注目されている電子タバコと普通のタバコは一体どこが違うの?電子タバコも有害性がある!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街を歩いている時に、電子タバコを使用している人を見かけることが多くなってきました。

電子タバコの方が普通のタバコよりも健康への影響が少ないともいわれています。

普通のタバコを止めて、電子タバコで喫煙する人も多くなってきましたが、電子タバコと普通のタバコには一体どんな違いがあるのでしょうか?

〇電子タバコはタールが少ない!

電子タバコと普通のタバコの大きな違いは、普通のタバコよりもタールが少なくない、またはタールが全く含まれていない所にあります。

タールはタバコの葉を燃やすことによって発生する黒くて粘性の液体で、タールには人体に有害な物質が複数含まれていることが知られています。

タールには発がん性があると言われており、タバコに含まれるタールを吸いこむ続けることが、肺がんや咽頭がんなどの原因になると考えられています。

また、タールは粘性があり呼吸器にへばり付いてしまうため、咳や痰などの原因にもなってしまいます。

タバコを吸い続けることによって呼吸器疾患を発症すれば、日常生活が送れなくなり、車イスでの生活が必要になることもあります。

タールはタバコの中で最も人体に悪影響がある物質ともいわれています。

タバコを吸っている人は、昔よりも息があがりやすくなったと感じたことはありませんか?

そのままにタバコを続けておくと日常生活に問題が出てくることもあるかもしれません。

電子タバコの方が体に良いと言われるのは、タバコで問題とされているタールが少ないためなのです。

少しでも人体に影響が少なくしたいという人は、電子タバコを選ぶと良いかもしれませんね。

〇やっぱり電子タバコは健康に悪い!?

電子タバコは普通のタバコと比べると、タールが少ないため健康に与える影響は少ないといわれることも多いです。

そのため、健康面を気にして電子タバコに変えた人も多いと思いますが、電子タバコは普通のタバコ少ないかもしれませんが、電子タバコも健康に悪影響はあります。

電子タバコにも、普通のタバコにも含まれるニコチンは、神経系の毒になります、発がん性はないと言われていますが、健康に良い物質ではありません。

ニコチンは、血液をドロドロにしたり、動脈硬化をすすめるといわれています。

また、電子タバコを吸われるようになって、日は浅く電子タバコの健康への影響はあまり研究されていないのが現状です。

普通のタバコに比べてタールが少なくなったからと言って、健康に影響がなくなったというわけではありません。

タール以外の成分が体に影響を与える可能性も否定できません。

タールが少なくなっていることを考えると、普通のタバコよりもおすすめですが、電子タバコも人体に悪影響がある可能性が高いので、電子タバコも普通のタバコも吸わないのが最も良いでしょう。

タバコは人体に悪影響がある理解して、吸うようにしましょう!

〇電子タバコは周りに影響はあるの?

電子タバコは普通のタバコとは違い、タバコの葉を燃やすことによって発生する煙が出てきません。

口から測れる煙には有害物質が含まれているかもしれませんが、普通のタバコの副流煙に比べて周りの人への人体の影響は少ないと考えられます。

とは言っても、ニコチンなどの有害物質を発生させてはいるので、周りに人の全く影響がないと言い切ることはできません。

また、電子タバコの種類によっては、多少の臭いが出ることもあり、近くで吸ってほしくないという人はいます。

電子タバコであっても周りの人に迷惑をかけることがありますので、人の近くでは吸わないようにするか、吸ってよいか確認してから吸うようにしましょう。

電子タバコは、タールが少なくなったというメリットがあります、ただ、人体に悪影響を与える可能性もあることをしっかり覚えておいてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク