リッラクスするために副交感神経を刺激しましょう!副交感神経を優位する方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちの体には自律神経といわれる、体の機能を調節する神経があります。

この自律神経をうまくコントールすることができれば、体をリラックスさせて、疲労を軽減することができるのです。

最近、緊張状態が続いてしまいリラックスすることができていないという人はいませんか?

副交感神経をコントロールして、疲労を回復するようにしてみませんか?

〇交感神経と副交感神経を知りましょう!

体の機能を調節する自律神経には、交感神経と副交感神経と言われる2つの違った作用をする神経があります。

交感神経は、体を活発に動かしている時や、ストレスを感じている、緊張・興奮をしている時に優位に立つ神経です。

対して、副交感神経は休憩している時や、リラックスしている時に優位になる神経になります。

自律神経はバランスが大切であり、副交感神経ばかりが優位になれば、やる気が出てこなくなり、憂鬱な気分になります。

逆に、交感神経が優位になり過ぎれば、体が休まなくなるために、疲労感が出てしまうことになります。

現代社会では、多くのストレスにさらされ、交感神経が優位になり過ぎて、リラックスが出来ていないという人が多いです。

体をリラックスさせるためには副交感神経を刺激することが大切になります、副交感神経は度やって刺激すれば良いのでしょうか?

〇深呼吸は本当にリラックスさせる効果があります

深呼吸は気持ちを落ち着かせる方法として知られていますが、これは副交感神経を刺激することができるためです。

副交感神経が優位に立つと人をリラックスさせる状態となりますが、同時に心拍数が下がり、呼吸もゆっくりなっていきます。

深呼吸は、自ら呼吸を遅くすることによって、副交感神経を刺激しリラックスさせる方法で、リラックスしたい時に、深呼吸をするというのは理に適っているのです。

深呼吸と言われると緊張している時に行われるイメージがありますが、日常生活で深呼吸をするのも、リラックス効果を得るのに有効な方法となります。

また、何かをする前に深呼吸をして気持ちを落ち着かせることも多いですが、何かをした後に深呼吸をするのも副交感神経が刺激されて、リラックス状態に移行しやすくなります。

深呼吸をしてから休憩を始めるだけでも、副交感神経が刺激されて、リラックスしやすくなります。

最近、リラックスが出来ていないと感じる人は、日常的に深呼吸を取り入れて副交感神経を刺激しませんか?

さらに、深呼吸で副交感神経を刺激し続けていくほど、深呼吸によるリラックス効果が高まっていきます。

〇寝れば副交感神経は優位になります!

副交感神経は休息している時に優位に働く神経であるため、寝れば副交感神経は優位になります。

緊張が続いてリラックスできていないけど、何をすれば良いのかわからないという人もいるかもしれませんが、考えている時間を睡眠にあててみてはどうでしょうか?

寝ることは自律神経のバランスを整えるために必要で、睡眠時間が低下してしまうと、交感神経が優位となってしまいます。

睡眠不足によって自律神経が乱れてしまうと、副交感神経を刺激するために、クラシック音楽を聞いたり、深呼吸をしたり、森林浴をしたとしても、リラックス状態になるのが難しくなる場合があります。

もし、寝つきが悪く睡眠不足が続いていうという人は、睡眠外来や心療内科に受診してみましょう。

睡眠薬を処方してもらいあ、睡眠時間をしっかり確保することができるようになるだけで、疲労感がとれるという事は良くあることです。

睡眠薬と言われると恐ろしいイメージもありますが、睡眠薬は危険な薬ではなく睡眠を補助してくれる薬です。

用法容量を守って服用すれば安全性は高く、アルコールを使って眠るよりも、健康に良いと言えます。

睡眠を使用して、副交感神経を刺激してみるのはどうでしょうか?

〇クラシック音楽や泣ける映画もリラックス効果があります

クラシック音楽のゆったりとしたリズムは、副交感神経を刺激する効果がありますので、休憩中にクラシック音楽をかけるのは疲労を回復に役立ちます。

音楽は盛り上がる方が良いという人もいるかもしれませんが、盛り上がる音楽は交感神経を刺激する音楽なので、ゆったりと気持ちが落ち着くクラシックの方がリラックス効果が期待できます。

ただ、人によっては休憩中にクラシック音楽が流れ続けると鬱陶しいと感じる人もおり、自分に合わない場合は逆効果になりますので、無理に行う必要性はありません。

また、人は泣くとリラックスすることができますので、泣ける映画のDVDレンタルして見るのもお勧めです。

もちろん、泣かなくても感動するだけで、リラックス効果が期待できますので、感動することはあっても泣かないという人でも効果はあります。

アクションが多い物や、ハラハラさせる展開が多い、映画は交感神経を刺激しますので、リラックスしたい時には避けることをおすすめします。

うまく副交感神経をコントロールして、リラックスしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク