便秘で困っていませんか?辛い便秘で悩んでいる人は便秘の原因を知り便秘を改善!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘
毎日、排便できていますか?

一般に3日間以上、排便がないまたは1週間に3回以下しか排便しない場合を便秘といいます。

毎日便が出ない場合を便秘と考える人もいるみたいですが、体質や環境によるものもあるため毎日でなくても2日おきでも問題ないでしょう。

日本内科学会による定義によると3日以上排便がない場合や、毎日排便があるが、残便感がある人を便秘とするようです。

あなたは便秘に当てはまりましたか?

どのようなことが原因で便秘が起きるのでしょうか?

便秘は女性に多いのが特徴です。

高齢になるほど便秘の症状が強くなる場合があります。

便秘は男性に比べて筋力が少ないです。

筋力が少ないことによって、胃などの内臓が重力によって下に下がりやすいです。

内臓などが下に下がってきてしまった結果、腸が圧迫されて腸の動きが悪くなります。

筋力が少ないこと自体も腸の動きを下げる原因です。

また、腸の動きをよくしてくれる、腹筋の力も弱いため、腸がうまく働きません。

さらに便秘と重なって痔になりやすいと言われています。

筋力が少なすぎると悪い事ずくめですね。

ある程度の筋力が必要になってきます。

また、女性は黄体ホルモンの影響で、腸の蠕動運動が弱くなってしまい便秘になりやすいといわれています。

このように蠕動運動が弱いことや筋力不足が原因で起きる便秘を弛緩性便秘と言います。

弛緩性便秘の他の便秘として便はきちんと運ばれているものの、便意を感じることができない直腸性便秘も存在します。

これは便を我慢したりすることで便意を感じる神経が鈍くなり、起きる症状です。

腸の動き自体には問題が起きていないため便意を感じるようにすることだけで便秘が改善されます。

男性は便秘を起こしにくいですが男性も便秘になることがあります。

男性の便秘は下痢と便秘を繰り返す、痙攣性便秘が多いようです。

痙攣性便秘はストレスなどによる自律神経の乱れが原因だと言われています。

痙攣性便秘は通常の便秘とは全く違いものになります。

痙攣性便秘は自律神経の乱れによって、蠕動運動が異常を起こすことによって起きる便秘です。

通常、蠕動運動によって便が運ばれて外にでるのですが、自律神経の乱れによって蠕動運動が活発になったり、ほとんど動かなくなったりします。

蠕動運動が活発になり過ぎて、腹痛になり、下痢になったかとおもうと、今度は蠕動運動がほとんど起きず、便秘になり腸の調子がくるってしまいます。

便秘なんだから、薬を飲めば解決するだろうと思うかもしれませんが痙攣性便秘は薬は効きません。

便秘状態で一般に販売されている便秘薬は腸を刺激することによって蠕動運動を活発化させて排便させるものです。

普通の便秘の場合は蠕動運動が常に弱いため刺激されて活発になっていいかもしれませんが、痙攣性便秘の場合は蠕動運動が活発化したり、沈静化したりしているため、刺激が加えられているとより、蠕動運動がより乱れて、悪化させる可能性があります。

下痢と便秘を繰り返す便秘の症状がある人は市販の薬を頼らずに、ストレス解消、バランスの良い食事、十分な睡眠をとることを心掛けましょう。

朝食にヨーグルトなどの腸にいいものを食べることがおすすめです。

痙攣性便秘は女性でも起きる可能性があります。

便秘や下痢を繰り返すかたは痙攣性便秘化もしれません。

糖尿病、甲状腺系の疾病、パーキンソン病、腸ポリープの可能性もありますので、もし時間があるなら、一度、医師に相談する方が無難でしょう。

スポンサーリンク

便秘の改善方法

最も多い便秘が弛緩性便秘です。

弛緩性便秘の患者は蠕動運動の力が弱いために便をきちんと運ぶことができません。

そのため、便が少量しか出かなったり、残便感が残ったりします。

弛緩性便秘は腹部の筋力不足が主な原因です。

だから 腹筋を鍛えることで便秘が改善されます。

腹筋は誰かに手伝ってもらって腹筋を鍛えてもらうこともっとも簡単でしょう。

他のやり方としては仰向けになった状態で両足を上げて同時に上げたり下げたりすることで腹筋を鍛えることができます。

また、腸に刺激を与えるために指で便の動きに沿うように大腸の上を抑えることで大腸が刺激されて便意がスムーズに動くようになります。

便秘の人は便秘薬を慢性的に服用しがちですが、便秘薬は腸に刺激を与えてくれて便秘を改善してくれますが、慢性的に飲むことによって腸が刺激になれて動きがより悪くなる可能性がありますので薬の表記をみて用法・用量・期間を守りましょう。

何週間も飲み続けていませんか?

間違った飲み方が原因でより便秘を悪化させているかもしれませよ。

便意が感じられなくなってしまった直腸性便秘の場合はトイレに行く習慣をつけましょう。

便意を感じないだけで便はあります。

朝を起きたときに便所に行くという習慣をつけるだけで改善する場合があります。

便秘だからといって薬を飲んでも腸の動きは正常のためほんとど意味がありませんので、辛い時以外はあまり飲まないようにしましょう。

便秘を改善してスッキリしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク