高齢者だけじゃない?!若い人でも骨がスカスカになっる場合がある!?若い人の骨が脆くなる原因とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨が老化してスカスカになってしまう骨粗鬆症は、高齢者に多い病気として知られています。

しかし、骨がスカスカになってしまうのは、高齢者だけでなく、若い人でも骨がスカスカになって折れやすくなってしまう事があるのです。

若い人の骨が脆くなってしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?

〇特に女性は骨がスカスカになりやすい!

男性と女性の平均骨密度を比べた場合には、女性の骨密度が低く事が知られています。

そのため、女性は骨密度が低下すると、骨がスカスカになりやすく、骨折を起こしやすくなってしまいます。

男性も骨密度が低下すると骨折を起こしやすくなりますが、元の骨密度が高いため女性に比べて、骨がスカスカになりにくいのです。

このように、若い人の中でも女性は骨がスカスカにならないように注意しないといけません。

また、女性は加齢による骨粗鬆症を発症しやすい事が知られており、女性ホルモンの低下によって、骨密度が低下してしまいます。

若いうちから、骨密度が低いと加齢による骨密度が低下すれば、すぐに骨粗鬆症になってしまいます。

骨粗鬆症にならないためには、若い時から骨密度が低下しないように維持しておく必要性があるのです。

〇食生活が原因で骨がスカスカになります

若い人の骨がスカスカになってしまう原因は、単なる老化ではなく、食生活に原因があるためです。

健康的な骨を作るためには栄養が必要であり、ダイエットに栄養不足やカルシウムの摂取不足が起きると、骨の骨密度が低下する原因となります。

骨の栄養素と言えば、カルシウムを思い浮かべる人も多いのですが、骨はカルシウムだけで出来るわけではなく、健康的な骨にはビタミンDやビタミンK、タンパク質なども必要となります。

無理なダイエットや、偏った食生活は骨に必要な栄養素が不足し、骨密度が低下する原因となります。

魚や野菜、乳製品を摂取して、健康的な骨を作りましょう、バランスの摂れた食事と運動をすれば、無理な食事制限をしなくても痩せることはできるはずです。

また、健康的な骨を作るために必要なビタミンDは、日光を浴びることで作られますので、日光を浴びるようにしましょう。

日光で作られるビタミンDは、肌のどこでも作られますので、手や足の肌を出せば、全身で日光を浴びる必要性はありません。

日光を浴びる目安は、夏場は10分、冬場は30分ほど浴びると良いといわれています。

骨を作るために必要な栄養素をしっかり補給して、骨粗鬆症を予防しましょう!

〇骨を作るためには刺激が必要です

骨折しにくい骨をつくるためには、運動をして骨への刺激があたえる必要性があります。

運動不足すると、骨を作る能力が落ちて、骨密度が低下して骨がスカスカになってしまいます。

最近、運動をしていないという人は、骨を作る能力が落ちてスカスカになっているかもしれませんよ。

ただ、運動せずに強い骨を作る能力がおいても、運動をして骨に刺激を与えることで、骨を作る能力が活性化して、また、強い骨を作ってくれるようになります。

ジョギングやランニングなどの外に出でる運動で、骨に刺激を与えるのが良いですが、難しい場合は、自宅でスクワットや、階段を昇り降りするだけでも、骨の刺激になります。

運動は加齢によって発生する骨密度の低下を予防する効果もありますので、骨を刺激して骨密度が低下しないようにしましょう。

また、女性では少ないですが、喫煙は骨密度を下げる原因となりますので、喫煙をやめましょう。

〇睡眠不足は骨密度の低下につながります。

人は寝ている時に成長ホルモンが分泌されており、強い骨を作るためには睡眠が大切です。

睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌量が低くなるため、強い骨を作る作用が低下して、骨粗鬆症を起こしやすくなると考えられます。

また、睡眠不足や骨粗鬆症の原因となるだけでなく、心臓病、脳血管障害、肥満、糖尿病の原因にもなります。

健康状態を保つためには、睡眠は非常に大切な物です、睡眠不足の人は睡眠時間が確保するようにしましょう。

骨がスカスカになるのは、高齢者になってからだと思っているかもしれませんが、すでに骨密度は低下しているかもしれませんよ。

自分の生活習慣を見直して、強い骨を作るようにしませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク