運動前のウォームアップと運動後のクールダウンが大切です!どうしてウォームアップが必要なの?  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは運動をする時にウォームアップをせずに始めることはありませんか?

運動をする時には、急に運動を始めるよりも、ウォームアップをして体を温めてから運動を始めるのが良いとされています。

ウォームアップを怠ると運動のパフォーマンスが低下して、怪我につながることもあります。

また、運動が終わった後にはクールダウンを行うことも大切です。

なぜ、運動前にウォームアップを行うことが重要なのでしょうか?

〇運動のパフォーマンスを向上させる!

運動をする前にウォームアップが必要とされるのは、運動のパフォーマンスを向上させるためです。

ウォーミングアップをする前の体は運動をする準備が出来ていない状態であり、筋肉が冷たく、硬くなっているため、筋肉の力を十分に発揮することができていません。

また、筋肉が冷えている状態では、神経の伝達能力も遅なっており、筋肉の瞬発性も下がり、少し反応が遅れてしまうのです。

ウォームアップを行い筋肉を温めれば、筋肉の柔軟性と可動域が増し運動に適した状態になり、神経の伝達もスムーズになるため、パフォーマンスが向上させることができます。

ウォーミングアップをせずに体が硬い状態で始めては、運動効率も悪くなり、失敗も多くなってしまいます。

せっかく運動をするのなら、しっかり体を動かせる状態から始めた方が良いと思いませんか?

〇怪我の防止につながります

運動のパフォーマンスにも通じる部分がありますが、運動前にウォームアップをしていないと、怪我をしやすくなります。

運動前の筋肉は冷えて硬くなっている状態であり、硬くなっている筋肉を急に動かしてしまうと筋肉に強い負荷がかかってしまい、捻挫をしたり、肉離れを起こしてしまったりする危険性があります。

ウォームアップを行うと、筋肉が温められると柔軟性が増すので、捻挫や肉離れを予防することができます。

また、ウォームアップには神経伝達をスムーズにする役割がありますが、神経の伝達が遅れると反応が遅れて思わぬ怪我につながってしまうこともあります。

もし、怪我を起こしてしまったとしても、ウォームアップを行っていれば、軽傷の可能性が高くなります。

運動をすると怪我をしてしまう危険性がありますので、怪我を予防するためにも、運動前にはしっかりウォームアップをするようにしてください。

〇運動後の疲労を軽減してくれるクールダウン

ウォームアップに比べて疎かにされてしまうことも多い、クールダウンですが、運動後にはクールダウンを行うことも重要です。

運動を後の筋肉には、疲労が溜まっていますが、このままやめてしまうと疲労が残りやすく、筋肉痛もひどくなり、故障の原因にもなります。

また、運動後の心臓は心拍数が速く運動ができる状態になっています、この状態で急に運動を止めると心臓に負担がかかってしまいます。

運動後はクールダウンを行って、疲労を軽減するとともに、心拍数を徐々に下げることが重要となるのです。

心拍数を徐々に下げるためには、徐々に運動強度を下げていくことが重要となります、軽いウォーキングをしながら、心拍数を落ち着けるのが良いでしょう。

また、ストレッチを行うことも重要であり、ストレッチを行わないと筋肉に疲労が溜まりやすくなり、次に運動をする時に故障の原因になってしまうこともあります。

さらに、運動後は良くつかった筋肉をアイスバッグやタオルを撒いた保冷剤を使用して、20分ほど冷やしてあげることで、筋肉の熱を冷まし筋肉痛を軽減する効果があります。

運動前のウォームアップも大切ですが、それと同じぐらい運動後のクールダウンも重要となっています。

運動を始めようとしている、すでに運動をしている人も、ウォームアップとクールダウンをしっかり行うようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク