〇体調が悪すぎなければお風呂に入ってもよい

風邪をひいている時にはお風呂に入ってはいけないといわれることもありますが、体調が悪すぎなければ、お風呂に入ってもよいです。

お風呂を止めた方がよい人は、体温が38度以上ある、頭痛・吐き気がする、めまいやふらつきなどの症状がある場合です。

また、お風呂場の脱衣所が寒いと湯冷めしやすいので、お風呂に入る前に脱衣所を温めておき、お湯が熱すぎないようにしましょう。

さらに、長湯をすると汗をかきすぎますし、体温を上げすぎてしまうので、お風呂に入ってもよいですが、長湯は避けましょう。

入浴は、長湯でなければ血行を促進することがあり、体を温めてくれるので風邪を早く治す効果があるといわれています。

風邪をひいている時の入浴は、体調を見て判断するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク