寝違いは一体どうして発生してしまうの?もしかすると寝具が原因になっているかも!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「朝起きたら首が痛いし、首が曲らない」と言った経験が皆さんにもあるのではないでしょうか?

私も、朝起きたら首が曲らず、寝違えていた経験が何度かあります。

誰にでも起きることがある寝違いですが、寝違いが起きる原因がわからないという人も多いです。

私たちが寝違いを起こして原因には一体どんなものでしょうか?

〇寝違いとは一体なに?

寝違いは睡眠時の姿勢が悪いことによって、首の筋肉の負担がかかってしまい、痛みが出てしまうことを言います。

睡眠中の私たちは、寝がえりをうって無理な姿勢ならないように調節していますが、何らかの原因によって寝違いを起こしてしまうことがあります。

寝違いを起こしてしまう原因となりやすいのが、飲酒で酔っ払っている状態ではうまく寝がえりが打てなくなるので、首を寝違いてしまうことがあります。

また、強いストレスや疲労などによって熟睡している時も、寝がえりをうまく行えずに寝違いを発症してしまうことがあります。

寝違いには筋肉量も関係があるとされ、女性は首周りの筋肉量が少ないので、頭を支える力が弱く、首に負担がかかって寝違えることを多くなります。

寝違いを起こさないために睡眠姿勢が大切ですが、疲労を感じている時や、お酒を飲んでいる時には睡眠姿勢を整えているつもりでも、寝違いが起きてしまうことがあります。

もし、寝違いが起きてしまった時には、痛い部分を冷やしてください、寝違いは首に炎症を起きているので、冷やすことによって痛みを軽減することができます。

また、こまめに肩回りのストレッチを行っておくことで、肩に疲労物質が溜まりにくくなり、寝違いの予防になります。

〇枕が寝違いの原因になることも!

何度も寝違いを起こしてしまうという人は、枕があっていない可能性があります。

枕は睡眠姿勢を整えるためにありますが、合っていない枕を使用すると睡眠姿勢を整えるどころか、睡眠の姿勢を妨げる原因になる可能性があります。

特に目が覚めた時に、頭の下に枕が無い場合は枕が合っていない証拠となりますので、すぐに変えることをおすすめします。

枕の高さは睡眠時に呼吸がしやすい位置が良いとされており、寝心地を確かめてから購入するのが良いとされています。

また、柔らかい枕は触り心地が良いのですが、頭を支える力が弱いため、頭の位置が不安定になりがちです。

枕を触った時の気持ちの良さは、睡眠中の快適さとは違いますので、触り心地で選ばないようにしましょう。

寝違いを良く起こすという人は、頭をしっかり支えてくれる、安定感のある枕をおすすめします。

合っている枕は人によって違いがありますので、他の人が良い枕でも自分に合っている枕ではないことも多いです。

どうしても、枕が合わない場合はオーダーメイドの枕を購入するのも良いでしょう。

さらに、枕ではなく布団やマットが体に合わずに、寝がえりの数が少なくなることで、寝違いを起こしていることもあるようです。

もしかすると、あんたに寝具が合っていない可能性があります、他の腰が痛くなったりすることはありませんか?

〇あまり続くようであれば病院へ

寝違いは合わない寝具や飲酒などが原因のことが多いのですが、稀に病気が原因で寝違いのような症状が出ていることがあるようです。

寝違いのほとんどは、毎日発生する症状ではなく、症状も数日で治ってしまうことが多いです。

もし、寝違いが毎日のように発生する、1週間以上寝違いの症状が治らないという場合は、体に問題がある可能性があります。

可能性としては首の関節に原因がある可能性が高いので、整形外科に受診することをおすすめします。

頻発する寝違いに悩まされている人はいませんが、寝具が原因で何度も発生している可能性も否定できませんが、病気の原因かもしれませんよ。

寝違いを起きる原因は人によってさまざまです、寝違いを発生させてしまう原因に思いあたりはないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク