親知らずっていつになったら生えてくるの?人によっては親知らずが生えてこないこともある!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは自分の歯の本数を答えることができるでしょうか?自分の歯の本数が答えられない人もいるかもしれませんね。

大人のきちんと生えそろえば永久歯の本数28本であり、子どもで乳歯が生えそろっている場合の本数は20本となります。

また、人によっては永久歯の一番奥に親知らずが生えてくるため、32本生えている人もいるでしょう。

この親知らずですが、すべての人に必ず生えてくるというわけではありません。

〇親知らずは誰でも生えるわけではない!

28本の永久歯が生えそろった後に、一番奥に生えてくる親知らずですが、だれもが生えてくるというわけではありません。

4本すべてキレイに生えそろう人もいれば、全く親知らずが生えてこない、1本だけ親知らずが生えてくるという人もおり、生えてくる本数には個人差があります。

私の場合は、今のところ親知らずが一本も生えてきていませんが、これから生えてくる可能性もあります、生えてほしくないけどね~(笑)

人によっては、歯茎の中には親知らずが埋まっているけど、一生歯茎から出てこないという場合もあるようです。

親知らずが生えてくる年齢は10代後半~20代に生えてくることが多く、生えてくる年齢は人によって違いがあります。

30代になっても親知らずが生えてこない場合は、親知らずが生えてこない可能性が高くなりますが、30代や40代からでも親知らずが生えてくる人はいます。

この親知らずですが、正常に生えてくることが少ないため歯の問題になることも多くなっています。

なぜ、親知らずは正常に生えてきてくれないのでしょうか?

〇親知らずは正しく生えてくることが少ない

現代の人の顎は小さくなっており、歯茎に親知らずが生えてこれるスペースが無い場合が多くなっています。

それでも、親知らずが生えてくると、他の歯を押し上げてたり、他の歯の位置をずらして歯並びを悪くしたりすることになるのです。

親知らずが正常に生えてこれるスペースがある顎の方が少ないと言われています。

そのため、親知らずが生えてくると、治療が必要となるため、嫌われることが多くなっているのです。

親知らずの多くは正常に生えてこないため、親知らずを発見した場合には早めに歯科に受診して相談することをおすすめします。

親知らずの治療が遅れると、他の歯がグラグラしてしまったり、強い痛みが出ることもあります。

また、奥歯や奥の歯茎に痛みを感じたと思ったら、埋まっていた親知らずが他の歯に悪影響を与えているという場合もあります。

歯科は半年に一度は定期的に受診した方が良いと言われていますので、すぐに親知らずを発見するためにも、歯科に定期受診をおすすめします。

また、親知らずは正常に生えてきたとしても、最も奥に生えてくるため歯ブラシが届かずに、虫歯になることも多いです。

正常に生えても、虫歯になると怖いので前持って抜いておくのも良いでしょう、さらに、残しておく場合も、しっかり歯磨きをして、歯科に受診して虫歯にならないように注意してください。

〇正常な親知らずなら移植できる場合も

親ら知らずは、なくても困らないといわれるばかりか、生えてくると他の歯に影響を与えることもあることが知られています。

しかし、親知らずが正常に生えてきて残しておけば、他の奥歯を失った時の代わりの歯として使用することができるのです。

奥歯は虫歯などで抜歯することも多いので、もしかすると、親知らずを移植する機会があるかもしれません。

ただし、抜いた歯のスペースと親知らずの大きさが合わない場合は移植することができず、親知らずの方が先にダメになることが多いです。

親知らずをキレイに保つことが出来そうにない場合は、早めに抜いておいた方が、歯の健康を保ちやすいですよ。

親知らずは、いつ生えてくるかわかりません、見つけたら早めに治療しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク