なぜコンタクトレンズの1dayと2weekは使用できる期間が違うの?知っておきたいコンタクトレンズの違い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは1dayと2weekのコンタクトレンズを見比べたことがあるでしょうか?

見比べたことがある人ならわかると思いますが、見た目ではそれほど差はなく、見た目だけで違いが判別するのは難しいです。

そのため、1dayのコンタクトレンズを何日も使用して、安く済ませてしまおうと考える人も多いです。

見た目は似ているかもしれませんが1dayタイプのコンタクトレンズを何日も使用し続けるのは危険な行為です。

1dayと2weekには一体どんな違いがあるのでしょうか?

〇なぜ2weekは連続使用することができるの?

1dayと2weekは見た目が同じに見えるかもしれませんが、1dayなら1日に、2weekなら2週間使用することできます。

なぜ、2week は連続使用することができて、1dayは連続使用できないのか気になる人も多いと思います。

これは、2weekのコンタクトレンズは、つけ外しを行い、洗浄しても大丈夫な耐久力をあるように作られているためです。

1dayのコンタクトレンズは耐久力が低く、洗浄液を使用して洗うとコンタクトレンズにすぐに傷がついてしまいます。

見た目は同じに見えるかもしれませんが、2つのコンタクトレンズには耐久力の違いがあり1dayは洗浄できる構造になっていないのです。

1dayは洗浄にすると、目に見えないかもしれせんが傷が出来ていることも多く、眼病の原因になりますので、必ず捨てるようにしましょう。

また、2weekは洗浄できる耐久力はありますが、連続使用することで耐久力が下がり、コンタクトレンズに細菌なども繁殖しやすくなってくるため、2weekも期限は守るようにしましょう。

特に1dayは、元から洗浄できるようになっていないので、1日過ぎるだけでも目に良くありません。

〇1dayを何日も使うとどうなるの?

1dayのコンタクトレンズは洗浄するのに適しているコンタクトレンズではありませんので、外して洗浄するとコンタクトレンズに傷がはいってしまうことも多いです。

コンタクトレンズに傷ができてしまうと、傷に細菌が入り込み増殖する可能性があります。

そんな、細菌が増殖したコンタクトレンズを目に装着すれば、目が細菌に感染してしまい、結膜炎や角膜炎といった眼病を発症してしまうことになります。

1dayの良さの一つは使い捨てをすることによる清潔さですが、使い過ぎた場合は細菌が繁殖しやすく眼病になりやすいコンタクトレンズになっています。

実際に、1dayのコンタクトレンズの連続使用によって眼病を発症する人は多いです。

1dayのコンタクトレンズを使い過ぎると、角膜炎などの病気を発症して、失明してしまう危険性もあります。

眼病にならないようにするためにも、コンタクトレンズの期限はきちんと守ることが大切になるのです。

眼病になってしまうと、治るまでコンタクトレンズを使用することができず、後遺症で視力が低下してしまう場合や、コンタクトレンズをしようできなくなることもありますので、コンタクトレンズを使用する際には、注意事項をしっかり確認しておいてください。

〇1dayと2weekの良さってどんな所?

1dayと2weekのコンタクトレンズの良さが気になる人もいるでしょう。

1dayの良さは常に新しいコンタクトレンズを使用することができ、1日で捨てることを守れば、他のコンタクトレンズに比べて眼病になりにくい所にあります。

また、1日の使い捨てなので外したい時にいつでも捨てることができ、コンタクトレンズを落としてしまっても、影響があまりありません。

コンタクトレンズを常に清潔に保っていたい人や、コンタクトレンズをきちんと管理できるか不安がある人は、1dayのコンタクトレンズを選ぶと良いでしょう。

2weekのコンタクトレンズは、連続で使用することができるため、1dayに比べてコストを抑えることができます。

また、乱視用や遠近両用などは2weekのコンタクトレンズしかないメーカーもあります。

2weekのコンタクトレンズのコンタクトレンズは、コストをできる限り抑えたい人や、乱視用や遠近両用のコンタクトレンズを購入したい人におすすめです。

コンタクトレンズは正しく使用して、眼病にならないように注意してください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク