マスクにはどれぐらい感染症を予防する効果があるの?風邪が流行っている時にマスクをつけるのは効果があり?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬などの風邪が流行っている時期には、感染症を予防するためにマスクを着用することもありますよね。

街中でも、マスクを着用している人を多くみかかえますが、マスクをすることで感染症を予防することができるのでしょうか?

マスクを着用することによる、感染症予防の有効性について考えてみましょう!

〇ウイルスはマスクを通り抜けることができる!?

マスクは風邪の予防として利用されることも多いのですが、マスクの繊維の隙間は、風邪のウイルスよりも大きいため、空気中に飛散しているウイルスはマスクを通過することができます。

そのため、空気中に浮遊して感染する(空気感染)ことができるウイルスであれば、マスクを通り抜けて体内に侵入して感染し発症する可能性があるのです。

ウイルスが通過する隙間があるなら、風邪を予防する効果は全くないのかと言われるとそういうわけではありません。

マスクは空気感染を予防する効果は薄いのですが、飛沫感染や接触感染を予防する効果が期待できます。

特に、鼻や口を触ることが多い人は、手に付着したウイルスが体内に侵入するのを防ぐ効果が期待できますので、おすすめです。

風邪は空気中に漂っているウイルスを吸いこんで感染することもありますが、ドアノブや壁、物に付着しているウイルスが手に付着して、口や鼻に運んでしまう接触感染も多いのです。

マスクをしていれば、絶対に風邪にかからなくなるというわけではありませんが、風邪になりにくくなるでしょう。

また、マスクは喉の湿度を保つ効果があり、喉は乾燥するとウイルスや細菌などの異物を除去する免疫力が落ちてしまいます。

マスクをして湿度を保つことができれば、免疫力が維持され感染症になりにくくすることができます。

風邪を少しでも予防したいと考えている人は、マスクを着用すると良いでしょう。

〇花粉症には効果が期待できます!

マスクはウイルスが通過してしまうほどの隙間はありますが、花粉はウイルスよりも大きいため、花粉は通過することができません。

そのため、花粉症の対策としてマスクをするのは有効となっており、花粉症になった人は積極的にマスクをすると良いでしょう。

また、マスクでは目から花粉症の侵入を防ぐことができませんので、花粉症が辛い人は花粉症用のメガネを着用することを推奨します。

さらに、花粉症はアレルギーの一種であり、抗ヒスタミン薬(アレグラ、アレジオンなど)を服用することで、アレルギー症状を抑えることができます。

花粉症の症状を抑えるためには、薬を服用することも有効であり、抗ヒスタミン薬は薬局で購入することできます。

花粉症に悩んでいる人は、アレルギー科や内科に相談してもみるのもよいでしょう

〇風邪をうつさないためにマスクをつけましょう

マスクはウイルスの大きさよりも隙間が大きいため、マスクを着用していても人にうつしてしまう可能性があります。

しかし、マスクをすることで、ウイルスが多く含まれるは鼻水や唾液が飛沫するのを防ぐことができるため、風邪を他の人にうつりにくくなります。

風邪は接触感染することが多いため、風邪に感染した人がマスクをして、飛沫を飛ばさないようにすれば、飛沫感染、接触感染の予防になるのです。

マスクは人にうつさないために有効です、風邪気味な人や、体調不良がある人は周りの人のためにも、マスクを着用するようにしましょう!

マスクは風邪を予防するためにも、風邪を人にうつさないためにも、有効ですので風邪が流行している時には着用して見てはどうでしょうか?

また、風邪にならないためには、マスクで風邪の侵入を防ぐだけではなく、生活習慣を整えることも重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク