線虫を使うと尿検査だけでガンを早期に発見することができる!?線虫のすごさとは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガンを治すために重要な事の一つに、早期にガンを発見することがあります。

ガンは早期に発見することができれば、体の影響も少なく致死率も低くなるため、助かる確率が非常に高くなります。

しかし、早期のガンは身体的な症状が出にくいこともあり、発見が難しいのです。

そこで、ガンを早期に発見してくれる生物として線虫が注目されており、線虫を利用することで、尿検査だけでガンが簡単に見つかるのでは言われています。

〇ガンの臭いに近づいていく性質がある?!

線虫の体長は、約1㎜と非常に小さな生物なのですが、臭いを判別する能力は犬と同程度もあると言われています。

また、線虫は好きな匂いがあると近づいていく性質を持っており、線虫を使用した実験で、ガンを発症した人の尿の臭いに反応して近づき、ガンを発症していない人の尿からは遠ざかることが確認されました。

そのため、線虫を使用した尿検査を行えば、早期にガンを発見できると考えられます。

しかし、線虫は、必ずガンを判別することができるというわけではありません、ガン患者を見逃してしまう可能性もあります。

尿検査でのガンの早期発見には役にたつかおしれませんが、絶対にガンを発見することができるという話ではないのです。

そのため、ガンを早期発見するためには、CTやMRIといった検査器具が必要となることもあります。

他にも、線虫を使用することに尿検査の良さがあるのでしょうか?

〇線虫を使用したガン検査は非常に安い

今までのガン検査では、CT、MRI、内視鏡などの高額な医療機器を使用してガンがないか検査していました。

高額の医療機器を使用するため、それだけ患者に負担となりますので、ガン検査を受けたいけど受けられ合いという人も多かったでしょう。

私も、内視鏡検査をなどの検査をしたいですが、高いこともあり受けられていません。

対して線虫は高額な医療機器ではなく、検査をするための線虫の製造にかかる値段は数百円程度といわれ非常に安いです。

また、臓器の位置部分からガンを探すのではなく、臭いによってガンを判別するので全身のガンの発見につながります。

さらに、検査方法が簡単なので、数時間でガンの検査結果がわかることも、線虫での尿検査のの良さになります。

ただし、線虫は臭いでガンを発症している事を判別しているだけであり、ガンの場所が判別できるものではありません。

結果、線虫でガンが発見された場合には、内視鏡やCT、MRIなどの検査を受けてどこでガンを発症しているのか判別して貰う必要性があるのです。

線虫によるガン検査は、安くて簡単にできるのが特徴となっています、ガンの場所は正確にはわからないかもしれませんが、ガンの早期発見には非常に役立つでしょう。

〇ガンの程度の場所はわかるようになる!?

実はガンには臭いがあり、ガンの臭いはガンの発症する場所によって、違いがあるのです。

線虫は小さな生物であるため、遺伝子の組み方を行いやすく、線虫が近づく臭いを変えることができるといわれています。

そのため、線虫が一部のガンの臭いだけに反応するようになれば、発症しているガンの種類を特定することができるのです。

線虫のガン検査はうまく使用することができれば、ガンの早期発見の手がかりになってくれるはずです。

これから、線虫がガン検査に使用され、良い結果を出してくれるのではないかと、楽しみですよね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク