乱視って一体どんな状態なの?近視の人は乱視を発症しやすい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の屈折異常と言えば、近視、遠視、乱視の3つで最もよく耳にするのが近視だと思います。

逆に、あまり知られていないのが乱視ではないでしょうか、名前は聞いたことがあるけどどういった状態かわからないという人もいるでしょう。

また、乱視になったけど、乱視がどんな状態なのかわからないという人もいるかもしれません。

屈折異常である乱視とは一体どのような状態の目のことをいうのでしょうか?

〇乱視って一体どんな状態なの?

乱視は、水晶体や角膜が歪むことによって、光の屈折がずれてしまい光が一点に集中しなくなり、焦点が合わなくなる状態の事です。

人の目の形は完璧な球体ではありませんので、多少は誰でも焦点のずれがありますが、ずれが少ない場合は、大きくぶれることもないので、矯正する必要性はありません。

乱視になって焦点のずれが大きくなると、ぼやけたり、二重に見えたり、目が疲れやすくなるなどの症状が出てきます。

見ている物が近いほど、焦点が合わせやすく、遠くほど焦点が合わせにくくなるため、近視に間違われることも多いです。

また、乱視には正乱視と不正乱視の2種類がありますが、多くの場合はメガネやコンタクトで矯正が行いやすい正乱視になります。

不正乱視は、不規則な屈折が起きているために、メガネでの矯正が難しい乱視となります、

〇近視の人は乱視になりやすい!

近視になると眼球の形が変化して縦に伸びることが多いのですが、眼球の形が変化することによって、光の屈折が変化して乱視を発症することがあります。

近視になることによって乱視を発症してしまうという人は珍しくありません、実は私も近視が原因で乱視になっています。

また、近視が強くなるほど、焦点のずれが大きくなり乱視の症状も大きくなってきます。

ただ、近視でピントが元々あっていないため、乱視によってピントがずれていることに気づきにくく、メガネをつくる祭や、検診をうけてはじめて乱視に気づくこともあります。

近視によって発生する乱視は、正乱視ですのでメガネによる矯正が可能であるため、近視性乱視用のメガネを作れば焦点のずれもあまり気にならなくなります。

現在、近視に悩まされている人は、近視が酷くなることで、乱視になる可能性があることを覚えておくと良いでしょう。

さらに、ピントが合わない、物が二重に見えるなどの症状がある人は、乱視の可能性がありますので、早めに眼科で検診を受けることをおすすめします。

近視が原因で乱視を発症することはありますが、乱視が原因で近視を発症するということは基本的には無いようです。

〇乱視になると疲れやすいのでメガネを作りましょう!

乱視は光の屈折がずれることによって、焦点が合わずに視界がぼやけて見えてしまいます。

そのため、できるだけ焦点を合わせるために、目が頑張ってしまい乱視になると、目の疲労を感じやすくなります。

正乱視の場合はメガネによって強制することが可能なので、目の疲労を軽減するためにも自分に合ったメガネを購入してはどうでしょうか?

ただ、乱視が強くない場合は、メガネで乱視を調節してもあまり変わらないことも多く、慣れていないと違和感を感じることもあるかもしれません。

自分の乱視がどのぐらいなのかを把握してから、乱視用のメガネを作りましょう、乱視になっても、必要なのさそうであれば、乱視の調節をしなくても良いでしょう。

乱視に気づいている人は少ないですが、乱視になっている人は多くいます、気になる症状がある場合は、早めに眼科を受診しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク